メルマガ登録がなかなかされない! そんなお悩みに最適な、最新のリスト取り手法10選!

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

こんにちは、senaです。



僕のメルマガ・ブログを読んでくれている人で

DRMを実践している人も居るかと思いますが、


「メルマガ読者が集まりません!」

「どうやったらリストが沢山取れるんですか?」


という質問を沢山もらいます。


本当にこの質問は非常に多く、

やっぱりみんな「リスト取り」に困っているんだなと思じています。


ws000510



稼げる仕組みを作れたとしても、

誰もメルマガに登録してくれなかったら当然稼げません。


自動でリストを集める仕組みを作らないと、

当然自動で稼ぐことはできないですよね。



だから僕は、自動でリストを集められる仕組みというものに

強い興味を持ちました。

そして、実際にリストを集める手法を研究しています。



手法が分かる様になってくると、

大体毎日リストが入ってくる様になります。



動的な集客によるリスト取りではなく、

単純に、自動で集めたリストが入る様になります。



あらかじめ用意しておいた仕組みに自動でアクセスが集まり、

自動で私の媒体に興味を持ってくれて、メルマガに登録してくれるという、

そんな流れの仕組みを作れます。



僕は自動で収益を発生させることにしか興味がありません!

自分がせっせと動いて稼いだお金なんてのは、バケツで水をすくう様なもので、

非効率ですからね。


自動で入ってくるお金こそ人生を充実させてくれるし、

自由な時間が出来るので、自分の好きな様に過ごせる時間が多くなります。


ですから自動化は、本当に価値があるものだと思っています。



今回の記事にまとめる方法は、

「自動化」に特化したものとなっています!



手っ取り早くリストを集めたい!

一過性のリスト取りにしか興味ない!


という人はあまり有益な情報は提供できないと思うので、
回れ右してください。 笑


それでは実際にノウハウに入っていきましょう。


集客先に困らなくなる集客の本質




本題に入るまえに、前提となる「集客の本質」を述べていきます。


本質といってもマーケティング的な視点ですが、

集客をするときに必要な考え方は大まかにわけて以下の3つ。


・人がいる場所から引っ張ってくる

・自分で市場を作る

・他人のアクセスを奪う




人がいる場所から引っ張ってくるっていうのは、

すでにアクセスが集まっている場所から自分のところに人を引っ張ってくることです。


人が集まる場所から引っ張ってくる




すでにアクセスが集まっている場所ってどういう場所でしょうかね?

考えてみてください。


周りを見渡せばいくらでもあって、Yahoo!のトップページや2ch掲示板、

もっと狭い視点で見れば人気ブログランキングなどなど。


そういった人の集まるところに自分の媒体を投入し、

目立たせて自分の媒体に引っ張ってくる方法などがそうですね。



この視点を持っているだけで、集客にはほとんど困らなくなります。



自分で市場を作る




自分で市場を作るというのは、例えばブログを作ったり、

自分でチラシを配ったり、アプリを作ったり・・・。

自分の力で市場を作るという考え方ですね。


市場っていうのは、とりあえず”人の集まる場所”だと思ってください。


何もないところに市場を作ることができれば、

いくらでも集客先を見つけることができます。


他人のアクセスを奪う




また、他人のアクセスを奪うというのは、

奪うと言うと聞こえが悪いですが、要は人の市場を借りるってことです。


コメント周りやYoutubeの当てリンク(あとで詳しく解説します)、

メルマガ号外広告なども広い意味では当てはまります。


お金がかかる方法もありますし、大変かもしれませんが、

これができると一気に集客は加速していきますよ。



この3つは集客の本質ですので、必ず覚えておいてください。

詳しく話すとキリがないので、ここまでにして実際の集客法を述べます。



自動集客して自動でリストが取れる装置の作り方!




実際に自動集客&自動リスト取りの具体的な方法を述べていきます。


簡潔に書いていくので、足りない部分は後々私のメルマガなどで補完していくかもしれません。



自動でザクザクリストが集まるブログでの集客




まずは王道の、ブログでの集客による自動リスト取り手法ですね。


私のブログは350記事ほど投稿されていて、

それぞれキーワード選定をしてGoogleの上位表示を狙っています。


上位表示をするとどうなるかと言えば、

検索エンジンから自動で読者という名のお客が入ってきます。


これは昔から王道の集客法となっています。


Googleの検索エンジンの判断基準は変わっても、

未だに無料でアクセスを自動で集められることに変わりはありません!

