アフィリエイトの無料コンサルは私にお任せ! 決済方法など柔軟に対応します!

アフィリエイト 無料 コンサル

で検索されて訪問されたあなた!

初めまして、渡辺龍一です。

こんなお悩みはありませんか?

・これからの時代はFacebookやyoutubeで集客するのは分かるけど、やり方がわからない

・高額なコンサルや塾に入ったけど、サポートが不親切で結局稼げていない

・記事投稿を頑張って続けてみたが、リストが増えない

・詐欺や微妙なコンサルが多く、見極めができない

・そこまで高額ではなく、低価格で親身に教えてくれる環境を探している

改めまして、私 渡辺龍一はアフィリエイトの無料コンサルをしています。

アフィリエイト以外にも、
これだけの項目でアドバイスができますので、
これらの内容が得られるものになります。

・アフィリエイト


トレンドアフィリエイト 物販アフィリエイト オプトインアフィリエイト

・転売


せどり トレンドせどり 国内転売 物販

・情報発信


LINE@を用いて、LINE@を主軸に他のSNSをシームレスに繋ぐ情報発信

・SEOからの集客代行ビジネス


Yahoo!やGoogleの検索エンジンからの
SEO上位表示による完全完全成果報酬ノーリスクでの集客代行

・仮想通貨ICO案件の営業代行


価格上昇が見込めるトレンドの仮想通貨ICO案件の営業代行

ニューロマーケティング


脳科学を用いた質疑応答で顧客からの信頼度を高める方法

・コンサルティング


自身のノウハウを教えるコンサルティング

などが主な収入源です。

自分自身の経験を基に、20代から50代の方を中心に、
ビジネスのコンサルティングサービスを提供しています。

この中でも一番おススメしたいのは、
情報発信を学ばれることです。

Facebookでのリスト取り

今SNSで多くの起業家が
活用されているのがFacebookです。

日本で使用されている
SNSの中で2位のユーザー数です。
(※1位はLINE)

これをビジネスとして
使わない手はありません。

ところがFacebookの投稿を
上手に使って集客出来ている人はほとんど居ません。

大体の方は、投稿を読まれていないし、
投稿をしても効果が薄いです。

誤った使い方をしているがために、
ブロックされている方も居ます。

そういう人に私がお伝えしたいのは、
ブランディングです。

値段が高くてもポンポン売れていく
ブランド物のカバンを想像していただければ
分かりやすいですね。

人間も同じ様にブランド化させていかないと、
なかなか高額でものは売れません。

今まで自分の顧客が居たことがない人でも、
ネットで上手に演出することで、
実績がない状態から始めても、
結果が出ます。

見込み客だけで友達リストを固める

まず最初は見込み客の選定を行いますが、
この見込み客の選定がFacebookではかなり大事なのです。

ニーズが合致していない人に
いくらコンタクトを取っても
集客できないです。

ちゃんとターゲットを定めて、
マッチした見込み客の集め方や
投稿の仕方を指導します。

友達リストを見込み客だけで
固めるのに使えるツールなどもお教えします。

このツールで、
毎月安定した見込み客の集客や選定が出来る様になります。

Facebookの拡散のチカラ

Facebookは友達の上限が5000人ですから、
あまり多くの人にリーチできないんじゃない?

と思うかもしれませんが、
イイネやシェアをすることによって、
友達の友達にまで記事が拡散されます。

イイネをしてくれた人の友達全員に、
「〇〇さんがこの投稿にいいねしました」
 といった形で、拡散がされるのです。

この仕組みを上手に使えると、
まだ「友達になってない人」から
連絡が入ったりします。

つまり友達の友達が、
向こうから勝手に自分の投稿に興味を持って、
連絡をしてきてくれたりします。

この拡散力を理解しているかどうかで、
日本全国でのビジネス展開の
考え方が変わってきます。

そして、Facebook上でいいねを積極的にしてくれる
アクティブなユーザーだけを友達にしていく方法があります。

アクティブな人だけを友達として囲い込めば、
どんどん貴方の投稿にイイネをしてくれて、
あなたの記事が拡散しまくります!!!

こういった方法を、
私のコンサルでは伝授させていただきます。

お問い合わせはLINE@まで

私は、多くの方が幸せになって欲しいという想いで、
副業のアドバイスをさせて頂いております^^

LINEからご連絡いただいた方には、
すぐに始められる副業のビジネスをまとめたレポートを
無料でプレゼントします!

もし副収入を増やしたい方は、
是非、お気軽にLINE@を友達追加して頂けたらと思います♪

 

私のLINE@は、こちらです。

→ http://line.me/R/ti/p/%40ndh8751t

  ↑ ↑ ↑

クリックすると無料で登録できます!

収入源を増やしたい方は、
LINE@から
なんでも聞いてくださいね。

コンサル費が払えないという方は、
決済方法など柔軟に対応致します。

公私共々よろしくお願いいたします^^

アフィリエイトの市場と人間の脳と間違った講師の話し。

人間の脳というのは、

一度に習慣をガッと変えようと思うと、

変わりません。

ジムに行って身体を鍛えるとして、

私は何日からジムのマシンを全部やる

と決める人は大抵失敗しますね。

人間の脳が急激な変化に耐えられないのです。

習慣化して成功していく人は、

ちょっとずつちょっとずつ変えていきます。

大きく変わりたいと思ったときこそ、

敢えてちょっとずつちょっとずつ、

変えていくことを意識してみてください。

塾や講座でファーストキャッシュを得る前と後だと、

アンケートの答えが全然違ったりします。

ファーストキャッシュを得る前は、

メルマガが分かりにくい!

動画が分かりにくい!

という文句が多いことに対して、

 
 
ファーストキャッシュを得た後だと、

もっとここをこうしたら、

収益が上がるかもしれない!

という前のめりな意見が多いそうです。

前向きな姿勢になるということです。

今トレンドになっているもので、

ブレインストーミングしてみましょう

という起業家コンサルタントが居ますが、

例えば今トレンドになってるものは、

スマートフォンだとして。

スマートフォン関連のビジネスについて、

ビジネスアイデアはないかということで、

1人、もしくはグループで、

ブレインストーミングしてみましょう、

ということを言っている、

セミナー講師やコンサルタントが居ますが、

あれは嘘です。

右肩上がりになっているトレンドと、

あなたがお金を稼げるかどうか、

にはほとんど相関がありません。

アフィリエイトは稼げない稼げない

という人が沢山居るが、

アフィリエイト市場がどれだけ右肩上がりかご存知ですか?

年間10%以上のペースで、

毎年毎年10年以上成長してきています。

おそらく、今後もしばらくは、

このまま成長が続きます。

なのに、ほとんどの人は、

アフィリエイトで5000円も稼いだこどかない。

おかしくないですか?

つまり、

トレンドからビジネスのネタを見つけましょうと言ってるが、

トレンドからビジネスのネタを見つけるのは、

最後の最後にやることだったりします。

あなたがお金を稼げる確率が低いから、

このブレインストーミングのお金と時間が無駄にするだけ。

ほとんどの人はこういった失敗によって、

意気消沈してしまいます。

モチベーションが下がり。

自己否定し、

自分には才能が無い、

失敗を恥じて他人に言えなかったり。

苦しくて、低い自己肯定感によっては、

自分のことを責めてしまう。

半年立ち上がれなかったりするものです。

ノウハウ以前に、自分で行動しない

依存マインドの人が多いので、

メンタルを強く持って、

行動していくのが大事なんですね。

人生に失敗は無い。

フィードバックがあるだけです。

マーケティングはどういう順番で、

行動していけばいいのか、

マーケティングについて、

沢山のことを頭に入れ過ぎている人も

多いです。

何をどういう順番で、

マーケティングしていけばいいですか?

何をどういう順番でやっていけば、

売り上げが上がる可能性が高いんですか?

本には書いてないです。

なのでほとんどの人は、

Facebookをやる、

YouTubeをやる、

Twitterをやる、

ほとんど無駄です。

それはなぜかと言うと、

売り上げが上がる可能性が

非常に低いものだからです。

お金になる可能性が低いものについて、

やってしまっているんですが、

そういった人はほとんど成功しないんですね。

なぜかと言えば、

成功するより先に心が折れてしまうから。

メンタルブロックという

心のブレーキの様なものですね。

個人事業主であれば、

高い請求書を出しにくいとか、

副業してることを他の人に見られたら

どうしようという恥の意識。

こういう様な、恥、劣等感の感情が

邪魔して商品を売るのが怖いとか、

こう言う人が沢山居ます。

やる気があっても、

メンタル面で問題があり、

結果を出せない人も多いです。

お金に対してのメンタルブロックがあり、

欲がすごく強い、

恥の意識が強い、

劣等感が強いとか、

コンプレックスがある、

モチベーションが続かない、

などの理由で、

仮に方法を知ったとしても

結果が出ないのです。

ノウハウが問題ではなく、

メンタルが問題だったりします。

会社員をしながらビジネスをしていて

悶々としている人はも居るでしょう。

もしくは今まさにビジネスをしていて、

結果が出ず、

今すぐ止血をしなければいけない、

今すぐ売り上げを上げなければいけない、

そう悩んでる人が沢山居ます。

教育ビジネスをやる以上は、

ちゃんと教えてあげないと

いけない訳ですが、

詐欺師や微妙なコンサルタントも多く、

なかなか教えてくれる人も居ませんね。

お客さんも人間ですし学びますから、

いつまでも馬鹿じゃないですからね。

教育ビジネスをやっている以上、

ちゃんと教えてあげるということを

怠ってはいけません。

知識か行動か、

という原理原則もあります。

結果が出ない人ほど、

知識を求めます。

本やセミナーに行って、

でもそれで人生変わらなかったでしょ?

大切なのは、行動なのです。

ファーストキャッシュを得て、

行動して得たお金を再投資して、

どんどんどんどん行動のループに

行ける様になると強いです。

好循環のループに入れます。

成功するためではなく、

成功し続けるために必要なことを、

あなたは意識していますか?

日経ビジネスのデータですが、

2009年に出したデータだと、

今の会社の寿命は、平均7年。

私の今の会社も、

あなたのお勤めの会社も、

あなたがビジネスをしていたとしても、

その会社は7年しか持たないということ。

それぐらい、インターネットの登場で、

ドッグイヤー、ラットイヤーと言われますが、

1つのビジネスモデルで居られる期間が、

物凄く短くなっています。

たまたま何かの塾やコンサルを受けたのがアタリで、

今稼げているあなたも、

7年経ったら使えなくなってますよ?

また7年後に、

簡単に稼げる系の塾に入りますか?

そうではないですよね。

色々なビジネスモデルを知っておくべきですし、

ビジネスの原理原則を学んでおくべきです。

あなたのことだけの問題ではありません。

あなたと、あなたの家族の生活にも関わってくる問題です。

あなた自身が、自分と家族を守るためにも、

自分自身でビジネスを長期的に繁栄させるチカラ、

もしくは、

この流れの速い時代、

7年後自分のビジネスが駄目になった場合でも、

・・・恐らく駄目になるでしょう。

ずっとビジネスをしていくためにも、

学ぶべきことです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
LINE@に登録したら、
質問や相談にも乗ります。
 
毎日リストが取れる方法を知りたい方は、
お気軽にお問い合わせください。 
 
ここでは絶対に言えない超有料級の情報や、
ITビジネストップ3%の情報を
すぐに配信していきます。
 
 
■小学6年生が実際に稼いだインタビュー動画
 
■ネットビジネスを全自動化にして30万円以上稼ぐ仕組み
 
■成功の主要因。実はある3つの数字だけを抑えるだけ
 
■稼いでいる仕組みの大公開
 
■江戸時代から変わらないビジネス本質を現代に落としこむ
 
■アメリカ最新のマーケティングやノウハウ
 
■トップ3%がやってる集客方法、ビジネス展開、裏ワザ
 
 
こういった
自動収入の構築をコンセプトにした有益な情報が、
 
LINE@にご登録いただくと、
届く設定になっております。
 
皆様に責任を持って、今後も有益な情報を
お伝えしていけたらと思います。
 
LINE@に登録してくれた人限定で
すぐに10万円稼ぐ方法をプレゼント!
 
まだお友達になっていない人は
是非お気軽にこちらからご登録くださいね!

https://line.me/R/ti/p/%40ndh8751t
 
 
auスマホ、PCの方は、
 
『@ndh8751t』
 
をLINEのID検索から検索してください。
 

ネットビジネスの落とし穴にハマる大学生! 知識を得て落とし穴や罠を回避しよう!

こんにちは、senaです。

今日はネットビジネスに挫折した大学生に向けて、

記事を書いていきます。

ネットビジネスの落とし穴!大学生が思考停止状態から脱するには?

2014年~2016年頃にかけて、

ネットビジネスでお金を稼ぐ人が増えてきましたよね。

その中でも大学生を筆頭に、

ネットビジネスを始める人が後を絶ちません。(笑)

中にはネットビジネスの落とし穴にハマる人も居て、

思考停止状態から脱することができない人も居ます。


ネットビジネスといっても様々なジャンルがありますが、

本当にネットビジネスでお金を稼ぐことは可能なのでしょうか?

大学生がネットビジネスの落とし穴にハマらないためには

大学生は、二十歳を越えれば成人ですから、

自分の行動は自分で責任を取らなくてはいけません。

よほど裕福な家庭で無い限り、

大学生はお金がありませんので、

ネットビジネスを始める人が多いです。

そこで、ネットビジネスの落とし穴に陥り、

騙される人が本当に多いので、

今後大学生が騙されないために、

正しい知識を発信していきます。

大学生によくあるネットビジネスの落とし穴

誰でも簡単に稼げない

大学のサークルなどで知りあった人を通じて、

ネットビジネスに出会ったとします。

そこで色んな人間に揉まれて、

あらゆる話を聞かされて、

その話の中でこのキーワードが出てきたら、

要注意です。

誰でも簡単に稼げる
1日30分で月10万円
コピペで
アムウェイ

ネットビジネスに限らず、

お金を稼ぐことは簡単には稼げません。

稼げるのは余程の天才か詐欺師くらいです。 (笑)


本当に稼げるネットビジネスだとしても、

昨日今日知り合った大学生に、

そんな美味しい話を持ち掛けることはありません。

相手から勝手に近寄ってきた話しは、

全て相手側にメリットがあるのだと自覚しましょう。 (笑)

とにかく、誰でも簡単に、

稼げる世界ではないということは肝に銘じておきましょう。

お金を払う必要はない

こういう胡散臭いネットビジネスには、

お金を稼ぐためには投資という名目で、

お金を払うことを要求する人間も居ます。

いかにも、お金を払うことが正論で、

大切なことだと言わんばかりの巧みな話術で、

口車に乗せられますので、要注意です。


そんなネットビジネスの落とし穴に

ハマらないためには、

稼ぐためにお金は払わない、という信念を持ち続けることです。

お金を払うとしても、インターネット代や端末代、

責めて教材代ぐらいのものです。


それ以上は払わなくても、

充分にネットビジネスはできますからね。

なぜお金が発生するのかを考える

ネットビジネスの落とし穴に嵌らないために、

自分の頭でしっかりと考えることです。

なぜ、ネットビジネスをすると、

お金が発生するのかを理解できれば、

落とし穴にハマることはありません。


ビジネスというのは、

困っている人の悩みを解決しては、

その対価でお金を得ることですよね。

ネットビジネスは、

ネットを通じて稼ぐビジネスです。

顔が見えない相手の悩み事を知ることや、

商品を売るということの難しさをまず知りましょう。

ネットビジネスにハマる大学生が注意する点

誰でも簡単に稼げない
お金を払う必要はない
なぜお金が発生するのかを考える

今の時代はインターネット上をくまなく調べれば、

ネットビジネスで稼ぐ方法を知ることができます。


やる気さえあれば無料で勉強できるので、

わざわざ有料のセミナーやコンサルに

参加する必要も無いんですよね。


これからの時代は個人で稼ぐことができる人が、

生き残ります。

その方法の1つにネットビジネスがあるだけです。


他にも個人で稼げる方法はたくさんありますが、

ネットビジネスの落とし穴に嵌って、

思考停止状態になると人生は停滞してしまいます。


その結果、人の悪口や誹謗中傷でしか、

生き甲斐を見い出せない人間になるのです。

そうならないため、自分の頭で考えて、

行動できる大人になりたいものですね。

稼げるネットビジネスは多数ありますが、

その分落とし穴も多数あるものです。

落とし穴=危険とは限りませんが、

それでも副業を始めてみようという人は、

予備知識として頭に入れておいてください。

ここではその内容をピックアップしましたので、

これから稼ごうとする人や、

稼いでいる最中の人も参考にしてください。

人気のネットビジネス

ネット社会で誰もが実践しているネットビジネスといえば

アフィリエィト
ネットショップ
動画投稿
メルマガ
情報商材の販売、
フリマアプリでの販売

アフィリエィト

ネットビジネスの代表格とも言える

このアフィリエイトですが、

成約しても企業が承認しない場合がある
稼げるようになったら急にその広告が終了する
高い単価だったのが安くなり報酬が減る

など、こういった思いがけない出来事が起きたりします。

この辺りは、稼げるようになってから悩めばよいので、

初心者はひたすら集客できる記事を書きましょう。

記事投稿なんて、無料で出来るできるから良いですよね。

かなりおススメです!