この検索エンジンという市場は貪欲に使っていきましょう^^



具体的なやり方ですが、まずは、

アクセスが集まるキーワードを探してください。



キーワードプランナーやGoodKeywordを使って

検索ボリューム1000以上で競合性の低いキーワードを選びます。



このキーワードって、何でもいいんですよ。

ビジネスとなんら関係のないキーワードの話題でも良いんです。



最終的に、そこから「ズラす」ということをやれば、

自分に興味を持ってもらうことは簡単♪


WS000075


例えば、ファッション系のキーワードでファッションに関する話題だったとしたら、

ファッションてお金かかりますよね

→僕はネットビジネスでお金稼いでます

→その方法はメルマガどうぞ!


という形で自然とメルマガに登録してもらうことができます。

(上記の例は少し強引ですが笑)



このように連想して繋げていけば、

いくらでも集客(キーワード)のアイデアは沸いてきます。

日常生活のすべての単語には市場があるので、

その中からできるだけ条件の良いものを選んで上位表示を狙うだけなんですよね。



ブログ記事はいくらでも投稿でき、さらに残り続けます。

これは資産になるということです。

載せれば載せるほど自動でリストが集まっくる状況が作れるという訳です。



無料ブログ集客法




無料ブログで集客する方法です。

主な媒体は「アメーバブログ」「FC2ブログ」「livedoorブログ」などですかね。


使えるものはできれば全部使ってもらいたいですが、

無料ブログは初心者に優しいです。


・ある程度のサイトパワーが宿っている

・SNSとしての機能を持っている


という特徴があります。


WordPressの独自ブログに100記事投稿してやっと集客できるのが、

無料ブログだとサイトパワーが備わっているから30記事程度で上がっていくので、

最初のうちは無料ブログに記事を投稿していくのがおすすめです。


また、SNSとしての機能を持っているので、ブロガー同士の交流からもアクセスを集められます。

アメーバブログは「ペタ」「いいね」「読者登録」という、足あとのような機能があって、

それぞれ「500」「300」「50」と、こちらからアプローチすることができます。


ひとつひとつ使うのは大変なので、アメーバキングというツールを使うか、

人を雇ってやってもらうのが自動化への道だったりします。


ブロガー達と積極的に交流しながら、自然な流れで

トップページにメルマガ登録ページを用意しておけばすんなり登録されますよ。


無料レポート集客




無料レポートとは、メルぞうなどの、
無料レポート配信スタンドで配布されているレポートです。


役に立つノウハウや情報をPDFや音声、動画などにまとめて、

それを無料レポートスタンドというところに登録することに成功すれば、

そのレポートに興味を持った読者のメールアドレスが手に入ります。



そのレポートで価値を感じてもらえれば、

あなたのメルマガを読んでくれる可能性も劇的に高まります。



最近は主な無料レポートスタンドの審査が厳しくなっていますが、

少し頑張ってその審査が通れば、一気にメルマガリストを集めることができます。



数多くのライバルに勝って、新着リス」や殿堂入りに選ばれでもすれば、

もうそれだけでずっとリストを集め続けることができます。
(これには相当な努力が必要ですが)


そうじゃなくても、役に立つノウハウを開発してポンと載せるだけでリストが集まるようになります。

挑戦してみる価値は十分にある市場ですよ。



Youtubeリスト取り





Youtube集客は、自動化に特化した上で非常に費用対効果の高い媒体です。


チャンネルを作成して自分の思ったこと、考えたことを音声で撮って配信する。

これを繰り返すことで、どんどんチャンネルが成長していき自動でリストが集まるようになります。


チャンネルの中でしっかりと導線(メルマガ登録されるまでの道筋)を引けば、

動画を100回再生されたうちの1人が登録してくれるような媒体にすることも可能です。


100回で1人ですから、もしミリオンヒットしたら大変な集客先になるし、

動画というのは何個でも投稿できるので積み重ねが効きます。

ストック型というのがすごいんですよね。


単純に動画を100個投稿してそれぞれが1日10回ずつ再生されれば、

それだけで1日10リストは集まったりします^^;