意外に細かい条件を出している案件があり、

良く読まないと承認されない場合もあります。

収益が上がりだしたら、

案件の内容に違反していないか、

条件はチェックしておきましょう。

ネットショップ

景気が良くなるとかなり旨みが出てくるのが、

ネットショップです。

集客はお金を掛けたりすることでも可能なので、

軌道に乗ったら広告掲載も考えましょう。

ネットショップの落とし穴は、

在庫がなくなり売るものが無い
ブームを追いかけすぎて売り上げが激減
無料期間が終了して次のショップの操作を覚えるのが面倒

などが上げられます。

ということは始める以上は仕入先などを探して、
確保しておきましょう。

動画投稿

日本ではユーチューバーというネーミングが話題となっていますが、

世界的に見ると億単位で稼ぐ人も居ます。

世界共通動画などが基本戦略ですが、

当然はじめは足元を固めるという意味で、

日本から攻めていくのが良いです。

動画投稿の落とし穴としては、

投稿するネタがない
著作権に引っかかり収益が没収される

などがあります。

ジャンルを様々に投稿するより、

動画が1本ヒットした場合、

視聴者はやはり同じ系統の動画を見る確率が高いので、

なるべくジャンルを揃えたほうが良いですね。

動画の収益は、広告クリック回数や視聴回数に比例しますので、

動画の本数は多いほど良いです。

せっかく面白い動画が1本産まれても、

数が少なければ次の動画も見てくれませんので、

ある程度の本数が必要です。

著作権に関しては本当に注意が必要で、

投稿動画の中に下記が入らないよう注意しておいてください。

音楽
他企業のロゴや商標
テレビなど他の映像

など、よく問題となるのがこれらです。
これらが入らないよう細心の注意を払って撮影していきましょう。

動画投稿などは下手したら小学生などが投稿しているレベルです。

もちろん稼ごうと思って動画撮影しているわけではないですが。

ものすごいPVを稼いだ結果、収入が入ってきた!

というのは、よくある話です。

中学生や高校生も、

文化祭や体育祭、ダンスの映像やカラオケでの歌唱力など、

どんどん自分をアピールしています。

ネットアイドルもそうですね。

若いうちからいろいろチャレンジして、

可能性を探していくほうが、

勉強にもなりますし将来役に立つ可能性もあります!

ネットショップはさすがに無理でも、

ブログを書いてアフィリエィトなどは高校生中学生なら全然出来ます。

今のトップブロガーたちも、

学生から始めている人達もかなり居ます。

そして今からの後発組でも十分間に合うネットビジネスです。

ネットビジネスの落とし穴を記載してみました。

学生でもできる魅力がある一方、

落とし穴も多いです。

知っていれば備えることができるので、

この記事で、しっかり知識を得ておきましょう。

学生のうちは、社会人より遥かに時間があります。

ということはその貴重な時間を、

ゲームやスマホに費やさず、

副業として稼げる様、今のうちに下地を作りましょう。

稼げるようになれば、独立も夢ではありません!

一国一城の主になれるよう、

今から色々なことにチャレンジしてみるのが、

良いと思いますよ!

転売とブログアフィリエイトについては、

私が無料でサポートしますので、

お気軽にご相談ください。

確実に稼ぐならルレアプラスがおすすめです!

アフィリエイトの実践にあたって、

教科書がないと実践ができません。

senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!

教材に沿って指導をしたほうが、

お互い理解しやすいです。

ルレアプラスをこの記事から購入された場合、

senaが人数限定で無料サポートをさせていただきます^^

もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを

しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。

1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、

もっと単価が高くて効率的なASPアフィリエイトを

実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

sena.

アフィリエイトの相談で詐欺師の魔の手から逃れよう!初心者のあなたは狙われる!

こんにちは。

アフィリエイトの相談で多いのが、

きちんとライバルチェックなどもして、

教材通りに実践しているのに、

なんで結果が出ないんだろう・・・という相談です。

なんで私は結果が出ないのか

どこに成約に至らない原因があるのか、

どこを直すべきなのか、

ここが自分で分かっていないから、

結果が出ないんですよね。

今までお金を支払ってコンサルを受けてきたのに、

返事が来なくなったり、先生と連絡が取れなくなったり、

そもそも詐欺のコンサルだった・・・

という人もよく聞きます。

この人から学びたいと思える人を探す

そういう方は、

稼げる方法を追い求めることは止めて、

コレをやってみたい!と想えること、

そしてそれをやっている人を探して、

この人から学びたいと思えた人に

サポートを依頼してみるのがいいのではないかと思いますね。

コピペで何百万!とかの怪しい手法でなければ、

どんなノウハウも多少の結果は出るものです。

そこからどう伸びていくかは、

環境や取り組み方、少しの理解の差だったりします。

稼げる方法は沢山あって、

その中からどれで結果を出すのかはあなたの自由です。

選択権はあなたにあるのですから、

やりたいと思えることをやってみるようにしましょう。

それが一番結果に繋がると思います。

詐欺や騙しも多いので、

なかなか人を見極めるのも難しいですよね。

一番たちが悪いのは、

詐欺とは追及できないような

詐欺師たちです。

昔稼げてた方法を教えてコンサル料を取るとか、

一番重要な部分は教えないコンサルとか、

稼げないのはあなたの取り組み方が悪いとか、

誰と一緒に人生を送っているかによって、

結果が大きく変わっていってしまいますので、

関わる人はよく選んでいきましょう。

ついていく人を間違えない様に、

しっかりと見極めて、

信頼の置ける人が見付かると良いですね。

信頼出来て、この人みたいになりたい!

この人と同じことがしたい!

と思える人を探すことが、

重要だと感じます。

狡猾な詐欺師のコンサル

ネットビジネスやアフィリエイトのコンサルには、

自分が儲ければそれでいい!という人間が多く居ますので、

そういう人間には注意してくださいね。

そういう人間は、

自分のためなら相手を貶めてでも、

利益を出そうとします。

巧妙な嘘を平気で付きますので、

相手の口車に乗ったら騙されると、

警戒心を持っていないといけません。

しっかりと調査・リサーチをして、

よく考えてから、

コンサルに参加したほうが良いですね。

初心者なので、見極めが分からないですから、

そういう人間の口車に乗って、

騙されてしまう人が本当に多いですね。

情報量が多いと精査できる部分が、

初心者の方には欠落していますので、

少ない自分の知識量だけで、

全てを判断をしてしまうのは、危険が伴います。

私は無料で相談にのっていますので、

何か不安なことなどあれば、

事前に聞いてくださいね。

私が無料でサポートさせていただきますので、

アフィリエイトに興味がある方は、

連絡くださいね!

確実に稼ぐならルレアプラスがおすすめです!

アフィリエイトの実践にあたって、

教科書がないと実践ができません。

senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!

教材に沿って指導をしたほうが、

お互い理解しやすいです。

ルレアプラスをこの記事から購入された場合、

senaが人数限定で無料サポートをさせていただきます^^

もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを

しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。

1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、

もっと単価が高くて効率的なASPアフィリエイトを

実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

sena.

ネットビジネスの落とし穴にハマる主婦! 挫折する主婦を見て気付いた2つのポイント!

こんにちは、senaです。

ネットビジネスの落とし穴にハマっている主婦

ネットビジネスで、お小遣い稼ぎをするつもりが、

時間の無駄遣いにしかなっていなくて、

なかなか稼げない主婦の方が多いです。

ネットで不労所得を得ることに関しては、

私にお任せください。

専業主婦のあなたに伝えたい!

専業主婦の暇な時間に、

ネットサーフィン中にみつけた、

お小遣い稼ぎのサイトから、

ちまちまと少額のお金を稼ぐために

時間を無駄遣いをしていませんか?

専業主婦の暇つぶしだからいいのと、

楽しんでいるだけの方ならいいですが

どうせやるなら、

やったことが無駄にならないことを選択して、

将来大きく稼ぐ方法で作業をしたほうがいいと思いませんか?

ネットビジネスやアフィリエイトのことを知って、

挑戦したけど挫折してイマイチ結果が出ない・・・

そんな主婦の方が多いです。

これからネットビジネスに挑戦される専業主婦の方には、

自信を持ってアドバイスさせていただくことができると思います。

将来のために頑張っているつもりが、

時間の無駄遣いになってしまった・・・

なんてことにならないよう、

ネットビジネスの落とし穴にはハマらない様に注意してください。

最近は外で働かずにネットで稼ごうとする主婦が増えていますが、

なかなか稼げる人は多くありません。

外で働かない専業主婦が多い理由

・子どもを預けてまで働きに出たくない。

・働きたいけど、希望する条件の仕事が無い。

・外での仕事と主婦業の両立は自分には無理。

・疲れるから外で働きたくない。

・夫の収入で十分だから。

5番目の条件は裕福な家庭だけですけどね。

大抵、共働きですから。

ご家庭の事情で外に働きに出られない

専業主婦の方もいらっしゃるでしょう。

でも、どんな理由にせよ、

お金はあって困らないです!

お金は命の次に大事なものです。

出来れば専業主婦しながら収入が欲しい!

という方は、やっぱり多いです。

・実は夫の収入では生活が厳しい。

・生活はできるけど、これからを考えると不安がある。

・自分で自由に使えるお小遣いくらい自分で稼ぎたい。

・将来の夢のために資金を貯蓄しておきたい。

外では働けないけどお金は欲しい。

専業主婦をしながら自宅で稼ぐ方法があったら・・・

という気持ちで日々ネットサーフィンをしてお小遣い稼ぎや

副業のサイトで稼ぐ方法を探しているという方が本当に多いです。

専業主婦がネットビジネスで稼ぐ!というのは、

なかなか結果が出る人は少ないですね~。

なんて言ってしまうと、「簡単に稼げる」

と思って参入する方がほとんどですが、

的を得た記事投稿をしないと、

そうではありません。

稼ぐには、それなりの努力と工夫が必要です。

ただ、何か特別な才能だとか、

HTMLに詳しくないとできないとか、

そんなことはありません。

まず、必要なのは記事更新を続ける時間です。

その時間も、段々ビジネスにかける時間は少なく、

収入は右肩上がりに多くなっていく方法が、

アフィリエイトにはありますので、

そういうビジネスを選択して、

コツコツと楽しみながら継続していくことに、

一番向いている方が専業主婦だったりします。

サラリーマンやOLなども、

ネットビジネスを副業でされてますが、

会社での拘束時間は、拘束されますので、

作業が出来ない訳ですが、

専業主婦は、家事や育児のすき間時間を見つけることで、

一日のうちにビジネスのための時間を、

捻出することは難しくないないんです。

それぞれの生活リズムの中で、

都合のよい時間帯に記事を投稿すれば、

ビジネスをしたことになってしまいます。

好きなときに好きなだけやるスタイル、

これがネットビジネスの醍醐味であり、

専業主婦に都合がよく、

上手に時間を捻出して楽しむことで

収入も継続安定して右肩上がりに

飛躍させていくことが可能です。

で・す・が!

専業主の方も例に漏れず、

ネットビジネスの詐欺的な輩の餌食になる人が多いです。

狡猾なネットビジネス詐欺師の餌食になる専業主婦

儲かる話を信用させるために、

成功者の対談動画や通帳のねつ造画像を見せて、

その果てに、このビジネスを簡単にするための

魅惑のツールですと、数十万の高額な金銭を要求し、

実は、成功者自体が仕組まれた役者だった・・・

ということも普通にあったりします。

ツール頼りの他力本願で

稼げることなんてありませんからね。

簡単に稼げるなどとは思わないことです。

なにより、最初に数十万もかかるビジネスは、

専業主婦向きではありません。

これとは対照的に、

高額ではなくても数千円の情報商材を、

購入し、蓋を開けたらカスのような内容であったり、

良い情報であっても初心者向けではなかったり、

どちらにしろ、まともに稼げるようにはならず、

お金と時間の無駄遣いで役立たずな結果に終わることも

よくある話しです。

そして次に、

誠実で可能性の高いネットビジネスに参入が出来ても、

そこにはネットビジネスならではの挫折と落とし穴が

あることを念頭に置いてください。

頑張って記事更新を続けても、

なかなか稼げないなんてことがあります。

というか、こういう人がザラです。

でも、ビジネスですから100%!確実!

とかはあり得ません。

稼げるときもあれば、

調子が悪いときもあって当たり前なのです。

ネットビジネスはパソコンに向かって、

1人孤独な作業が続きます。

そんな孤独で気持ちで結果が出ないと、

ますます、自分には向いてないのか?・・・とか

アフィリエイトって、本当に稼げるのか?・・・とか

マイナスな考えが浮かんだりしますよね。

ここが分岐点となります。

ここで諦める人が多いので、

結果が出ない人が多いです。

信頼のおける誠実なビジネスで、

しっかりとした実績を上げている人が居るのであれば、

そのビジネスで成功の可能性はあるわけです。

それならば、上手くいかない原因が必ずあり、

それに気づいていないだけなんですよね。

まず作業量が足りない、

次に正しい的を得たやり方ができていない、

これのどちらかです。

成果が出るのが早い人も居れば、

遅い人も居ます。

人と比べて、劣等感を覚える必要なんてありません。

時間を見つけて、

あなたなりのペースで、

成功を勝ち取りましょう。

senaがあなたの成功を無料でサポートさせていただきます。

なんでも質問してくださいね^^

確実に稼ぐならルレアプラスがおすすめです!

アフィリエイトの実践にあたって、

教科書がないと実践ができません。

senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!

ルレアプラスをこの記事から購入された場合、

senaが人数限定で無料サポートをさせていただきます^^

もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを

しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。

1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、

もっと単価が高くて効率的なASPアフィリエイトを

実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

sena.

あなたを次のレベルに押し上げるEPCについてまとめてみた。

こんにちは、senaです。

今日はアフィリエイトの実践記事について書いてみたいと思います。

あなたは、EPCというキーワードを
聞いたことがありますでしょうか?

EPCってなに?!

EPC(イーピーシー)とは、「Earnings Per Click」の略です。

広告1クリックあたりの平均の報酬発生額のことを示します。
EPCは、その広告のクリック報酬ではなく、
その先の成果報酬を含めて考えます。

【総アフィリ報酬額÷総クリック数=EPC】 となります。

つまり、EPCとは

『報酬額を成約までのクリック数で割ったもの』のことです。

例1)10000円の報酬の商品が100クリックで売れた場合

10000÷100=100円
1件の販売にかかったコストが100円となります。

例2)30000円の報酬の商品が150クリックで売れた場合

30000÷150=200円
1件の販売にかかったコストが200円ということになります。

EPCの数値が高いほど利益の出やすい商品ってことなの?!

単純にいうと、
EPCの数値が高いほど利益の出やすい商品という事になりますが、
これだけで「稼ぎやすい」と判断するのは良くありません。

アフィリエイト案件を探す時に、
初心者ほどEPCの数値が高いものを探そうとする場合があります。

それは、EPCの数値が高いほうが、
少ないクリック数で稼ぎやすいと考えてしまうからです。

しかし、いくら平均報酬発生額(EPC)が高くても、
ライバルが多ければ多いほど、
初心者には不利になってしまいますので、
結果、稼ぎにくいという事になります。

その理由として、アフィリエイトの歴が長い方や、
アフィリエイトに力を入れている方は、
やはりユーザーの誘導が上手いです。

広告の表示形態やリンクの配置場所、
広告の内容とサイト訪問者の年齢層や興味などを
考慮していたりいますので、
初心者がそこに並んでも勝ち目はありませんので、
結果、稼ぎにくくなります。

ですので、EPCの数値が高いアフィリエイト案件が、
必ずしも効率よく稼げるという事ではないので注意してください。

ですが、初心者の最初の案件選びの取っ掛かりで、
EPCを参考にしてみるのは有りだと思います。

アフィリエイトセンターに、
EPCの良い案件を教えてくださいと
連絡をすると教えてくれることもありますので、
聞いてみるのも良いかもしれませんね。

ASPに担当者を付けてもらえば、
教えてくれることもあるかもしれませんね。

ライバルが多いし、ライバルが強い・・・どうしたらいい?!

結果もなかなか出ないし、
初心者は参入していけば、
見当が付かない・・・

そんな方も居るかもしれませんね。

ライバルに勝てそうもないと判断したのであれば、
参入はしない方が良いですが、

人気のジャンルなどはライバルも多いですが、
その中でさらに絞ったジャンルやキーワードも
山のようにあります。

ですので、現在よりもニッチなところを
探してみるのがおススメです。

1年以上物販アフィリエイトをされていて、
まだ結果が出ていない様であれば、
どこかやり方が間違っていると考えてください。

自分が作成している記事・サイトが
ユーザーにとって価値のあるものかどうかを
今一度、見直してみるのも良いかもしれません。

教科書代わりのおススメ商材は、
このブログでも紹介してますが、

実践をしていて、何か分からないことがあれば、
なんでも聞いてくださいね。

きっと、あなたのお役に立てるはずです。
一緒に頑張っていきましょう!

sena.

選択のパラドックスの罠 あなたが無力感を感じたり満足感を得られないのはこれが原因?!

こんにちは、senaです。

今日は、アフィリエイトでも使える

選択のパラドックスという概念について、

書いてみようと思います。

コロンビア大学ビジネススクールの教授
「シーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)」教授が
自身の書籍「選択の科学」で説いた言葉です。

本来、選択肢が多いほど満足度が高まるものだが、
選択肢が多すぎると選べなくなってしまい、
満足度が高まらないというものです。

別名では、ジャムの法則などが有名です。

人は自由になるほど幸福度が下がる!選択のパラドックスが起きる4つの原因

「選択肢は多いほどよい」という近代の定説に、
心理学者・Barry Schwartz(バリー・シュワルツ)氏は異議を唱えます。
様々な事例をもとに、選択肢の多さが逆に人々の幸福度を下げている
とする自説を説きました。(TED2005より)

バリー・シュワルツ氏が語る、
選択のパラドックスについての動画がありましたので、
掲載しておきます。

心理学者バリー・シュワルツが、
選択の自由という西欧社会の根幹をなす
教義に狙いを定めます。

シュワルツの推定によると、
選択は我々を更に自由にではなくより無力に、
もっと幸せにではなくより不満足にしています。
と説いています。

https://www.ted.com/talks/barry_schwartz_on_the_paradox_of_choice?language=ja

こちらはTEDのサイトでの動画になります。

シュワルツ氏が動画で説いていることの
和訳を載せておきます。

選択のパラドックス 心理学者バリー・シュワルツの講義和訳文 1

選択のパラドックスについて の英文日本語訳と感想です。
(興味があれば読んでください)

私自身の著書にあることについてお話します。
既にどこかで聞いた事があるような他のことと共鳴するでしょう。
しかしそうでない方のために 私が関連付けながら話していきます。

まずは私が「公式教義」と呼ぶものから始めたいと思います。
何の公式教義なのか?西欧の産業社会全ての公式教義です。
その公式教義はこんな調子のものです。
もし我々が自らの市民の繁栄を最大限にすることに興味があるのなら
その方法は個人の自由を最大限にすることである。

その理由はひとつは自由そのものが良いということ。
貴重で、価値があり、人であることの根幹をなしているから。

更に、もし人に自由が与えられれば 一人一人が
個人に基づいて行動できる。

我々自身の繁栄を最大限にするように行動し、
他の誰も我々のために決断をしないで済みます。

自由を最大限にするためには
最大限の選択を与えることです

1:06

選択が多ければ、その分自由度は増し、自由度が増せばその分繁栄する。

1:15

この考えが私が思うに、あまりにも深く浸透しているため、
誰もこれに異議を唱えようとすら思わないのです。

またこれは我々の人生にも深く埋め込まれています。
近代の発展で可能になったものからいくつか例を出しましょう。

これが私のスーパーです。
それほど大きくはないサラダ・ドレッシングについて一言。
私のスーパーには175種のドレッシングがあって、
それに加えて10種のエキストラ・バージン・オリーブ・オイルと、
12種のバルサミコ酢があります。

もしここの175の既製品のドレッシングの中には、
気に入ったのがなかった時に自分で作れるようにね。

まあ、このスーパーはこんな感じです。
で、次に電機店にステレオシステムを作るために行って、
スピーカー、CDプレーヤー、テープデッキ、 チューナー、アンプなど。

それでこの電機店1店舗の中に、
上のスーパーと同じ数くらいのステレオシステムがある。

1店舗の中にある部品を組み合わせていくだけで
650万種ものステレオシステムが組み立てられるのです。

2:22

これは莫大な数の選択肢だと 認めざるを得ませんね。
他の分野ではコミュニケーションの世界。

私が子供だった頃はマーベル社からでさえあれば、
どんな電話サービスでも受ける事ができる時代がありました。

電話は買うものではなく借りるものでした。
その結果、電話が壊れる事はないということがありました。

そんな日々も今は昔、我々の前には特に携帯電話の世界においては、
無尽蔵の選択肢が用意されています。

これらは携帯電話の未来の形です。
私のお気に入りは真ん中のMP3プレーヤー、鼻毛切り、
クレームブリュレバーナーが一体化してるもの。

もしお近くの店舗でまだ見かけていなかったとしても大丈夫。
近日中にお目にかかれますよ。

これが何をもたらすかというと、人々が店に来る際、
ある質問が既に問われています。
その質問の答えを今知りたいですか? 答えはNoです。
余計なことをしない携帯電話を買おうとしてもそれは不可能なのです

3:19

さて 購買活動以上に重要な人生の他の局面においても、
同じような選択の爆発が起こっています。

医療について米国では既に 皆さんが医者のところに行くと、
医者がどうすれば良いか教えてくれるという時代は終わりました。

その代わりに皆さんが医者に行くと医者からAをすることができるし、
Bをする事もできると言われます。

Aにはこのような効果とリスクがあってBにはこのような効果とリスクがある。
あなたはどうしたいですか?と聞かれます。

そこで「先生 私はどうしたらいいでしょう?」 と聞くと
医者はAにはこのような効果とリスクがBにはこのような効果とリスクがあります。

あなたはどうしたいですか?
そこで「先生が私だったらどうしますか?」 と聞いてみると、
すると医者は 「でも私はあなたではありません」と言う。

そしてその結果 ―これを「患者の自己決定権」と呼び、
こう呼ぶととてもいい事のように聞こえますが―
でも本当は何が起こっているのかと言うと、
決断権の重荷と責任を何らかの知識のある者から、
―この場合は医者から― 何も知らず少なくともとても具合が悪いので、
判断をくだすのに必ずしも適さない者すなわち患者に委ねているのです

4:24

処方箋薬の市場では われわれ消費者に対して、
莫大なマーケティング活動が行われてますが、
よくよく考えてみるとこれは全く意味のない事で、
我々に買う事はできないのです。

我々が購入することができないものをなぜ売り込むのか?
その答えは我々が翌朝かかりつけの医者に電話をして
処方箋を変えてもらいたいと頼ませようとしているのです。

私たちのアイデンティティーというドラマチックなものでさえ、
選択できるものとなったことをこのスライドは示しています。
[性別は本人に選ばせようと思うの]
アイデンティティーを受け継がず発明する。
しかも好きなだけ再発明するようになると、
それが意味するところは毎朝目が覚めた時に、
自分がどんな人になりたいのか決断しなくてはならない。

結婚や家族に関しては以前にはみんなが持つ共通認識として、
できるだけ早く結婚をしてできるだけ早く子づくりをするということがありました。
本当の選択は誰と結婚するかであって、いつ結婚するかとか、
結婚後どうするかではありませんでした

5:24

現在では 全てのものがどうにでもなってしまっています。
私は素晴らしく知性にあふれた学生達を教えていますが、
以前と比べて与える課題を20%くらい減らしています。

それは学生達の頭が悪くなっているからではなく、
熱心でなくなったからでもありません。

それは学生達が他のことで頭がいっぱいだからです。

「結婚をするべきか否か? 今結婚をするべきか?
結婚を遅らせるべきか?子供が先か、キャリアが先か?」

これらは圧倒的な質問です。そして学生達は私の出した課題を
全てやり遂げるかどうかやいい成績をとるかどうかに関わらず、
これらの質問の答を出していくのです。そしてそうすべきなのです。
これらはとても重要な質問ですから、カールが指摘したように、
仕事に関して我々は恵まれています。
世界中のどこにいても 一日のどの時間でも、
仕事をすることを可能にするテクノロジーがあるからです。
ランドルフ・ホテルを除いてね

6:17

(笑)

6:22

それはそうと1か所だけ無線が通じる秘密のところがあるんですよ。
私が使いたいから誰にも言いません。
これが意味するところは、仕事に関して我々に与えられている。

素晴らしい選択の自由ということですが、
私達は常に何度も何度も何度も仕事をすべきか否かの決断を
下さなくてはならない。

子供のサッカーの試合を見に行って、尻ポケットに携帯電話を突っ込んで、
反対のポケットにはモバイル端末。

膝の上にノートパソコンを開いている。
それらが全て電源が落とされていたとしても
子供がサッカーの試合をむちゃくちゃにしているのを観ながら、
常に自問自答をしているのです。

「この電話にでるべきだろうか? このメールの返事は?レポートのドラフトは?」
そしてそれらの答えがたとえ全てNoであったとしても、
子供のサッカーの試合を見ると言う経験は、
自問自答がなかった時とはとても違ったものになっています。

周りを見回してみると大きなことも小さなことも、
物質的なことも生活に関わることも人生の全てが選択に集約されています。

我々が以前生きていた世界は このようなものでした。
[全て定めのとおり] というのは いくつかの選択はありましたが、
全ての物事が選択ということではなかった。

我々が今生きている世界はこんな感じです。
ここで出てくる問いはこれはいいニュースか悪いニュースか?
その答えはYesです。

7:42

(笑)

7:44

我々はみんな良さについては知っています。
ですので私は悪い面について話したいと思います。
これら全ての選択には二つの効果があります。二つの悪い効果です。

一つは矛盾しているのですが、
これが開放感ではなく無力感を生むということです。

あまりにも多くの選択肢を前にすると、
人は選択が非常に難しくなってしまいます。

これの非常にいい例をひとつ出しましょう。
定年後の年金投資計画に関する研究で、
私の同僚がヴァンガードという巨大な投資信託会社から、
約2000か所の職場に渡る約100万人の社員の情報を手に入れたのです。

彼女が調べたところによると、会社が提示する投資信託が10件増えるごとに
参加率が2パーセント落ちたという結果が出たのです。

50件の投資信託を提示すると 5件提示した時と比べて、
参加する社員は10%減る。何故でしょう?

それは 50件もの投資信託が提示されると、
どれを選べばいいのか決めるのが難しくなり、
後回しにしてしまうのです。

それで一日一日と延ばしていき、
それがどんどん積み重なって結局決断を下す事はなくなるのです。

理解しなくてはならないのは、
これが人々が引退した時資金不足に陥り、
ドッグフードを食べざるを得ない状況に陥るということを
意味するだけでなく、

決断を下す事があまりにも難しいので
会社から受け取る権利のある資金を放棄してしまっているということです。

彼等は参加しないことによって、
年間5000ドルもの会社が喜んで提供すべき資金を、
受ける権利を放棄してしまうのです。

この無力感は 選択が多すぎることに起因しています。
そして世界をこのようにしてしまう

9:27

(笑) [最後にドレッシングですが フレンチ ブルーチーズ、 「ランチ」のどれに?]

9:34

今後無限に影響を及ぼす決断は正しく下したいですよね?
間違った投資信託やましてや間違ったドレッシングを選びたくはないという、
これが一つの影響です。

二つ目の影響はこのような無力感に打ち勝って決断を下したとしても、
選択肢が少なかった時と比べて、
決断の結果に対して得られる満足度は低いということです。

これにはいくつかの理由があります。
ひとつはドレッシングの選択肢がたくさんあると
一つ買ってそれが完璧ではなかった時 完璧であった試しがありましたか?

もっといいものを選べたはずなのにと想像することは、いともたやすいことです。
そこで何が起こるかというと、この取らなかった選択肢が
自分の決断を後悔させることになり
この後悔が下した決断の満足度から差し引かれていくのです。
例えそれがとてもいい決断だったとしても
選択肢が増えれば増える程、自分が選んだオプションに対し、
不満を感じやすいことになります

10:31

二つ目は 経済学者が機会費用と呼ぶものです。
今朝 ダン・ギルバート氏が我々の価値判断は比較対象されるものに
影響されると言う点を、その講演の中で語っておられました。
多くの選択肢を検討しなくてはならないと、
選ばなかった選択肢の良いところを想像し、
選んだ選択肢にその分不満を持つ度合いが多くなることは、
たやすく想像できます。ここに一つの例があります

10:59

ニューヨークから来た人には悪いのですが [85番街の駐車スペースが気になるんだ]

11:03

このように考えてください [85番街の駐車スペースが気になるんだ]
ここにハンプトンズのカップルがいます。
高価な邸宅に暮らし、素晴らしい浜辺で過ごす。
素晴らしい日です。全てを手に入れてる。

他に何を望むというのでしょう この男性は思ってます。
「ええい くそっ 今は八月で マンハッタンの隣人達は
みんなどこかに出かけている。
だからマンションの目の前の駐車場が空いているじゃないか」

そして2週間、毎日毎日あの素晴らしい駐車スペースを逃している
という考えに捕われているのです。

機会費用は我々の選択が たとえどんなに良いものであっても、
その満足度から差し引かれていくのです。

だから選択肢が多ければ多いほど、またそれらが魅力的であればあるほど、
それらは機会費用として我々に跳ね返ってくるのです。

もう一つの例を挙げましょう。この漫画は多くの点を示しています。
ひとつは 今を生きるという点。
また ゆっくりと時間をかけてやるということ。

でも一つあげるとしたら、どれか一つのことを選んだとしたら、
他の事をやらないことを選んだということでもある。
そしてその他のことには、たくさんの魅力的なことがあるかもしれない。
そのことが今自分がやっていることから 魅力を損ねるのです。

12:13

三つ目は期待値の増大です。
これはジーパンを買い換えに行った時に気がついたのですが、
私はいつもジーパンを履いてます。

以前はジーパンは一種類しかなく、それを購入して
全然体にあってなくて信じられないくらい着心地も悪くて、
でも長い事履いて何度も洗うことによって、なんとなく良くなっていった。

そこで何年も何年も履いていたジーパンを買い替えるために出かけていって、
「ジーパンが欲しい 私のサイズはこれです」 と言いました。

すると店員が 「スリムとストレートとリラックスと どれにしますか?
ボタンフライかジッパーにしますか? ストーンウォッシュそれともアシッド?
ダメージ加工のものにしますか? ブーツカットにするかテーパードにするか、
それともそれとも」と永遠に続く。

私は呆れて何も言えなくなってしまったのですが、
ほどなくして 「以前一つしかなかったやつと同じものが欲しい」と言ったのです

12:55

(笑)

13:00

彼はそれがどんなものか見当もつかなかったので、
私はいろいろのジーパンを1時間にも渡り試着して
正直に言うと今までで最高にフィットした。

ジーパンを手に入れてお店を後にしました。
これらの多くの選択肢が私が最高のものを選ぶ事を可能にしました。
でも気分は最悪でした。何故か?
それを自分に説明するために本を1冊書きました。
私の気分が最悪だった理由はこれだけ多くの選択肢が与えられていることで、
私にとっての良いジーパンの期待値が上がったからです。

もともと選択肢が一つしかなかった時は全く期待などしていなかったのです。
それが100に増えてしまったとたんに、どれかひとつ完璧であるべきだと。
そして私が得たものは良いものだったけど完璧ではない。

そこで期待していたものと実際のものを比較して、
期待していたものと比べて満足度の低いものを得たのでした。

人々の生活に選択肢を増やすことは、
それらの選択肢に対する期待値を増大させることを余儀なくさせてしまいます。

そしてそれは結果がたとえ良くても、
その満足度をより少なくするということを生み出します。
[どれも素晴らしそう 間違いなくがっかりする]
マーケティング業界は誰もこれを知りません
[どれも素晴らしそう 間違いなくがっかりする]
知っていたとしたら誰もこれが何の事がわからないでしょうから、
真実とはこのようなものです

14:23

(笑) [全てがひどかった頃の方が全てが良かった]

14:26

全てががひどかった頃の方が全てが良かった理由とは、
何もかもが良く無かった頃は良い意味での驚きをもたらす
体験をすることが可能だったからです。

今現在 我々裕福な産業国に住む市民がこの世界で生きている限り、
期待値が完璧を求めている中で望みうる最高のことは期待通りということなのです。
良い意味での驚きというものはあり得なくなっている。
それは我々の期待値が天井知らずになってしまったからなのです。
皆さんが今日ここに来た目的、幸せを得る秘密とは期待値を低く持つということです

15:02

(笑)

15:04

[頼んだよ] (拍手)

15:10

ひとつ個人的な話をします。
私は大変素晴らしい女性を妻としています。
これ以上はないというくらい妥協しませんでした。
でも妥協するというのは必ずしも悪い事ではありません。

最後にきちんとフィットしていないジーパンを買う事の悪影響の一つとして、
買うものが一種類しかない場合満足していない理由を考えてみて、
誰の責任か答えは明確です。この世の中が悪い。

あなたに何ができたでしょう?ジーパンの種類が何百もあるとなって、
満足のいかないものを買ってしまった時、
誰の責任かと自問自答すると、同じように明確に答えはあなた自身なのです。
あなたはもっといいものを選べたはずです。
何百種類ものジーパンを前にして失敗は許されません。
だから人々が決断を下す時、またその決断がたとえいいものであったとしても、
それに満足が得られなかったら 自分自身を責めるのです。

16:10

ここ数10年で産業国において鬱病が爆発的に増加しました。
私は鬱病や自殺が爆発的に増えた。

大きな要因は ―これだけではありませんが―
人々の期待値が高すぎて、その結果、経験が不満足なものに
なってしまっているということがあると思っています。

そしてそのような体験を自分自身に説明しようとする際、
全て自分の責任だと思ってしまうのです。

すると総体的な結果として一般的に客観的には良い事になっているのに、
気持ちは最悪になっています。

そこで皆さん覚えていてください。
これが皆が自明のこととして信じている公式教義ですが、
それはみんな嘘っぱち、真実ではないのです。

全く選択肢がないよりは、多少あった方がいいに決まっています。
だからといって選択肢は多ければ多いほどいいわけではありません。
私にはわかりませんが、秘密の数値があるのでしょう。
私は選択肢の多さが、我々に繁栄をもたらすという地点を
とっくに通過してしまったと自信を持って言えます

17:06

そこで政策問題として、もう少しで終わりますよ。
政策問題として考えなくてはならないのは次の点です。

産業社会において選択肢を与えているものは物質的な豊かさです。
この世の中には、選択肢の多さが問題になっているのではないところが、
まだ数多くあることを我々は聞き知っています。

彼等の問題は選択肢が少なすぎることです。
だから私が言っていることは、近代の豊かな西欧社会独特の問題なのです。

そこで非常に不愉快でいらいらさせるのは、次の点です。
スティーブ・レヴィットが昨日皆さんにお話しした、
高価で取扱が難しいチャイルドシートが何の効果もなく
お金の無駄だということ私が言いたいのは、
このような高価で難しい選択肢が、役に立たないだけではない。
実際には危害を加えるのです。我々をより悪い方へと導く事になるのです

18:03

我々の社会において、多くの選択肢を可能にしているものを、
選択肢が少なすぎる社会に移す事ができたとしたら、
選択肢の少なすぎる社会の人たちの生活が向上するだけでなく、
我々の生活も向上するのです。

これが経済学者が言うところのパレート改善ということです。
収入の再分配は貧しい人たちだけでなく全ての人たちを幸せにします。

それは多すぎる選択肢の悩みから解放されるからです。
結論としてこの漫画を読んだ時、
[限界などない ―願ったとおりになれるのだ]
洗練された人は 「この魚が何を知っているのだろう
この金魚鉢の中では 何も可能性などないことを 知っているでしょうに」
と言うべきなのです。

想像力の欠如、近視眼的な世界観、私も初めはそのように解釈していました。
でも色々考えを進めて行くうちに、この魚は何事かを知っているかもしれない、
と思うようになりました。

それは究極のところ、可能性を広げるために金魚鉢を叩き割ってしまったら、
得られるのは自由ではなく無力感だからです。

可能性を広げるために、金魚鉢を叩き割ってしまったら、
満足度を低下させてしまいます。

無力感を増大させ満足度を低下させる。
みんなが金魚鉢を必要としています。
今あるものはどうしても限界がある。
我々にとってだけでなく 魚にとってさえも。

でも隠喩的な金魚鉢の欠如は、不幸を作るレシピに過ぎません。
また 大災害のもとにもなることでしょう。 ありがとうございました

19:29

(拍手)

選択のパラドックス 心理学者バリー・シュワルツの講義和訳文 2

こちらも同様の内容の翻訳文です。
多少ニュアンスが違うこともあると思いますので、
こちらも参考にされてください。

英文日本語訳資料
I’m going to talk to you about some stuff that’s in this book of mine
私自身の著書にあることについてお話します

that I hope will resonate with other things you’ve already heard,
既にどこかで聞いた事あるような他のことと共鳴するでしょう

and I’ll try to make some connections myself, in case you miss them.
しかしそうでない方のために、私が関連付けながら話していきます

I want to start with what I call the “official dogma.”
まずは私が「公式教義」と呼ぶことから始めたいと思います

The official dogma of what?
何の公式教義なのか?