Youtubeは視聴者に対しての動画投稿者の割合が非常に少なく、

まだまだ開拓できる余地は大いに残っています。



大きな視点で見れば、今後テレビは衰退していきネット動画の時代に突入するし、

暇な人間も増えていくので、今後Youtube動画の需要は増え続けていくと思います。


動画というのは非常に自由度が高く、例えば友達とふざけている動画を投稿したとしても、

僕はこのように毎日遊んでいます。秘密はこちら→URL という風に導線を引けば、

興味を持った一部の人が登録してくれるようになります。


自分の好きなことをしながら仕事になるという最高の状態になりますので、

ブログと合わせて人生を通して開発していきたい媒体ですよ。


バズマーケティング




いまの時代、口コミを制する人は集客を制する なんて言われています。

ご飯を食べていても、みんなご飯の写真を撮影してガンガンSNSに投稿しています。

少し視点を変えてみれば、日本全国みんなが「マイメディア」を持っているということです。

その力を利用しない手はなく、うまく口コミを誘発することができれば

自動で尚且つ有力な集客先に成り得ます。


口コミを誘発するマーケティング手法をバズマーケティングといいますが、

やり方としては一例を挙げるとするならば、

あなたの仕組みの中に「口コミが起こる仕組み」を入れれば良いんですよね。


例えばよく記事にあるソーシャルボタンなんかがそうですね。

ブログやメルマガの中で「ブログをシェアしてくれたらプレゼントあげます!」

と言えば、それだけでみんな気軽にシェアしてくれます。


もちろん、口コミを起こすためには「価値のあるコンテンツ」にする必要があります。

面白くなくて価値のないコンテンツは誰もシェアしてくれませんからね。



この集客法をするためには、

誰かにシェアしたくなるような価値のあるコンテンツを作るのは前提条件です。


パラサイトマーケティング




これはゲスい手法なので使うかどうかは任せますが、

パラサイトとは「寄生」という意味で、他人からアクセスを奪うという方法。


例えば、コメント周り。


影響力のあるブロガーや有名なアフィリエイターなどのサイトに

興味性のあるコメントを残し、コメント欄から集客したり

有名なユーチューバーのコメント欄に自分の動画を貼ったりして

自分の媒体に引っ張ってくる手法です。


コメントはしっかりと残せばずっと載せ続けてくれるので、

人の目に留まり、アクセスを奪い続けることができます。


ただし、スパム的なコメントをしてしまうとブロックされてしまうので、

しっかりとその人の発信を読んだ上で生産性のあるコメントを残すようにしましょう。


この「寄生する」という考え方は結構重要で、

その視点で周りの媒体を見てみればいくらでも寄生できる場所は見つかります。笑


他人からアクセスを奪うのは何も悪いことではないので、

ぜひ挑戦してみてください。


広告を使ったリスト取り集客




いまの時代、非常に多くの広告先が存在していて、

そこにお金をかければコスパよくリストを集めることができます。


ビジネスをお金をかけるのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、

広告を使えば一気にリストを集めることができます。


ある程度仕組みから自動で報酬が発生する仕組みを用意しておけば、

かけた広告費に対して入ってくるお金が上回ってくるので、

お金をかければかけるほど収益が発生する「ドル箱」のような状態になります。


この状態までいけばあとは広告を打つだけでお金を稼げるので、

本当の意味で自由を手に入れることができるようになるでしょう。


コスパの良い集客先はFacebook広告やTwitter広告です。


号外広告




また、リスト取り限定の集客ですが、メルマガ号外広告という手法があって、

1発10万~とか掛かってしまいますが、

勇気を持って打つとドカッとリストが集まることがあります。


ただ、これは号外を打つ媒体と文章力がないと効率よくリストが集まらないので、

うまく付き合わないと赤字になってしまいます。


初心者がやると失敗する可能性があります。


他人の市場から人を奪うという意味では

最高に適した集客法ですので、お金に余裕がある人は挑戦してみても面白いかもしれません。


ちょっとしたノウハウですが、例えば号外広告を打ったあとに

「○○ 号外広告 効果」といった記事を書けば、そこから集客できます。


例えば、デヴィ夫人ってかなり濃いリスト持っているので号外広告を募集しているのですが、

デヴィ夫人の号外広告を打ってそれについてまとめた記事を書けば、

リスト集めに興味のある人が集まってくるようになります。


その記事を開く人ってメルマガリスト集めに躍起になってる人なので、

例えば「2017年版のリスト集客法をまとめました」といってプレゼントを用意し、

バズマーケティングの仕組みを用意しておけば有力な口コミを起こせますよね。