The official dogma of all western industrial societies.
西欧の産業社会全ての公式教義です

And the official dogma runs like this:
その公式教義はこんな具合にいきます

if we are interested in maximizing the welfare of our citizens,
もし我々が自らの市民の繁栄を最大限にすることに興味があるのなら

the way to do that is to maximize individual freedom.
その方法は個人の自由を最大限にすることである

The reason for this is both that freedom is in and of itself good,
その理由はひとつは自由そのものがいいことである、

valuable, worthwhile, essential to being human.
貴重で、価値があり、人であることの根幹をなしているから

And because if people have freedom,
更に、もし人に自由が与えられれば

then each of us can act on our own to do the things that will maximize our welfare,
一人一人が個人に基づいて行動できる 我々自身の繁栄を最大限にするように行動し、

and no one has to decide on our behalf.
他の誰も我々のために決断をしないで済みます

The way to maximize freedom is to maximize choice.
自由を最大限にするには、選択を最大限与える事である

The more choice people have, the more freedom they have,
選択が多ければ、その分自由度は増し、

and the more freedom they have, the more welfare they have.
自由度が増せば、 その分繁栄する

This, I think, is so deeply embedded in the water supply
この考えが、私が思うに、あまりにも深く浸透しているため

that it wouldn’t occur to anyone to question it.
誰もこれに異議を唱えようとすら思わないのです

And it’s also deeply embedded in our lives.
またこれは我々の人生にも深く埋め込まれています

I’ll give you some examples of what modern progress has made possible for us.
近代の発展が我々に可能にしてくれたもののいくつかの例を出しましょう

This is my supermarket.
これが私のスーパーです。

Not such a big one.
それほど大きくはない

I want to say just a word about salad dressing.
サラダ・ドレッシングについて一言

175 salad dressings in my supermarket,
私のスーパーには175種のドレッシングがあって

if you don’t count the 10 extra-virgin olive oils and 12 balsamic vinegars
それに加えて10種のエキストラバージンオリーブオイルと 12種のバルサミコ酢があります

you could buy to make a very large number of your own salad dressings, in the off-chance that none of the 175 the store has on offer suit you.
もしここに既にある175のドレッシングの中で 気に入ったのがなかった時に自分で作れるように

So this is what the supermarket is like.
まあ、このスーパーはこんな感じです

And then you go to the consumer electronics store to set up a stereo system
で、次に電気機器店にステレオシステムを作るために行って

— speakers, CD player, tape player, tuner, amplifier —
スピーカー、CDプレーヤー、テープデッキ、チューナー、アンプ

and in this one single consumer electronics store,
など それでこの電気機器店1店舗の中に

there are that many stereo systems.
上のスーパーと同じ数くらいのステレオシステムがある

We can construct six-and-a-half-million different stereo systems out of the components that are on offer in one store.
1店舗の中にある部品を組み合わせていくだけで、650万種もの ステレオシステムが組み立てられるのです

You’ve got to admit that’s a lot of choice.
これは莫大な数の選択肢だと認めざるを得ませんね

In other domains — the world of communications.
他の分野では、コミュニケーションの世界

There was a time, when I was a boy, when you could get any kind of telephone service you wanted, as long as it came from Ma Bell.
私が子供だった頃は、 マーベル社からでさえあれば、どんな電話サービスでも 受ける事ができる時代がありました

You rented your phone. You didn’t buy it.
電話は買うものではなく借りるものでした

One consequence of that, by the way,
その影響のひとつとして、

is that the phone never broke.
電話が壊れる事がない、ということがありました

And those days are gone.
そんな日々も今は昔

We now have an almost unlimited variety of phones, especially in the world of cell phones.
我々の前には、特に携帯電話の世界においては 、 無尽蔵の選択肢が用意されています

These are cell phones of the future.
これらは携帯電話の未来の形です

My favorite is the middle one —
私のお気に入りは真ん中の、

the MP3 player, nose hair trimmer, and creme brulee torch.
MP3プレーヤー、鼻毛切り、クレームブリュレバーナーが一体化してるもの

And if by some chance you haven’t seen that in your store yet,
もしお近くの店舗でまだ見かけていなかったとしても大丈夫

you can rest assured that one day soon you will.
近日中にお目にかかれますよ

And what this does is it leads people to walk into their stores asking this question.
これが何をもたらすかというと 人々が店に来る際、ある質問が既に問われています

And do you know what the answer to this question now is?
その質問の答えを今知りたいですか?

The answer is “No.”
答えはNoです

It is not possible to buy a cell phone that doesn’t do too much.
機能が多すぎる携帯電話を買わないでいられることはできません

So, in other aspects of life that are much more significant than buying things, the same explosion of choice is true.
さて、購買活動以上に重要な人生の他の局面においても 同じような選択の爆発が起こっています

Health care — it is no longer the case in the United States that you go to the doctor, and the doctor tells you what to do.
医療について、米国では既に皆さんが医者のところに行って 医者がどうすればいいか教えてくれるという段階ではなくなりました

Instead, you go to the doctor, and the doctor tells you,
その代わりに、皆さんが医者に行き、 医者から

“Well, we could do A, or we could do B. A has these benefits,
まあ、Aをすることができるし、Bをする事もできる、と言われる

and these risks. B has these benefits, and these risks.
Aにはこのような効果とリスクがあって Bにはこのような効果とリスクがある。

What do you want to do?”
あなたはどうしたいですか?

And you say, “Doc, what should I do?”
と聞かれる そこであなたは「先生、私はどうしたらいいでしょう?」と聞くと

And the doc says, “A has these benefits and risks, and
医者はAにはこのような効果とリスクが、

B has these benefits and risks.
Bにはこのような効果とリスクがあります

What do you want to do?”
あなたはどうしたいですか?

And you say, “If you were me, Doc, what would you do?”
そこであなたは「先生が私だったらどうしますか?」と聞いてみる

And the doc says, “But I’m not you.”
すると医者は「でも私はあなたではありません」と言う

And the result is — we call it “patient autonomy,”
そして結論、我々はこれを「患者の自己決定権」と呼ぶのです

which makes it sound like a good thing,
このような言い方をするととてもいい事のように聞こえます

but what it really is a shifting of the burden and the responsibility for decision-making from somebody who knows something —
でも本当は何が起こっているのかと言うと、決断権の重荷と責任を それについて何らかの知識のある者から

namely, the doctor
この場合は医者から

— to somebody who knows nothing and is almost certainly sick and thus not in the best shape to be making decisions — namely, the patient.
何も知らず、少なくともとても具合が悪いので 判断をくだすのに必ずしも最適ではない者、 患者に委ねてしまっている

There’s enormous marketing of prescription drugs to people like you and me, which,
処方箋薬の市場において、私やあなたのような消費者に対して 莫大なマーケティング活動が行われてますが

if you think about it, makes no sense at all,
よくよく考えてみるとこれは全く意味のない事で

since we can’t buy them.
我々に買う事はできないのですから

Why do they market to us if we can’t buy them?
我々が購入することができないものをなぜマーケットするのか?

The answer is that they expect us to call our doctors the next morning and ask for our prescriptions to be changed.
その答えは我々が翌朝かかりつけの医者に電話をして 処方箋を変える指示を出す事を望んでいるのです

Something as dramatic as our identity has now become a matter of choice,
この状況が陥っている意味は 私達の個性というドラマチックなものでさえ

as this slide is meant to indicate.
選択できることに成っているのです

We don’t inherit an identity; we get to invent it.
我々は個性を受け継ぐのではなく、発明できる

And we get to re-invent ourselves as often as we like.
そして好きなだけ自分を再発明することができる

And that means that everyday,
それが意味するところは

when you wake up in the morning,
毎朝目が覚めた時に

you have to decide what kind of person you want to be.
自分がどんな人になりたいのか決断をくださなくてはならない

With respect to marriage and family,
結婚や家族に関しては、

there was a time when the default assumption that almost everyone had is
以前には 、みんなが持つ共通認識として、

that you got married as soon as you could,
できるだけ早く結婚をして、

and then you started having kids as soon as you could.
できるだけ早く子づくりをするということがありました

The only real choice was who, not when, and not what you did after.
本当の選択は誰とするかであって、 いつするのかや、その後どうするかではありませんでした

Nowadays, everything is very much up for grabs.
現在では、全てのものがどうにでもなってしまっています

I teach wonderfully intelligent students,
私は素晴らしく知性にあふれた学生達を教えていますが

and I assign 20 percent less work than I used to.
以前と比べて20%くらい少ない課題を与えています

And it’s not because they’re less smart,
それは学生達の頭が悪くなっているからではなく、

and it’s not because they’re less diligent.
熱心でなくなったからでもありません

It’s because they are preoccupied, asking themselves,
それは学生達が他のことで頭がいっぱいだからです

“Should I get married or not?
「結婚をするべきか否か?

Should I get married now?
今結婚をするべきか?

Should I get married later?
結婚を遅らせるべきか?

Should I have kids first, or a career first?”
子供が先か、キャリアが先か?」

All of these are consuming questions.
これらは圧倒的な質問です

And they’re going to answer these questions,
そして学生達は、

whether or not it means not doing all the work I assign and not getting a good grade in my courses.
私の出した課題を全て やり遂げるかどうか、いい成績をとるかどうかに関わらず これらの質問の答を出していくのです

And indeed they should.
そしてそうすべきなのです。

These are important questions to answer.
これらはとても重要な質問ですから

Work — we are blessed, as Carl was pointing out,
カールが指摘したように、仕事に関して、我々は恵まれています

with the technology that enables us to work every minute of every day from any place on the planet
世界中のどこにいても、一日のどの時間でも 仕事をすることを可能にするテクノロジーがあるからです

— except the Randolph Hotel. (Laughter)
ランドルフ・ホテルを除いてね (笑)

There is one corner, by the way, that I’m not going to tell anybody about, where the WiFi works.
それはそうと、1か所だけ 無線が通じる秘密のところがあるんですよ

I’m not telling you about it because I want to use it.
私が使いたいから誰にも言いません

So what this means, this incredible freedom of choice we have with respect to work,
これが意味するところは、仕事に関して我々に与えられている 、 素晴らしい選択の自由ということですが

is that we have to make a decision, again and again and again, about whether we should or shouldn’t be working.
私達は常に 何度も何度も何度も仕事をすべきか否かの 決断を下さなくてはならない

We can go to watch our kid play soccer,
子供のサッカーの試合を見に行って

and we have our cell phone on one hip,
腰に携帯電話を装着し、

and our Blackberry on our other hip,
反対側にはモバイル端末を取り付けて

and our laptop, presumably,on our laps.
膝の上にノートパソコンを開いている

And even if they’re all shut off,
それらが全て電源が落とされていたとしても

every minute that we’re watching our kid mutilate a soccer game,
私達の子供がサッカーの試合をむちゃくちゃにしている間中、

we are also asking ourselves,
常に自問自答をしているのです

“Should I answer this cell phone call?
「この電話にでるべきだろうか?

Should I respond to this email?
このメールの返事は?

Should I draft this letter?”
レポートのドラフトは?」

And even if the answer to the question is “no,”
そしてそれらの答えが例え全てNoであったとしても

it’s certainly going to make the experience of your kid’s soccer game very different than it would’ve been.
自問自答がなかった時とは、 供のサッカーの試合を見ると言う経験を とても違ったものにしてしまっています

So everywhere we look, big things and small things,
周りを見回してみると、 大きなことも小さなことも、

material things and lifestyle things, life is a matter of choice.
物質的なことも生活に関わることも 人生の全てが選択に集約されています

And the world we used to live in looked like this.
我々が以前生きていた世界はこのようなものでした

That is to say, there were some choices,
というのは、いくつかの選択はありましたが

but not everything was a matter of choice.
全ての物事が選択ということではなかった

And the world we now live in looks like this.
我々が今生きている世界はこんな感じです

And the question is, is this good news, or bad news?
ここで出てくる問いは、これはいいニュースか、悪いニュースか?

And the answer is yes. (Laughter)
その答えはYesです (笑)

We all know what’s good about it,
我々はみんな良さについては知っています

so I’m going to talk about what’s bad about it.
ですので私は悪い面について話したいと思います

All of this choice has two effects,
これら全ての選択には二つの効果があります

two negative effects on people.
二つの悪い効果です

One effect, paradoxically, is that it produces paralysis, rather than liberation.
一つは、矛盾しているのですが これが開放感ではなく無力感を生むということです

With so many options to choose from, people find it very difficult to choose at all.
あまりにも多くの選択肢を前にすると、 人は選択が非常に難しくなってしまいます

I’ll give you one very dramatic example of this:
これの非常にいい例をひとつ出しましょう

a study that was done of investments in voluntary retirement plans.
定年後の年金投資計画に関する研究で

A colleague of mine got access to investment records from Vanguard,
私の同僚が ヴァンガードという巨大な投資信託会社から、

the gigantic mutual fund company of about a million employees and about 2,000 different workplaces.
約2000か所の職場に渡る、 約100万人の社員の情報を手に入れたのです

And what she found is that for every 10 mutual funds the employer offered,
彼女が調べたところによると、 会社が提示する投資信託が10件上がるごとに

rate of participation went down two percent.
参加率が2パーセント落ちたという結果が出たのです

You offer 50 funds — 10 percent fewer employees participate than if you only offer five.
50件の投資信託を提示すると、5件提示した時と比べて 10%少ない社員が参加する

Why?
何故でしょう?

Because with 50 funds to choose from,
それは、50件もの投資信託が提示されると

it’s so damn hard to decide which fund to choose that you’ll just put it off until tomorrow.
どれを選べばいいのか決めるのが難しくなり 後回しにしてしまうのです

And then tomorrow, and then tomorrow, and tomorrow, and tomorrow,
それで、一日一日と延ばしていき、

and of course tomorrow never comes.
それがどんどん積み重なって 結局決断を下す事はなくなるのです

Understand that not only does this mean
理解しなくてはならないのは、

that people are going to have to eat dog food when they retire because they don’t have enough money put away,
これが人々が 引退した時資金不足に陥り、ドッグフードを食べざるを得ない 状況に陥るということ意味するだけでなく、

it also means that making the decision is so hard that they pass up significant matching money from the employer.
決断を下す事があまりにも難しいので 会社から受け取る権利のある資金を放棄してしまっているということです

By not participating,
彼等は参加しないことによって、

they are passing up as much as 5,000 dollars a year from the employer, who would happily match their contribution.
年間5000ドルもの資金を 会社が喜んで提供する資金を受ける権利を放棄してしまうのです

So paralysis is a consequence of having too many choices.
この無力感は選択が多すぎることに起因しています

And I think it makes the world look like this.(Laughter)
そして世界をこのようにしてしまう (笑)

You really want to get the decision right if it’s for all eternity, right?
今後無限に影響を及ぼす決断は正しく下したいですよね?

You don’t want to pick the wrong mutual fund, or even the wrong salad dressing.
間違った投資信託や、ましてや間違ったドレッシングを選びたくはない という

So that’s one effect.
これが一つの影響です。

The second effect is that even if we manage to overcome the paralysis and make a choice,
二つ目の影響は このような無力感に打ち勝って決断を下したとしても、

we end up less satisfied with the result of the choice than we would be if we had fewer options to choose from.
選択肢が少なかった時と比べて、決断の結果に対して 得られる満足度は低いということです

And there are several reasons for this.
これにはいくつかの理由があります

One of them is that with a lot of different salad dressings to choose from,
ひとつは、ドレッシングの選択肢がたくさんあると

if you buy one, and it’s not perfect — and, you know, what salad dressing is?
一つ買ってそれが完璧ではなかった時、完璧であった試しがありましたか?

— it’s easy to imagine that you could have made a different choice that would have been better.
もっといいものを選べたはずなのに、と想像することは いとも容易いことです。

And what happens is this imagined alternative induces you to regret the decision you made,
そこで何が起こるかというと この取らなかった選択肢が、自分の決断を後悔させることになり、

and this regret subtracts from the satisfaction you get out of the decision you made,
この後悔が下した決断の満足度から差し引かれていくのです

even if it was a good decision.
例えそれがとてもいい決断だったとしても

The more options there are,
選択肢が増えれば増える程、

the easier it is to regret anything at all that is disappointing about the option that you chose.
自分が選んだオプションに対し、 不満を感じやすいことになります

Second, what economists call “opportunity costs.”
二つ目は、経済学者が機会費用と呼ぶものです

Dan Gilbert made a big point this morning of talking about how much the way in which we value things depends on what we compare them to.
今朝、ダン・ギルバート氏が、我々の価値判断には それに比較対象されるものに影響されると言う点を その講演の中で語っておられました

Well, when there are lots of alternatives to consider,
多くの選択肢を検討しなくてはならないと、

it is easy to imagine the attractive features of alternatives that you reject,
選ばなかった選択肢の良いところを 想像し、

that make you less satisfied with the alternative that you’ve chosen.
選んだ選択肢に その分不満を持つ度合いが多くなることは容易く想像できます

Here’s an example.
ここに一つの例があります。

For those of you who aren’t New Yorkers, I apologize. (Laughter)
ニューヨーク出身の方には予めお詫び申し上げます (笑)

But here’s what you’re supposed to be thinking.
このように考えてください

Here’s this couple on the Hamptons.
ここにハンプトンズのカップルがいます

Very expensive real estate.
不動産価格がとても高く

Gorgeous beach. Beautiful day.
素晴らしい浜辺があって、素晴らしい日です。

They have it all to themselves.
彼等は全てを手に入れてる

What could be better?
もっといい事はあるのでしょうか?

“Well, damn it,” this guy is thinking,
「ええい、くそっ」 この男性は思ってます。

“It’s August. Everybody in my Manhattan neighborhood is away.
「今は八月で 私のマンハッタンの隣人達はみんなどこかに出かけている

I could be parking right in front of my building.”
だからマンションの目の前の駐車場がゲットできるじゃないか」

And he spends two weeks nagged by the idea that he is missing the opportunity, day after day, to have a great parking space.
そして2週間、素晴らしい駐車場を逃している という考えに、毎日毎日捕われているのです

Opportunity costs subtract from the satisfaction we get out of what we choose, even when what we choose is terrific.
機会費用は、我々の選択が例えどんなに良いものであっても、 その満足度から 差し引かれていくのです

And the more options there are to consider,
だから選択肢が多ければ多い程、

the more attractive features of these options are going to be reflected by us as opportunity costs.
また それらが魅力的であればあるほど、それらは機会費用として我々に跳ね返ってくるのです

Here’s another example.
もう一つの例を挙げましょう

Now this cartoon makes a lot of points.
この漫画は多くの点を示しています

It makes points about living in the moment as well,
ひとつは、今を生きるという点、

and probably about doing things slowly.
また ゆっくりと時間をかけてやるということ

But one point it makes is that whenever you’re choosing one thing,
でも一つあげるとしたら、どれか一つのことを選んだとしたら

you’re choosing not to do other things.
他の事をやらないことを選んだということでもある

And those other things may have lots of attractive features,
そしてその他のことはたくさんの魅力的なことがあるかもしれない

and it’s going to make what you’re doing less attractive.
それが今自分がやっていることをそれだけ魅力的でなくしている

Third: escalation of expectations.
三つ目は期待値の増大です

This hit me when I went to replace my jeans.
これはジーパンを買い換えに行った時に気がついたのですが

I wear jeans almost all the time.
私はいつもジーパンを履いてます

And there was a time when jeans came in one flavor,
以前はジーパンは一種類しかなく

and you bought them, and they fit like crap,
それを購入して、全然体にあってなくて

and they were incredibly uncomfortable,
信じられないくらい着心地も悪くて、

and if you wore them long enough and washed them enough times,
でも長い事履いて何度も洗うことによって

they started to feel OK.
なんとなく良くなっていった

So I went to replace my jeans after years and years of wearing these old ones,
そこで何年も何年も履いていたジーパンを買い替えるために出かけていって

and I said, you know, “I want a pair of jeans. Here’s my size.”
「ジーパンが欲しい。私のサイズはこれです」と言いました

And the shopkeeper said,
すると店員が

“Do you want slim fit, easy fit, relaxed fit?
「スリムと、ストレートとリラックスとどれにしますか?

You want button fly or zipper fly?
ボタンフライかジッパーにしますか?

You want stonewashed or acid-washed?
ストーンウォッシュ、それともアシッド?

Do you want them distressed?
ダメージ加工のものにしますか?

You want boot cut, you want tapered, blah blah blah …”
ブーツカットにするか、テーパードにするかそれともそれとも」

On and on he went.
と永遠に続く

My jaw dropped, and after I recovered,
私は呆れて何も言えなくなってしまったのですが、ほどなくして、

I said, “I want the kind that used to be the only kind.” (Laughter)
「以前一つしかなかったやつと同じものが欲しい」と言ったのです (笑)

He had no idea what that was,
彼はそれがどんなものか検討もつかなかったので

so I spent an hour trying on all these damn jeans,
私はいろいろのジーパンを1時間にも渡り試着して

and I walked out of the store — truth! — with the best-fitting jeans I had ever had.
正直に言うと今までで最高にフィットしたジーパンを手に入れてお店を後にしました

I did better. All this choice made it possible for me to do better.
これらの多くの選択肢が、私が最高のものを選ぶ事を可能にしてくれました

But I felt worse. Why?
でも気分は最悪でした 何故か?

I wrote a whole book to try to explain this to myself. (Laughter)
それを自分に説明するために本を1冊書きました

The reason I felt worse is that,
私の気分が最悪だった理由は、

with all of these options available,
これだけ多くの選択肢が与えられていることで

my expectations about how good a pair of jeans should be went up.
私にとってのいいジーパンの期待値が上がったからです

I had very low — I had no particular expectations when they only came in one flavor.
もともとは全く期待していませんでした 選択肢が一つしかなかった時は全く期待などしていなかったのです

When they came in 100 flavors, damn it,
それが100に増えてしまったとたんに、

one of them should’ve been perfect.
どれかひとつ完璧であるべきだ、と

And what I got was good, but it wasn’t perfect.
そして私が得たものは良いものだったけど完璧ではない

And so I compared what I got to what I expected,
そこで期待していたものと実際のものを比較して

and what I got was disappointing in comparison to what I expected.
期待していたものと比べて満足度の低いものを得たのでした

Adding options to people’s lives can’t help but increase the expectations people have about how good those options will be.
人々の生活に選択肢を増やすことは それらの選択肢に対する期待値を増大させることを 余儀なくさせてしまいます

And what that’s going to produce is less satisfaction with results, even when they’re good results.
そしてそれは結果が例えいいものだったとしても、 その満足度を より少なくするということを生み出します

Nobody in the world of marketing knows this,
マーケティングの世界の誰もこのことを知りません

because if they did,you wouldn’t all know what this was about.
知っていたとしたら、誰もこれが何の事がわからないでしょうから

The truth is more like this. (Laughter)
真実とはこのようなものです (笑)

The reason that everything was better back when everything was worse is that when everything was worse,
何もかもが良くなかった頃の方が全てがよかった理由とは、 何もかもが良く無かった頃は、

it was actually possible for people to have experiences that were a pleasant surprise.
良い意味での驚きをもたらす体験をすることが可能だったからです

Nowadays, the world we live in — we affluent, industrialized citizens,
今現在、我々裕福な産業国に住んでいる市民がこの世界で生きている限り

with perfection the expectation —
期待値が完璧を求めている中で

the best you can ever hope for is that stuff is as good as you expect it to be.
望みうる最高のことはものが期待通りであったということなのです

You will never be pleasantly surprised
良い意味での驚きというものはあり得なくなっている

because your expectations, my expectations, have gone through the roof.
それは我々の期待値が天井知らずになってしまったからなのです

The secret to happiness — this is what you all came for —
皆さんが今日ここに来た目的、

the secret to happiness is low expectations. (Laughter) (Applause)
幸せを得る秘密とは、 期待値を低く持つということです (笑) (拍手)

I want to say — just a little autobiographical moment
ひとつ、個人的な話をします

— that I actually am married to a wife,
私は大変素晴らしい女性を 妻としています

and she’s really quite wonderful.
これ以上はないというくらい。

I couldn’t have done better. I didn’t settle.
妥協しませんでした

But settling isn’t always such a bad thing.
でも妥協するというのは必ずしも悪い事ではありません

Finally, one consequence of buying a bad-fitting pair of jeans
最後に、きちんとフィットしていないジーパンを買う事の悪影響の一つとして

when there is only one kind to buy is that when you are dissatisfied, and you ask why,
買うものが一種類しかない場合、満足していない理由を考えてみて 

who’s responsible, the answer is clear:
誰の責任か、答えは明確です

the world is responsible.
この世の中が悪い。

What could you do?
あなたに何ができたでしょう?

When there are hundreds of different styles of jeans available,
ジーパンの種類が何百もあるとなって、

and you buy one that is disappointing,
満足のいかないものを買ってしまった時

and you ask why, who’s responsible?
誰の責任かと自問自答すると

It is equally clear that the answer to the question is you.
同じように明確に答えはあなた自身なのです

You could have done better.
あなたはもっといいものを選べたはずです

With a hundred different kinds of jeans on display,
何百種類ものジーパンを前にして、

there is no excuse for failure.
失敗は許されません

And so when people make decisions, and even though the results of the decisions are good,
だから人々が決断を下す時、 またその決断がたとえいいものであったとしても、

they feel disappointed about them;
それに満足が得られなかったら

they blame themselves.
自分自身を責めるのです

Clinical depression has exploded in the industrial world in the last generation.
ここ数10年で産業国において臨床鬱症状が爆発的に増加しました

I believe a significant — not the only, but a significant —
私は、これだけではありませんが、

contributor to this explosion of depression, and also suicide,
鬱病や自殺が爆発的に増えた

is that people have experiences that are disappointing because their standards are so high,
その要因の大部分に、人々の期待値が多きすぎて その結果、経験が不満足なものになってしまっている点に 起因していると思っています

and then when they have to explain these experiences to themselves,
そしてそのような体験を自分自身に説明しようとする際、

they think they’re at fault.
全て 自分の責任だと思ってしまうのです

And so the net result is that we do better in general, objectively,
すると総体的な結果として、一般的に、客観的には良い事になっているのに

and we feel worse.
気持ちは最悪になっています

So let me remind you.
そこで皆さん覚えていてください

This is the official dogma, the one that we all take to be true,
これが皆が自明のこととして信じている公式教義ですが、

and it’s all false. It is not true.
それはみんな嘘っぱち、真実ではないのです

There’s no question that some choice is better than none,
全く選択肢がないよりは多少あった方がいいに決まっています

but it doesn’t follow from that that more choice is better than some choice.
だからといって選択肢は多ければ多いほどいいということにはなりません

There’s some magical amount. I don’t know what it is.
私にはわかりませんが、秘密の数値があるのでしょう

I’m pretty confident that we have long since passed the point where options improve our welfare.
私は選択肢の多さが我々に繁栄をもたらすという地点を とっくに通過してしまったと自信を持って言えます

Now, as a policy matter — I’m almost done
そこで、政策問題として、もう少しで終わりますよ

— as a policy matter, the thing to think about is this:
政策問題として考えなくてはならないのは次の点です

what enables all of this choice in industrial societies is material affluence.
産業社会において選択肢を与えているものは物質的な豊かさです

There are lots of places in the world,
この世の中には、選択肢の多さが問題に なっているのではないところが

and we have heard about several of them,
まだ数多くあることを我々は聞き知っています

where their problem is not that they have too much choice. Their problem is that they have too little.
彼等の問題は選択肢が少なすぎることです

So the stuff I’m talking about is the peculiar problem of modern, affluent, Western societies.
だから私が言っていることは、近代の、豊かな 西欧社会独特の問題なのです

And what is so frustrating and infuriating is this:
そこで非常に不愉快でいらいらさせるのは次の点です

Steve Levitt talked to you yesterday about how these expensive and difficult-to-install child seats don’t help.  
スティーブ・レヴィットが昨日皆さんにお話した 高価で取扱が難しいチャイルドシートが何の効果もなく

It’s a waste of money.
お金の無駄だということ

What I’m telling you is that these expensive, complicated choices —
私が言いたいのは、このような高価で難しい選択肢が

it’s not simply that they don’t help. They actually hurt.
役に立たないだけではない 実際には危害を加えるのです

They actually make us worse off.
我々をより悪い方へと導く事になるのです

If some of what enables people in our societies to make all of the choices we make were shifted to societies in which people have too few options,
我々の社会において多くの選択肢を可能にしているものを、選択肢が少なすぎる 社会に移す事ができたとしたら、

not only would those people’s lives be improved,
選択肢の少なすぎる社会の人たちの生活が向上するだけでなく、

but ours would be improved also.
我々の生活も向上するのです

This is what economists call a “Pareto-improving move.”
これが、経済学者が言うところのパレート改善ということです

Income redistribution will make everyone better off — not just poor people
収入の再分配は、貧しい人たちだけでなく、全ての人たちを幸せします

— because of how all this excess choice plagues us. 
それは多すぎる選択肢の悩みから解放されるからです。

So to conclude.
結論として、

You’re supposed to read this cartoon,
この漫画を読んだ時、

and, being a sophisticated person, say,
洗練された人として

“Ah! What does this fish know?
あなたは「この魚が何を知っているのだろう

You know, nothing is possible in this fishbowl.”
この金魚鉢の中では何も可能性などないことを 知っているでしょうに」と言うべきなのです

Impoverished imagination,
創造力の欠如、

a myopic view of the world —
近視眼的な世界観、

and that’s the way I read it at first.
私も初めはそのように解釈していました

The more I thought about it,
でも色々考えを進めて行くうちに、

however, the more I came to the view that this fish knows something.
この魚は何事かを知っているかもしれないと思うようになりました

Because the truth of the matter is that if you shatter the fishbowl so that everything is possible,
それは、究極のところ、 可能性を広げるために金魚鉢を叩き割ってしまったら

you don’t have freedom. You have paralysis.
得られるのは自由ではなく無力感だからです

If you shatter this fishbowl so that everything is possible,
可能性を広げるために金魚鉢を叩き割ってしまったら

you decrease satisfaction.
満足度を低下させてしまいます

You increase paralysis, and you decrease satisfaction.
無力感を増大させ 満足度を低下させる

Everybody needs a fishbowl.
みんなが金魚鉢を必要としています

This one is almost certainly too limited
今あるものはどうしても限界がある

— perhaps even for the fish,  certainly for us.
我々にとってだけでなく 魚にとってさえも

But the absence of some metaphorical fishbowl is a recipe for misery,
でも隠喩的な金魚鉢の欠如は、不幸を作るレシピに過ぎません

and, I suspect, disaster. Thank you very much. (Applause)
また、大災害のもとにもなることでしょう ありがとうございました (拍手)

選択のパラドックス 上記の翻訳文に出てきた単語について

単語
worthwhile
やりがいのある

essential
欠かせない、本質

embed
はめ込む、埋める

occur
起こす、生じる

creme brulee
クレームブリュレ

rest
休む、目を向ける

assure
保証する

autonomy
自治権、自主性

burden
重荷

thus
このように

prescription
処方箋

inherit
受け継ぐ、相続する

With respect
~に関しては

assumption
仮説、仮定

preoccupy
心を奪う、夢中にさせる

laptop
小型で携帯可能なコンピューター

eternity
永遠、永久

presumably
思うに、多分

paradoxically
逆説的に

paralysis
麻痺

voluntary
自発的な、任意の

mutual
相互の

damn
とんでもない、ひどい

participate
参加する、預かる

alternative
二者択一の

in comparison
並べてみると

induces
勧誘する、その気にさせる

disappoint
失望させる

estate
地所、財産

escalation
エスカレーション、段階的拡大

expectation
期待

crap
くそ、排便、ばかばかしい

jaw

affluent
裕福

autobiographical
自叙伝の

Clinical depression
臨床鬱症状

objectively
客観的に

infuriate
激怒させる

redistribution
再配分

impoverish
貧しくする

myopic
近視の

misery
みじめさ、悲惨、苦悩

選択のパラドックス 心理学者バリー・シュワルツの講義和訳文 3

私の著書に書いたことについてお話しましょう。

今までにどこかで聞いたことのあるような事柄とリンクすると良いのですが、
そうでない方のために関連付けながら話していきましょう。

まずは公式ドグマから説明したいと思います。
何の公式定説なのか?西欧の産業社会全ての公式定説です。
公式定説ではこうなります。

もし我々が自らの市民を最大限に繁栄させたいのならば、
その方法は個人の自由を最大限にすることである。

その理由は、そもそも自由であることと自由そのものは、
素晴らしく、貴重で、価値があり、人であることの根幹をなしています。
さらに、もし人々が自由ならば、
自身の繁栄を最大限にするよう1人1人の判断に基づいて行動でき、
他の誰も私たちの代わりに決断する必要はありません。