このように、少しズラして戦略を立てれば面白い集客アイデアはたくさん湧いてきます。


Twitter集客




Twitter集客はもう廃れたって思っている人多いですが、

まだまだ有力な集客法として活きていますよ。


先に言っておくと、時代の大きな流れというのは

本質を意識してやっていればまったく影響しないんですよ。


Googleのアルゴリズムの変化もしかり、Twitterの凍結騒ぎもしかりです。


Twitterも、しっかりブランディングして価値の高いつぶやきをしていれば

簡単にリストを取ることができます。


ブランディングができている前提でせっかくなのでテクニックを紹介しますが、

「フォローする人を選ぶ」と、効率よくリストを集めることができます。


Twitterといってもアカウントの先には人間がいます。

あなたが狙うべきは「ユニークユーザー」、つまり実際に活動しているアカウントです。

botとか使っていないアカウントをフォローしても意味ないですからね。


で、実際に活動しているアカウントってどういうところにいるかというと、

「お気に入り」や「リツイート」の中にいます。


やり方としては、影響力のあるアカウントを探し出して

「お気に入り」「リツイート」をしている人をフォローしていくやり方です。


こういった市場を見つけて徹底的に突いていけば、

ほかのライバルより圧倒的に速く結果を出すことができますよ。


Facebook集客




Facebookって、「いいね!」や「シェア」ボタンの威力が高いSNSです。


真面目な投稿が多いのである程度真面目な情報を発信する必要がありますが、

その上でうまくメルマガに誘導すればリストを集めることができます。


ただ、人間の性質として「シェアしたくないコンテンツ」というのがあって、

広告臭いものはみんなシェアしたくないんです。


だから「メルマガ登録してください!」と言ってしまうといいねの数は激減するし、

誰もシェアしてくれないという悲しいFacebookになってしまうので、

メルマガ登録フォームは「コメント欄」に載せるようにしましょう。


Facebookのタイムラインは流すだけだと少し目に止まるだけですが、

しっかり読もうと思ったら「さらに表示」というボタンを押さなければならなくて、

同時にコメント欄も出てくるので問題ないです。


普通の投稿自体は広告臭さをとことん消していき、

シェアされやすいFacebook運営を心がけましょう。


自動化に適しているかどうかと言われれば不安ですが、

自分の活動をFacebookに投稿するだけで勝手にリストが集まってくるので、

いまだに有力な集客先であることは間違いないでしょう。



その他&リアル集客




集客においては「どこからでも集客する」

という貪欲な姿勢が大切です。


どこからでもっていうのは、

例えばインターネットだけではなくリアルの話においても同じです。


極端な話、トイレにQRコードを貼ってみたり、

チラシを刷ってアルバイトにポスティングしてもらったり、

リアルの世界にはいくらでも市場が存在します。


僕は月100万突破したとき、

その噂が勝手に広まってリアル友達のメルマガ登録が殺到しました。


そこから商品を買ってくれた人もいたし、

ビジネス仲間として加わってくれた人もいます。


このように、リアルの繋がりも十分な集客先になるので、

例えばセミナーに行ったら名刺を持ち歩いて手当たり次第に配るなど、

貪欲にリストを集める姿勢は貫くようにしてください。


「どこからでも集客できる」という本質を理解すれば、

もう集客先に困ることはなくなります。


どこからでもリストを集めることができるし、いくらでも稼げる市場を見つけることができます。

集客の本質って、色々試してみないとわからないこともあるので、

ぜひこの記事に書いてあるものだけでも挑戦してみてください。


リストの入りやすい仕組みを作る




また、いくら集客をがんばったとしても、

あなたのブログやメルマガが登録されにくいものだったら意味がないです。



バズマーケティングの部分でもチラッと話しましたが、

口コミが起きやすい、リストが入りやすい媒体を作れば、

そこまで集客をがんばらなくても勝手にアクセスが集まってくるようになります。


リストがザクザク取れるショベルカーを所有しているようなものです。

みんな、穴の空いたザルで必死にリストを集めようとしているんですね。

ただ、その仕組みというのはきちんとビジネスモデルを組んで

正しい方法で構築していかなければならないものです。


もっと詳しい、テクニック的な集客法についても触れていて、

マーケティング的な視点でメルマガを配信しています。

もしよかったら覗いてみてください。


それでは!









sena.

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。