自由を最大限に獲得するためには、選択肢を最大限に与えることです。
選択肢が多いほど自由度は増し、自由度が増すほど人々は繁栄するのです。

この考えがあまりにも深く浸透しているため
誰もこれに異議を唱えようとすら考えないのだと私は思います。

またこの考えは私たちの人生にも深く浸透しています。
そこで、近代の発展が私たちに可能にしてくれたものの例を
いくつか出しましょう。

まず、これが私が行くスーパーです。それほど大きくはないです。
サラダのドレッシングについて一言だけ言わせてください。
私のスーパーには175種のドレッシングがあり、
それに加えて10種のエキストラバージンオリーブオイルと12種のバルサミコ酢もあります。

もし店の175のドレッシングの中に気に入ったものがなかったとしたら、
オリーブオイルと酢で自分好みの多種多様なドレッシングを作ることだって出来るのです。
このスーパーはこんな感じでした。

選択肢過多の時代

では次に、ステレオシステムを作るために電気機器店に行ったとします。
電気機器店1店舗の中にスピーカー、CDプレーヤー、テープデッキ、
チューナー、アンプなど、こんなにたくさんのステレオシステムが揃っています。

この1店舗の中にある部品を組み合わせていくだけで、
650万種ものステレオシステムが組み立てられる計算です。
これは間違いなく莫大な数の選択肢ですね。
それからコミュニケーションの世界。

私が子供だった頃、マーベル社からでさえあれば
どんな電話サービスでも受けられる時代がありました。

当時、電話は買うものではなく借りるものでした。
それによって電話が壊れることがなくなるという影響がありましたね。

そんな日々も今は昔。今の私たちの前には、特に携帯電話の世界において、
ほぼ無限の選択肢が用意されています。

これらは携帯電話の未来の形です。
私のお気に入りは真ん中の、MP3プレーヤーと鼻毛切り、
クレームブリュレバーナーが一体化しているものです(笑)。

もしまだお近くの店舗で見かけていなかったとしても大丈夫です。
きっと近日中にお目にかかれますよ。
これが何をもたらすのか。
人々は来店の際にこう尋ねるでしょう。
「機能の少ない携帯電話はありますか?」。

その質問の答えを知りたいですか?
答えは「ノー」です。機能の少ない携帯電話を買うことは不可能なのです。
患者の自己決定権は、患者のためになっているのか

さて、購買活動以上に重要な人生の他の局面においても
同じような選択の爆発が確実に起こっています。

たとえばヘルスケア。アメリカではもう既に、
診察で医者がどうすればいいか教えてくれるということはなくなりました。

その代わりに、医者に診てもらった際に言われるのは、
AをすることができるしBをすることもできる、ということです。

「Aにはこのような効果とリスクがあって Bにはこのような効果とリスクがある。
あなたはどうしたいですか?」と聞かれるのです。

そこで「先生、私はどうしたらいいでしょう?」と聞きます。

すると医者はまた
「Aにはこのような効果とリスクが、
Bにはこのような効果とリスクがあります。あなたはどうしたいですか?」と言い、

あなたは「先生が私だったらどうしますか?」と聞く。

すると医者は「でも私はあなたではありませんから」と言う。

つまり結論は、俗に言う、患者の自己決定権です。
このような言い方をすると、とても良いことのように聞こえます。

しかし実際に何が起きているかと言うと、
決断権の重荷と責任をそれについての知識がある、
この場合は医者から知識のない少なくともとても具合が悪くて
判断をくだすには適していない患者に委ねてしまっているのです。

私やあなたのような消費者に対し、
莫大な処方箋薬のマーケティング活動が行われていますが、
考えてみると私たちには買うことが出来ないのですから、
これは全く理にかなっていません。

学生達への課題を20%減らした理由

では、なぜ私たちが購入できないものをマーケティングするのか?
それは、私たちが翌朝かかりつけの医者に電話をして処方箋を
変える指示を出すよう望んでいるからです。

このスライドの意味は、私達の個性というドラマチックなものでさえ、
今では選択できるということです。
私たちは個性を受け継ぐのではなく、発明できるのです。
そして、好きなだけ自分を再発明することができます。
つまり、毎朝目覚めた時に自分がどんな人になりたいのかを
決断しなくてはならないということです。

結婚や家族に関して言えば、以前はほぼ全ての人の共通認識として、
できるだけ早く結婚してできるだけ早く子づくりをするという考えがありました。

本当の選択は誰とするかであって、いつするかや、
その後どうするかではありませんでした。

しかし現在では、全てのものがどうにでもなってしまっています。
私は素晴らしく知性にあふれた学生達を教えています。

しかし、以前と比べ20%も少ない課題を与えています。
学生達の頭が悪くなっているわけでも、熱心でなくなったわけでもありません。
学生達が他のことで頭がいっぱいだからです。

「結婚をするべきか否か? 今結婚をするべきか?  
結婚を遅らせるべきか? 子供が先か、キャリアが先か?」

これら全てがあまりにも切実な問題です。
学生達は、私の出した課題を全てやり遂げるかどうか、
いい成績をとるかどうかに関わらず、
これらの問題の答えを出すのです。事実そうするべきなのです。
なぜならとても重大な問題ですから。

テクノロジーの進歩で常に仕事に囚われている状態に

カールが指摘していたように、私たちはとても恵まれています。
今や、テクノロジーのおかげで私たちは、
何時でも世界中のどこにいても仕事をすることができます。
ランドルフ・ホテルを除いてはね(笑)。

(会場笑)

実は1ヶ所だけWi-Fiが通じる秘密の場所があるのです。
私が使いたいので教えませんが(笑)。

つまり、仕事に対する敬意と共に私たちに与えられた
この素晴らしい選択の自由とは、
自らに対し何度も何度も問いかける「仕事をするか否か」という
質問への決断を下さなくてはならないことです。

子供のサッカーの試合を見に行っても、
後ろポケットには携帯電話、反対側にはモバイル端末をいれ、
おおよそ膝の上にはノートパソコンを開いている。

もしそれら全ての電源が落とされていたとしても、
子供がサッカーの試合をむちゃくちゃにしている間中
ずっと自問自答を繰り返すのです。

「この電話にでるべきだろうか? 
このメールの返事は? レポートのドラフトは?」

そして、例えそれらの答えが全て「ノー」であったとしても、
あなたの子供の試合は自問自答がなかった時とは
全く違った経験となってしまいます。

多すぎる選択肢は選択を困難にする

世界どこを見ても、大きなことも小さなことも、
物質的なことも生活に関わることも、人生は全て選択です。

私たちが以前生きていた世界はこのようなものでした。
「モーゼ 実は石に書かれている」。

(会場笑)

つまり、いくつかの選択がありました。
しかし全ての物事が選択ということではありません。
今、私たちが生きている世界はこんな感じです。

「DIY十戎キット」。 ここで出てくる問いは、
これは良いニュースか、悪いニュースか? その答えは「イエス」です。

(会場笑)

私たちは皆、その良さは知っています。
ですから私は悪い面について話したいと思います。
全ての選択には2つの影響がでます。
どちらも悪い影響です。

1つは、矛盾していますが、
これが開放感ではなく無力感を生むということです。

あまりにも多くの選択肢を前にすると、
人は選択が非常に難しいと感じます。

これの非常に良い例をひとつ出しましょう。
定年後の年金投資計画に関する研究において、
私の同僚がヴァンガードという巨大な投資信託会社から、
約2000ヶ所の職場に渡る、約100万人の社員の情報を手に入れました。

彼女が調べたところによると、
会社が提示する投資信託が10件上がるごとに
参加率は2%落ちたという結果が出たのです。

50件の投資信託を提示すると、
5件提示した時と比べて10%少ない社員が参加する。

何故でしょう? 50件もの投資信託が提示されると、
どれを選べばいいのか決めるのがとても難しくなり、
人は「明日やろう」と後回しにしてしまうのです。

次の日も「また明日」、「また明日」と延びていき、
結局決断を下す「明日」は2度ときません。

投資信託を選べない理由

理解すべきなのは、これが引退したあとに資金不足に陥り
ドッグフードを食べざるを得ない状況に陥ることだけでなく、
決断を下すことがあまりにも難しいために
会社から受け取る権利のある資金さえ放棄してしまっていることを意味していることです。

彼等は参加しないことによって、
会社が喜んで提供する年間5000ドルもの資金を受ける権利を
放棄してしまうのです。

この無力感は選択が多すぎることに起因しています。
そして、世界をこのようにしてしまいます。

「決めろ。ドレッシングを永遠に変えられないとしたらフレンチ、
ブルーチーズ、ランチのどれを選ぶ?」。

(会場笑)

今後に一生影響を及ぼす決断は正しく下したいですよね?
間違った投資信託や、ましてや間違ったドレッシングを選びたくはない。
これが1つ目の影響です。

取らなかった選択肢が、自分の選択の満足度を下げる

2つ目の悪影響は、このような無力感に打ち勝って
決断を下したとしても、選択肢が少なかった時と比べて、
決断の結果に対して得られる満足度は低いということです。

選択肢が多い状況での決断が、満足度を低下させるのには
いくつかの理由があります。

まず1つ目は、たくさんの選択肢の中から
1つのドレッシングを選んで買って、
それが完璧であった試しがありましたか?

もっといいものを選べたはずなのにと
想像することはいとも容易いことです。

そこで、何が起こるかというとこの取らなかった選択肢が、
自分の決断を後悔させることになります。

そして、この後悔が下した決断が例えとても良い決断だったとしても、
その満足度から差し引かれていくのです。

選択肢が増えれば増えるほど、
人は自分が選んだオプションに対して不満を感じやすくなります。

2つ目は、経済学者が機会費用と呼ぶものです。
選択肢が多くある場合、選ばなかった選択肢の良いところを想像し、
選んだ選択肢にその分不満を持つ度合いが多くなることは容易く想像できます。

選択肢が多ければ多い程、機会損失を感じやすい

ひとつの例をあげましょう。ニューヨーク出身の方には前もってお詫び申し上げます(笑)。

「西85番地の駐車スペースのことが頭から離れないよ」。

(会場笑)

このように考えてください。ハンプトンズに来ているカップルがいます。
不動産価値がとても高く、素晴らしい浜辺があり、とても天気が良い。

彼等はこの瞬間、全てを手に入れています。
これ以上良いことはあるのでしょうか? しかし、この男性はこう思っています。

「ええい、くそっ。今は8月、私のマンハッタンの隣人達は
みんなどこかに出かけている。今ならマンションの目の前の
駐車スペースがゲットできるじゃないか」。

それから2週間、素晴らしい駐車スペースを逃しているという考えに、
毎日毎日捕われているのです。

機会費用は、私たちの選択がどんなに素晴らしいものであっても、
その満足度から差し引かれていきます。

だから選択肢が多ければ多い程、
またそれらが魅力的であればあるほど、
それらは機会費用として私たちに跳ね返ってくるのです。

もうひとつの例をあげてみましょう。

(会場笑)

この画像は多くの点を示しています。ひとつは、今を生きるという点。
また、ゆっくりと時間をかけて物事を進めるということ。
でもこれは同時に、どれか1つのことを選んだとしたら
他のことをやらない選択をしたということでもあります。

そして、やらないその他のことには
たくさんの魅力的なものが含まれているかもしれない。

このような考えが、今自分のやっていることを魅力的でなくしているのです。
選択肢が多く与えられると期待値が上がってしまう。

3つ目は、期待値の増大です。
これはジーンズを買い換えに行った時に気がついたのですが、
私はいつもジーンズを履いています。
以前は、ジーンズは1種類しかなかったので、それを購入しました。

私の体に全然あっていなくて信じられないくらい着心地も悪かったですが、
長いこと履いて何度も洗うことによって何となく良くなっていきました。
そこで何年も何年も履いたジーンズを買い替えに行きました。

店員に「ジーンズが欲しい。サイズはこれです」と伝えました。
「スリムと、ストレートとリラックスとどれにしますか?
ボタンフライかジッパーにしますか? ストーンウォッシュ、それともアシッド?
ダメージ加工のものにしますか? ブーツカットにするか、テーパードにするか、
それともそれとも……」と永遠に続きました。

私は呆れて何も言えなくなってしまったのですが、
ほどなくして「以前ひとつしかなかったやつと同じものが欲しい」と言ったのです。

(会場笑)

その店員はそれがどんなものか検討もつかなかったので(笑)、
私はいろいろなジーンズを1時間にも渡って試着し、
正直に言うと今までで最高にフィットしたジーンズを手に入れてお店を後にしました。

これらの多くの選択肢が、私が最高のものを選ぶことを可能にしてくれました。
でも気分は最悪でした。何故か? 

私はそれを自分に説明するためにこの本を書きました。

(会場笑)

私の気分が最悪だった理由は、
これだけ多くの選択肢が与えられていることで
私にとって良いジーンズの期待値が上がってしまったからです。

もともと全く期待していませんでした。
選択肢がひとつしかなかった時は全く期待などしていなかったのです。

それが100種類に増えてしまった途端、
どれかひとつ完璧であるべきだと思うようになったのです。
そして私が買ったものだって良いものだったが完璧ではありませんでした。

期待していたものと実際に買ったものを比較すると、
期待していたものに比べて買ったものは満足度が低かったのです。

人々の生活に選択肢を増やすことは、
それらの選択肢に対する期待値を増大させることを余儀なくさせています。

幸せを得るための秘訣は、期待値を低く設定すること

そしてそれは結果が例えいいものだったとしても、
その満足度をより少なくするという事態を生み出します。
マーケティングの世界では誰もこのことを知りません。
知っていたとしても、誰もこれが何のことがわからないでしょう。

真実とはこのようなものです。
「全てが最悪だったときの方がうまくいっていた」。

(会場笑)

何もかもが良くなかった頃のほうが良かった理由とは、
何もかもが良く無かった頃は良い意味での驚きをもたらす
体験をすることが可能だったからです。

今現在、完璧を求める裕福な産業国に住んでいる
この世界で望みうる最高のことはものが期待通りであることなのです。

それはあなたや私の期待値が天井知らずになってしまったことで、
良い意味での驚きというものはあり得なくなったということです。

皆さんが今日ここに来た目的、幸せを得るための秘密は、
期待値を低く持つことなのです。

(会場笑)

「いつか誓うでしょう」。
少し個人的な話をすると、私の妻は大変素晴らしい女性です。
私にはもったいないくらいです。
一切妥協はしませんでした。でも必ずしも妥協が悪いとは限りません。

選択肢の多いなかでの決断は、自分自身を責める傾向にある

最後に、選択肢が1種類しかない場合に
きちんとフィットしていないジーンズを買うことの悪影響とは、
あなた自身が満足していない理由を考え、誰の責任かを自分に問うことです。

その答えは明白です。この世の中が悪い。あなたに何ができたでしょう?
ジーンズの種類が何100もある中から満足のいかないものを買ってしまった時、
その理由と誰の責任かを自問自答します。

この答えも同じく明白、あなた自身です。
あなたはもっと良いものを選べたはずです。
何100種類ものジーンズを前にして、失敗は許されません。
だから人々が決断を下す時、
またその決断がたとえ良いものであったとしてもそれに満足が得られなかったら、
人は自分自身を責めるのです。

ここ数10年で、産業国では臨床鬱症状が爆発的に増加しました。
これだけが理由ではありませんが、
鬱病や自殺が爆発的に増えたその要因の大部分は、
人々の期待値が高すぎたことで経験が不満足なものになってしまっている点に
起因していると私は思っています。

そしてそのような体験を自分自身に説明しようとする際、
全て自分の責任だと思ってしまうことです。
すると総体的な結果として、一般的に、
客観的には良いことになっているのに気持ちは最悪になってしまいます。

皆さん覚えていてください。
皆が自明のこととして信じている公式ドグマは、
みんな嘘っぱち、真実ではないのです。

全く選択肢がないよりは多少あったほうがいいに決まっています。
だからといって選択肢は多ければ多いほどいいということではありません。
どれくらいがいいのかは私にはわかりませんが、
選択肢の多さが私たちに繁栄をもたらすという段階をとっくに通り越してしまったと、
私は自信を持って言えます。

「選択肢の過多」は近代の独特の問題

そこで、政策問題として考えなくてはならないのは次の点です。
産業社会において選択肢を与えているのは物質的な豊かさです。
世界には選択肢の多さではなく、
選択肢の少なさが問題になっている場所がまだ数多くあるということを
私たちは聞いて知っています。

だから今私が言っていることは、近代の豊かな西欧社会独特の問題なのです。
私が言いたいのは、難しい選択肢は、役に立たないだけではなく、
実際に危害を加えるということです。

私たちをより悪い方へと導いているのです。
私たちの社会において多くの選択肢を可能にしているものを、
選択肢の少なすぎる社会に移すことができたとしたら、
選択肢の少なすぎる社会の人たちの生活が向上するだけでなく
私たちの生活も向上するでしょう。

これが、経済学者が言うところのパレート改善です。
収入の再分配は、貧しい人たちだけでなく全ての人たちを幸せします。
それは多すぎる選択肢の悩みから解放されるからです。

選択肢の広がりは、人を不幸にする

「あなたは何にだってなれるよ。限界なんてないのさ」。
結論、このスライドを見てあなたは洗練された人のように
「この魚が何を知っているのだろう? 

この金魚鉢の中では何も可能性などないことを知っているでしょうに」
と言うべきなのです。

創造力の欠如、近視眼的な世界観。
私も初めはそのように解釈しました。

しかし考えを進めて行くうちに、
この魚は何事かを知っているかもしれないと思うようになりました。

なぜならこの問題の根源は、可能性を無限にするために
金魚鉢を叩き割って得られるのは自由ではなく
無力感だということなのです。

可能性を広げるために金魚鉢を叩き割ってしまったら
満足度は低下します。

無力感を増大させ、満足度が低下します。
みんなが金魚鉢を必要としているのです。
魚にとってだけでなく、私たちにとっても、
今あるものには限界があります。
しかし隠喩的な金魚鉢の欠如は、不幸を作るレシピに過ぎません。
また、大災害のもとにもなることでしょう。

選択のパラドックスについての英文日本語訳と感想

Barry Schwartz: The paradox of choice
バリー・シュワルツ氏が語る、選択のパラドックスについて
http://www.ted.com/talks/barry_schwartz_on_the_paradox_of_choice.html

TEDの英文日本語訳資料
https://sites.google.com/site/tedjapaneseenglishnote/list/barry_schwartz_on_the_paradox_of_choice【キーワード抜粋】

選択のパラドックス 要点をまとめてみます。

・私達の個性というドラマチックなものでさえ、選択できることに成っている

・物質的なことも生活に関わることも 人生の全てが選択に集約されている

・全ての選択には二つの効果がある

・開放感ではなく無力感を生む

・50件の投資信託を提示すると、5件提示した時と比べて 10%少ない社員が参加

・どれを選べばいいのか決めるのが難しくなり 後回しにしてしてしまう

・選択肢が少なかった時と比べて、決断の結果に対して 得られる満足度は低い

・選択肢が増えれば増える程、自分が選んだオプションに対し、 不満を感じやすい

・多くの選択肢を検討しなくてはならないと
 選ばなかった選択肢の良いところを想像し
 選んだ選択肢に その分不満を持つ度合いが多くなる

・機会費用は、我々の選択が例えどんなに良いものであっても
 その満足度から 差し引かれていく

・人々の生活に選択肢を増やすことは、それらの選択肢に対する期待値を増大させることを 余儀なくさせ
 結果が例えいいものだったとしても、その満足度をより少なくする

・良い意味での驚きというものはあり得なくなっている
 我々の期待値が天井知らずになってしまったから

・幸せを得る秘密とは 期待値を低く持つということ

・人々が決断を下す時、またその決断がたとえいいものであったとしても
 足が得られなかったら、自分自身を責める

・鬱病や自殺が爆発的に増えた。
 人々の期待値が多きすぎて その結果、経験が不満足なものになってしまっている点に 起因している

・選択肢の多さが我々に繁栄をもたらすという地点を とっくに通過してしまった

・高価で難しい選択肢が役に立たないだけではない 実際には危害を加える

・我々の社会において多くの選択肢を可能にしているものを
 選択肢が少なすぎる 社会に移す事ができたとしたら
 選択肢の少なすぎる社会の人たちの生活が向上するだけでなく
 我々の生活も向上する

・経済学者が言うところのパレート改善

・収入の再分配は、貧しい人たちだけでなく、全ての人たちを幸せする
 

選択のパラドックス 総括

選択のパラドックス。
選択を増やすことは自由を持たせ人を豊かにするが、
多すぎる選択は逆に人を不幸にするという、
矛盾点について説いた動画と、その翻訳文でした。

気になるポイントは、
現代人の鬱病や自殺が爆発的に増えたのは選択の増大により
期待値が多すぎて自分を責める結果になっているという考えです。

特にそれは、慎重な性格だったり、完璧主義者、
考えすぎ、悪くいうと優柔不断といった人に多くなるのではないかと思います。

選択が多いほど考える量が多くなり、脳を消耗させます。
期待値を良くしようとするとそのプレッシャーが重荷になります。

しかし、選択のパラドックスから完璧な選択はできません。
現代のようなオプションが多く、選択が多い時代において
生きにくい人種なのかもしれません。

まずはそれを自覚するということが大事かと思います。
考えすぎない、期待を持ちすぎない。完璧でなくても良い。
悪い結果になった感じても自分を責めすぎない。
ネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えること。
そういった考え方を持つ必要があると思いますね。

そうは言っても、なかなか難しいのですが・・・。

また、選択が少なすぎるのも不幸であると言っています。
これは、発展途上国といった豊かでない国を指しています。
選択できるということは資金や自由において余裕があります。
収入の再配分はそういった点を考慮すると
全ての人を幸せにするという意味が理解できます。

多くの選択の中で後悔を減らす方法はないのだろうか?
自分なりに考えてみると
まず、選択はできたほうがいい。でも後悔はしたくない。
その中で選択数を絞るというのが良いのではないでしょうか?

商品の売り方として高いものをひとつ売り込むのではなく、
少しランクを下げたものを、選ぶようにする。

売り手としては、利益率を考えて
イチオシの商品を売りたいという考えがあります。

しかし、買い手として1つに搾られると
選択が難しく手を出しにくくなります。

これは買い手の性格にもよりますが、
とくに優柔不断、迷っている方には
2つ、メインと予備の2つの選択をさせると
お互い満足できる結果になる可能性が高いと言えます。

バリー・シュワルツに学ぶ、選択のパラドックス

TED~所持品をミニマムにすると生きやすくなる理由とは?
TEDトークスから、心理学者、バリー・シュワルツの
『選択のパラドックス』というプレゼンテーションをご紹介いたしましたが、

分かりやすく言うと、
主婦の普段着とよそ行きの服です。

少ない服はストレスフリーで生産性が上がる

というのも、服が少なければ着るものにいちいち迷う必要がないので、
時間もエネルギーも大幅に節約できますよね。

Appleのスティーブジョブズも、
仕事ではいつも、
白いTシャツとジーンズだったと言います。

同じことを考えてのことだったそうですよ。

「選択肢が多すぎるとかえって人は不幸になる」という理論。
今回とりあげるのは、この理論をシュワルツ先生自身が話しているもの。

なぜ選択肢が多いと人は不幸になってしまうのか、
わかりやすくユーモアを交えて説明しています。

長さは19分ほど。日本語の字幕が出ます。

この動画の撮影は2005年の7月で、
今から10年前。

まだスマホがなかったので、携帯電話の話が出てきます。
10年たって、選択肢の多さが人を不幸にしている状態は
ますます顕著になっている気がします。

工業化が進んだ西欧の国々では、
人は自由になればなるほど幸せである、と考えられています。

また、いろいろな局面で選択肢が増えれば増えるほど、
人は自由であると考えられています。

つまり、選択肢が増えれば増えるほど、
人は自由である、と思われているわけですが、
これは違うということですよね。

それには以下の2つの理由があります。

選択肢が増えると人はかえって不幸になる理由

理由1:多すぎる選択肢は、人を自由にするというより、麻痺させてしまう。
(paralysis 字幕では無力感と訳されているところ)。

選択肢が多ければ多いほど、選ぶのが難しくなってしまうのです。

理由2:仮に選ぶことができたとしても、選択肢がより少ないときに比べると、
その選んだ結果に満足しにくい

これにはいくつかの理由があります。

1)選んだものが期待どおりでなかったとき、
ほかの選択肢を思い浮かべ、あっちにしておけばよかったと後悔してしまう。(例としてサラダドレッシングをあげています)。

2)オポチュニティーコスト
選択肢が多いと、それを選択したことによって、
失ったたくさんのものについて考えてしまい、
選んだ結果に対する満足度が下がる。たとえ、素晴らしい選択をしていたとしても。

※オポチュニティーコストとは、
ある行動を選択したことによって失われるほかの行動が生み出したであろう利益です。

たとえば、日曜日にフリマで断捨離した古着を売るつもりで準備していたけど、
友だちにピクニックに誘われたので、そっちに行ってしまった場合、
フリマで古着を売ったら得られたであろうお金のこと。)

3)期待する気持ちが高まる
ジーンスを買いに行き、だった1種類しか選択肢がなくて、
それを買ったときより、いろいろ履き比べて選んだときのほうがは、
ジーンズそのものに対する期待がより高まってしまう。

選択肢が増えると、人はそれらの選択がよりいいものだと期待してしまう。

4)選択を誤ってしまったとき自分を責める
ジーンズが1種類しかなく、それがイマイチだったら、
それは世間(この世界)のせいである。
しかし、さまざまなジーンズの中から選んだ1本が期待どおりでなかった場合、
それは「適切な選択をできなかった自分のせいだ」と人は思う。

最近のうつや自殺の原因は、
人々のいろいろなものへの期待や、
これが標準だと思っているもの(スタンダード)の基準が高すぎるからです。

「選択肢が増えれば増えるほど、人は幸福である」というのは、違うのです。
私たちは、幸福になれるちょうどいいぐらいの選択肢以上のものを持ってしまっています。

先進国で選択肢が多いのは、物が豊富にある(material affluence)せいです。
世界には物が無さすぎて困っている場所もあります。

選択のパラドックス 選択肢が多いのはいいことなのか、悪いことなのか

確かに選択肢が多いと、より自分らしい人生を送ることができ、
幸せになれると言えます。

たとえば、昔の女性は学校を卒業したら、
数年会社に勤めて、結婚適齢期の間に結婚して、
家庭に入ったら、仕事は辞めて、ずっと家事と子育てに専念、
という道がスタンダードでしたね。

今は、晩婚化と言われていますし、
必ずしも結婚する必要はないし、
早く結婚してもいいし、遅く結婚してもいい、
仕事をずっと続けてもいいし、辞めてもいい、
数年で職場復帰してもいいし、パートで働いてもいい、
といろいろな道があります。

これは女性にとっては嬉しいことですね。

しかしその分、人生の局面でいろいろ迷います。
動画に出てきた「人は毎朝自分のアイデンティティを選びながら生きている」
というのはこういうことだと思います。

ただでさえ、こうした選択で、
日々、エネルギーを取られているのに、
瑣末な物質的なものをいちいち選んでいると
ますます疲れてしまいます。

いろいろありすぎて、迷って、
「もうどうでもいいや」と投げやりになって、
選択を放棄してしまうのです。
せっかくいろいろなチョイスがあるのにも関わらず。

ご飯を食べるために入った店が、
選択肢の多いメニューを提供していたとして、

ランチで、主食、副食、デザート、ドリンクのセットもので、
それぞれについて選択肢があったらどうですか?

組み合わせを考えると、けっこうな種類になります。

メニューをじっくり見て、主食をAにすると、副菜はBがいいだろうけど、
そうすると、デザートCは主食には合うけど、副菜には合わないな、
ドリンクは冷たいほうのDになるけど、
冷房が効きすぎてるから冷たい飲み物は嫌だし・・・

なんて言い始めて迷いますよね (笑)

もういっそのこと、
お任せで頼めたほうが楽だと思ってしまいますよね。

組み合わせメニューはよりお客さんの好みにあったものを
食べてもらいたいという気持ちからかもしれませんが、

お客さんによっては、
こういうのはかえって、面倒だと言う人も居るはずです。

さんざん迷ったあげく選択しても、
その結果に満足できないというのも体験としてよくわかります。

選択が1つだったら、それで突き進むしかないのですから、
迷うことも無い訳です。

「選択肢が多すぎると、そのものに対する期待値があがる」
というのは考えたことがなかったのですが、そうかもしれませんね。

ランチメニューが1つしかない店より、
いろいろ取り揃えている店のほうが良さそうに感じてしまいますから。

私たちはこういう無数の選択を日々繰り返しています。
そして自分でも知らないうちに、気力(メンタルエナジー)を使ってしまい、
ストレスを抱えることになるのです。

暮しをシンプルにすると、
色々と生きやすくなるのは、このようにあれこれ迷う機会が減るからです。

洋服はもちろん、ガジェットなども多すぎると、
使い分けを考えたりしなければなりません。

持ち物は必要な分だけ持ち、
自分の定番を決めて生活を簡単にしておくほうがいいのです。

ずっとシンプルライフや断捨離が流行っていますが、
一方で、100円均一ショップや、アウトレットショップ、ファストファッションを扱う店で、
毎日大量の物が販売されています。

何も意識せずに暮していると、
日々、たくさんの選択をする羽目になります。

こういうシンプルで何も持たない暮しが流行る理由の1つに、
多すぎる選択肢の罠に囚われたくないという思いを、
多くの人が抱えているからではないかと感じます。

これからは、できるだけ、物とやることを減らして、
ミニマルな暮しに持っていったほうが、
より心穏やかで幸せな人生を送れるのではないかと
考える人が多いということなのでしょうね。

TEDで知った選択のパラドックスと幸福な人生の関係

選択のパラドックスと、それがどう人生の幸福につながるかを
知ることができましたか?

プレゼンテーションのポイントは以下の通り。

自由と選択肢
選択の悪影響
適度な不自由

ひとつずつ自分でも整理しながらまとめていきます。

選択のパラドックス 自由とは選択肢が増えること?

「自由ってなんだ?」という問いに対して、
昔からいろんなところで研究がされてきましたが、
バリー・シュワルツ氏が公式教義と呼ぶもの
(常識みたいなことでしょうか)は以下のようなものです。

人々の繁栄による幸せ=個人の自由が最大化されること
自由の最大化=選択肢が最大化すること

つまり、選択肢が増えることで、
自由度が増し、人は幸せになるということですね。

選択のパラドックス 選択肢の多さが生む3つの悪影響

ただし、選択肢が増えることが必ずしも幸せにつながるわけではない
という研究結果が最近増えている様です。

公式教義が違うのではないか!?
という疑問が生まれたわけです。

1.無力感が生まれる

あまりにも多くの選択肢を前にすると、人は選べなくなってしまい、
無力感を感じてしまうことがあるようです。

シーナ・アイエンガー教授のジャムの実験でも
明らかになってます(「選択の科学」より)。

「ジャムの法則」は、アイエンガー教授が、
ドレーガーズという高級スーパーマーケットを舞台に、
1995年に行った実験で、「豊富な選択肢は売り上げをあげる」
というお店の方針を実証しようとするものでした。

ところが、結果は逆、24種類のジャムを売り場に並べたときと、
6種類のジャムを売り場に並べたときでは、
前者は、後者の売り上げの10分の1しかなかったのです。

2.満足度が下がる

無力感を越えて決断をした場合でも、
選択肢が少ない場合と比べて、選択肢が増えれば増えるほど、
その選択への満足度が下がってしまうという悪影響もあるようです。

これは、選択しなかった別の選択肢の良い所を想像してしまい、
その分選んだ選択肢に対して不安・不満を持ってしまうこと(経済学的には機会費用と呼ぶ)と、
また、選んだ選択肢が完璧でなかった場合に、
選ばなかった選択肢の方がよかったのでは?と自分の決断を後悔してしまうことにつながるからです。

3.期待値が増えすぎる

2と似ていますが、3つ目の悪影響は、
選択肢が多いと期待値が増えすぎてしまうことです。
ひとつしか選択肢がない場合は期待も高まりませんが、
選択肢が多くなると、いろんな比較ができるために
良い選択肢の基準がかなり上がってしまうそうです。

選択肢が増えすぎると、良い意味での驚きが無くなるんでしょうね。

選択のパラドックス 適度な不自由が幸せを生む

結論としてバリー・シュワルツ氏が言っていたのは、
適度な不自由が幸せを生むということ。

要は、バランスが大事、ということですね。

選択肢は増えれば増えるほど良いと思って、
自身も選択肢を増やし、人にも増やすことができたらいいな、
と思って生きてきたので、結構考えさせられました。

選択のパラドックス 選択肢が多いとストレスになる

今の世の中には情報があふれています。
人はその情報の中から自分に有効な情報を選択していかなければなりません。
その選択をするというストレスは今後も増えていくでしょう。

人が一度に頭の中にとどめておくことができる数は7±2であると言われています。
つまり、5~9個の選択肢であれば頭の中で比較ができるわけです。

お客様に選択を促す場合には、
この数値の範囲内とすることでお客様の選択のストレスが解消されます。

事業は、お客様に対して自社の製品やサービスを提供することで成り立っています。
お客様により幸せになっていただくためにも、
自社の製品・サービスを絞り集中することも時には必要になってきます。

お客様のことを第一に考えて、
選択肢を絞って選んでもうらう、
というのが一番有効なのでしょうね。

選択のパラドックスは、決定理論のwikipediaにも載っている。

決定理論(けっていりろん、英: Decision theory)は、
個別の意思決定について価値、不確かさといった事柄を
数学的かつ統計的に確定し、
それによって「最善の意思決定」を導き出す理論。
意思決定理論とも。ゲーム理論へ応用されることが多い。

選択におけるパラドックス

よく見られるパラドックスは、選択肢が増えるほど間違った意思決定を
することが多くなるというものである。

その原因の理論付けとしては、分析麻痺や合理的無知といった概念がある。
Sheena S. Iyengar や Mark R. Lepper などの研究者が
この現象に関する研究を発表している[5]。
このような研究を一般に知らしめた著書として Barry Schwartz の The Paradox of Choice (2004) がある。

出典元:wikipedia

選択肢が増えて自由になると、

無力感を感じ、
満足度が下がる、
期待値が増え過ぎる、

という結果でしたね。

無力感を感じてしまうので、選択が多いというのも考えものです。

選択肢が多いと、他の選択肢の結果が気になって満足できなくなるのも考えものです。

選択肢が多いと、期待値が増え過ぎて、良い結果になっても驚きが無くなります。

結果、人生全部が自分の思うようにならない訳ですし、

自分が当時選択したものは、当時の自分が最良の決断をしたんだと

考えることが大事だと思うのです。

そのときの自分にとっては、

一番良いと思う判断をしてきて、

その結果の積み重ねが今なのですから、

それが最高の選択だったんだと思うほうが良いと思います。

過去に戻れたら・・・とか考えてもしょうがないですし、

当時の自分にとっては、ベストの選択だったんですから、

昔に戻っても同じ選択をしただろうと思って、

今が最高だと思うほうが、気持ちよく、

毎日を過ごせると思いませんか?

正直、あのときの選択は失敗だったかな、

と思うときはありますが、

現在も健康で生きていられているということは、

最低限のところ、思う様になってますからねw

来ると思っていた明日が、

変わりなくいつも通りやってくるのは、

思う様になっているのだと思って、

毎日コツコツやれることをやるだけです。

結局、人間の人生は、

産まれた瞬間から、

歩む人生をある程度決められているのではないか、

と思うんですよね。

今日も私は生かされています。

あなたも今回の人生で、

ネットから多くのお金を稼いで、

少しだけ選択肢を増やしてみませんか? (笑)

資金に余裕のある生活と自由な時間を手に入れましょう。

私が無料でサポートさせていただきます。

確実に稼ぐならアフィリエイトがおすすめです!

初期投資も僅かで、
大きく稼ぐことが出来るのがアフィリエイトです!

アフィリエイトの実践にあたって、
教科書がないと実践ができませんので、
優良な商材を紹介します。

senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!

ルレアプラスをこの記事から購入された場合、
senaが人数限定で無料サポートをさせていただきます^^

もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを
しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。

1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、
もっと単価が高くて効率的なASPの物販アフィリエイトを
実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。

ネットからの大きな収益を手にして、
自由な生活を一緒に手にしましょう♪

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

sena.

USPを知らないあなたは損してる! おさえておきたいアフィリエイトで使えるUSP!

こんにちは、senaです。

今日は、アフィリエイトの記事を書く際に、

考えなければならないUSPというものについて

記事を書いてみます。

USPってなに?

USPっていうのは、「Unique Selling Proposition」という言葉の略で、
“他社にはない独自の強み”のことを言います。

日本では「独自の売り」あるいは「独自の売りの提案」として
知られるマーケティング用語です。

「独自の売りの提案」を簡潔にまとめたフレーズで、
マーケティングコンセプトを端的にまとめたものです。

消費者の購入理由となる特徴的なベネフィットを表す
スローガンやメッセージその他の価値提案のことを言います。

Unique Selling Propositionを直訳すると、
「独自の販売条件」ということです。

日本では、独自の強みを伝えるメッセージと説明されています。

関係者と共有することでマーケティングの軸を
保つために利用されたりします。

USPの歴史

1940年代に成功した様々な広告キャンペーンを調査したところ、
ある共通するパターンが見つかりました。
このパターンをもとにロッサー・リーブスによって提唱された考え方が「USP」です。

「成功した広告キャンペーンの分析」から誕生したUSPですが、
そもそも始めからキャッチコピーと混同される運命にあったようです。
リーブス自身もUSPを活用して様々な広告キャンペーンを制作しましたが、
ほとんどの場合、USPは「キャッチコピー」という形で表現されていました。

USPは、キャッチコピーという認識でも間違いではない
ということですね。

USPの基準

リーブスは著書「Reality in Advertising」において、
USPの基準を3項目にまとめています。

広告は顧客への提案でなければならない
単なる言葉の羅列や宣伝文句ではなく「この商品を買えば、こういう利益を手にする」と伝えるべき。

その提案は独自のものであること
競合が同じ提案をできない、あるいはしないもの。

提案は強力であること
大衆を動かす力がある提案をする。

この3項目を見ると分かりますが、
USPの提唱者であるリーブス自身は
大規模な広告キャンペーンを念頭においています。

大衆を相手にした大規模な広告キャンペーンを行うにあたって、
必須の要素を「USP」として定義しています。

その後、USPというコンセプトは
特に中小企業向けの
マーケティングコンサルタントを通して普及していきますが、
そのなかでUSPはキャッチコピーそのものではなく、
USPはマーケティングのコンセプトであり、
キャッチコピーはUSPを元に表現されたもの、
という認識が広がりました。

もしキャッチコピー=USPであれば、USPという考えは必要ないですし、
キャッチコピーという言葉で拡がっていったはずです。

USPの例

USPの成功例としてよく挙げられるのが、
ドミノピザの「30分でお届けします」ですが、
実際のところはドミノピザ以外にも、
同様のサービスをしていたピザ宅配業者はあったそうです。

つまり「USPがある」ということが成功の理由ではなく、
広告キャンペーンにおいてUSPを訴求することにフォーカス
したことが成功の原因となったと言われています。

素晴らしいのはUSPがあることではなく、
徹底したマーケティング戦略だということですね。

ほかのUSPの例として書籍などでよく挙げられるものとしては、

Fedexの「絶対に、確実に、一晩で」
M&Mチョコレートの「お口で溶けて手で溶けない」

これらは実際に広告キャンペーンの
キャッチコピーとして使用されたものですが、
同時にマーケティングコンセプトを表現したものでもありました。

逆を言いいますと、キャッチコピーはマーケティングコンセプトから
ずれてはいけないということです。

現在でも、USPはキャッチコピーと混同されることが多いですが、
だからといって意味が無いということではありません。

むしろ、複雑化するマーケティング活動を、
混乱を起こさず一貫した軸を持って
ある指標に向かって進めていくためには必須のものと言えます。

とくに、マーケティング専任の担当を置くことが困難な状況だと、
社内にマーケティングコンセプトを浸透させるために
USPを活用することで効果を発揮します。

結局、USPってブランドの約束や保証の様なこと?

概ね間違ってはいないです。
実は、厳密な意味では微妙な違いはあっても、
実務上はUSPと大差ない言葉がマーケティングの世界には
色々あったりします。

ブランドプロミス
ブランドマントラ
ブランドコンセプト
製品コンセプト
マーケティングコンセプト
タグライン
POD:Point of difference
Unique Selling Point

などなど。

それぞれ、意味は違うのですが、
結局のところ「お客さまがあなたから買う理由」を
簡潔に定義した概念で、マーケティング活動の中で
軸として活用するものです。

これだけいろいろあるということは、
裏を返すと、マーケティングは軸がぶれやすい
ということが言えると思います。

自分のUSPはどうやって見つけたらいいの?

USPを作る目的は、効果的なマーケティングを行い
顧客に行動を起こさせることですね。

顧客に行動を起こさせるためには、
徹底的に顧客の視点に立ち
顧客にとって何が価値ある提案なのか、
ということを考え抜く必要があります。

顧客視点を忘れた経験に基づくだけの
コンセプトメイキングでは顧客の気持ちは理解出来ないですし、
顧客や市場の環境変化を見逃してしまいますので、
結果が出ません。

USPを打ち出す際に注意しなければならないこと

最初に注意してほしいのは、
USPとは「他社にない強み」ではない点です。

非常に誤解しやすいポイントなので、
よく例に使われるドミノピザで、
説明していきますね。

You get fresh, hot pizza delivered to your door in 30 minutes or less - or it’s free!

焼きたての熱いピザを、玄関まで30分以内に。それ以上待ったら、無料で構いません!

当時の宅配ピザでは、革新的なメッセージであり、
ドミノピザの成長はこのUSPの力が大きいと、
言われています。

このUSPが顧客から支持された理由は、
30分以内という明確な条件と、
30分以上待たせたら無料にするという決意表明です。

すなわち時間を守る点に強みを見出し、
それを力強く打ち出したことで、顧客の心を掴んだんですね。

強みを強調したメッセージですから、
USP=強みを作ると考えるのは、間違いではありません。

ただ日本語の強みは意味が広く、とても誤解しやすいです。

誤解しやすいのは、
強み=他社に出来ない独自のポイントと間違えて捉える点です。

30分以内に届けることが、競合他社に出来なかったかと言えば、
決してそうではありません。

宅配ピザであれば「すぐにお届けします!」と必ず宣伝します。
これはどこの競合でも同じです。

実際に他社でも似たようなUSPを打ち出していた
競合も居たそうですし、
他社も物理的に出来ないことではないですよね。

ただ30分という時間で具体性を出し、
無料という決意表明をしたことで、
独自の強みに高めたという訳です。

propositionとは、契約時の提案や条件という意味です。
ですので、他社が物理的に出来ることでも、
強い約束をすることで、競合優位性を築くことができた
ということです。

ここに、USPの本質があるわけです。

USPのマーケティング上の役割とは?

USPは、単なる競合優位性ではありません。
USPは競合優優位性を築く概念ですが、
単に競合優位だけを考えると、
本質を見間違えてしまうので注意が必要です。

マーケティングの基本フレームは3Cです。
それはUSPにも、当然、当てはまります。

自社(Company): 自社の理念、設立背景、製品ラインナップ。
顧客(Customer): 既存客、見込み客、今後の顧客。
競合(Competitor): 同業者、異業種、関連業種。

3Cの詳しい説明は省きますが、
マーケティング戦略を考える時は、
まずこの3つに分けて、戦略を考えることとなります。

USPは競合だけを考えて、作るものではないのです。
3C全てを考えて作るのがUSPであり、
3Cのバランスを欠いたUSPは機能しないので、
意味が無いと思ってください。

中でも重要なのは、どの顧客を対象にするか、
絞り込むことにあります。

顧客の絞込みこそ、考えの起点であり、
絞り込んだ顧客を軸に、
「自社」の環境と「競合」の状況を考えていきます。

USPの核心を言えば、
それは顧客の切り落としです。

ある顧客を切り落とすことによって、
残った顧客に対してだけ刺さる様な、
強烈なメッセージを作ることができるという訳です。

対象にするのは、絞り込んだこのようなお客だけです。
絞り込んだお客は、御社に真の意味で親近感(ロイヤリティー)を
感じることになります。

ドミノピザの例で言えば、時間を守ることに価値を見出す顧客に絞ったわけです。
言い換えれば、ドミノピザは「旨い!」という味を重視する顧客は、
切り落としているという訳です。

マーケティングには、4Pというフレームもあります。

製品(Products): どんな製品を企画するか?
価格(Price): どのような価格帯を選ぶか?
流通(Place): 製品をどのような流通ルートで届けるか?
販促(Promotion): どのように販売促進するか?

この中で、USPが最も役立つのは、販促(Promotion)
販促活動なんです。

名刺、Webサイト、チラシに始まり、
プロモーション動画、告知活動など、
全てのメッセージは、USPを軸に組み立てます。
USPがある場合には、これらを素早く、作成することが出来ます。

ただ、製品、価格、流通ルートを無視して良いわけではありません。
バラバラに考えても、一貫性がなければメッセージは訴求力を持ちませんので。

自社の製品群にマッチしているか?
価格帯にマッチしているか?
流通ルートにマッチしているか?

こういう点にも、配慮する必要はあります。
USPのマーケティング上の役割をまとめると、
このような感じになります。

USPは競合優位を生み出す、強烈なメッセージですが、
マーケティング環境を総合的に考えた上で、
作成される必用があります。

特に気をつけてほしいのは、
強烈なメッセージに仕上げるには、
絞込みが必要だということです。

競合優位だけで考えても絞込みは不可能です。
なぜなら「絞込み=切り落とし」である以上、
総合的な検討を経ない限り、顧客を切り落とす
勇気や決断が得られないからです。

USP作成の注意点は?

起業時の場合。

起業であれば、ゼロからのスタートですから、
何かを切り落とすことに躊躇うことはないでしょう。
ただしUSPは事業の推進軸になりますから、
ここで記述した点を踏まえ、十分な時間をかけて
検討する必要があります。

起業家なら考えるポイントは、自分のキャリアです。
ゼロからのスタートと言っても、決してゼロではありません。
自分の生き方や個性なども、強みになってきます。
自分の人生をたな卸ししながら、マーケティング視点で考えてください。

ビジネスが回っている場合。

ビジネスが回っている場合は、顧客の絞込みに躊躇ってしまいますね。
これは当然の話で、誰でも起きる躊躇いですから、
まずは当然のことだと受け入れてください。
決して「えい、これで決めてしまえ!」と、
投げやりにやらないようにしてくださいね。
絶対に長続きしない結果になりますので。

最初にすべきは、顧客をしっかり分類することです。
お客さんの中には、良いお客もいれば、悪いお客もいます。
正直に自分と向き合い、お客を分類してください。

嫌なお客を切り落とすことで、USPが出来ないか?
まずここから考えましょう。

その上で良いお客を実際に訪問して、
なぜ当社と、付き合っているのか?
この理由を聞いてください。

USPを上手く作れない人は、
ここで手を抜いています。

自分の頭の中だけで、
言葉遊びをしている場合が多いので
結果が出ない訳です。

自分のことを自分で客観視するのは、非常に困難ですからね。
ある程度までは、誰でも分かりますが、
最後の「これで決めよう!」という決断が出来ません。

これに対して第3者視点が加わると、
「やっぱり、この点か!」という確信が得られます。
決して何か素晴らしいポイントを、求めるわけではありません。
確信を得るために、お客に聞くと思ってください。

作ったUSPが、しっくり来ない場合。

しっくり来ない場合は、まずこれまでの説明を
きちんと踏まえているか、確認してみましょう。

USPは言葉そのものより、作成過程に価値があります。
多面的に検討することが、USPへの自信と確信になります。

何か奇をてらったことを、考えすぎていても、
どこかに無理があれば、しっくり来なくて当然です。

お客にも聞いてみた。
多面的に検討した。
別に奇をてらったわけでもない。

全て該当しないのであれば、
しっくり来ないのは杞憂と見るべきでしょう。
USPはマーケティング上のメリットだけでなく、
自社の行動指針として大きな価値を持ちます。

USPに自社の行動を合わせることで、
時間をかけて馴染ませてください。

USPだけでは、単なる言葉遊びに過ぎません。
実務の継続的な裏づけがあってこそ、
USPは真の輝きを放ってきます。

一瞬で魅力を伝えるUSPの作り方

この記事を読まれている方の多くは、
USPってなに?どう作るの?という疑問を持たれていると思います。

USP(ユニーク・セリング・プロポジション)。
最近、コンサルタントの中にも
「USPを作りましょう」と唱える人が多くなりました。

それほどUSPは、非常に魅力的なメッセージが作れるようになります。

USPを作る前に

USPは、自社のためにあるのではなく、お客様のためにあります。
ターゲットとしているお客様に、魅力的なキャッチコピーだと
思ってもらわなくてはいけません。

そのためにも、まずは自社のターゲット客はどんな客層なのか、
どんなことを欲しているのかを明確にすることです。

これはとても重要なことで、おそらく商品によっては、
いくつもの特徴や強みがあると思います。

USPで全てを伝えることはできません。
ターゲットとしているお客様が魅力的だと思う特徴や強み、
そしてメリットを伝えれば、それで十分なんです。
全ての特徴や強みを伝える必要はないのです。

お客様のことを考えずに作るUSPは、
ただの独りよがりなキャッチコピーなんです。

まずは、ここをしっかりと抑えて、USP作りに励んでください。

言葉を訳していくとUSPの作り方が見えてくる

まずは、USPの定義を確認しておきましょう。
このUSP、言葉を分解して1つずつ確認していくと、
どのような定義が良いのか、どう作ったら良いのかが見えてきます。

U・・・ユニーク→独自→特徴
S・・・セリング→売り→強み
P・・・プロポジション→提案→メリット

つまり、

他社にはない特徴と自慢できる強み。それらから得られるメリット

ということになります。
これを言葉に書き起こしたものがUSPなんですね。

そうすると、USPの作り方も見えてきませんか?
USPとは「特徴+強み+メリット」をキャッチコピーにして
書き起こしたものだったんです。

USPの具体的な成功事例を分析

どうしても、言葉の定義だけだとわかりにくいので、
具体例をご紹介します。
それにより、USPがどういったものなのか、より体感的に理解していただけると思います。

まずは、名USPで有名なドミノピザを
例に挙げます。

事例1 ドミノピザ

熱々でジューシーな美味しいピザをお宅まで30分以内にお届けします。
間に合わなければ、代金は頂きません。

特徴・・・間に合わなければ代金は頂きません
強み・・・30分以内でお届けします
メリット・・・熱々でジューシーなピザ

このUSPは話が一貫しているのが素晴らしいところです。
30分以内を約束することで、熱々でジューシーなピザが
届くことが約束されます。

30分以内に届くのですから、熱々なのは当然ですね。
熱々のほうが美味しいですしね。

そして、その約束が果たされなかった場合、代金は頂かないということ。
遅れるということは、熱々でなくなり、美味しくもなくなるからです。
話がすべて繋がっていますね。

特徴、強み、メリットが短文で関連付けされているのは見事だと言えます。

このフレーズは、現在は使われていないものですが、
一度は耳にしたことがあるフレーズだと思います。

当時、既に30分以内にピザを届ける宅配業者は存在していましたが、
明確に「30分以内にお届け」と謳ったのはドミノピザが初めてでした。

このメッセージが、ピザの到着時間に対して不満をもつ
多くの顧客の心を捉え、ピザ宅配業界のトップの地位を築きあげたのです。

次に、書籍「御社の『売り』を小学5年生に15秒で説明できますか?」(著者 松本賢一)から
成功事例を引用して、例に挙げてみます。

事例2 はるだけ.com

耳つぼダイエットなら耳つぼスリム。
貼るだけのダイエットでリバウンドなし3kg痩せた実績。
耳つぼを刺激し、食欲を抑えます。
効果は半永久的・しかも全額返金保証。
7秒で成功する最後のダイエット。

特徴・・・耳つぼに貼るだけで食欲を抑える
強み・・・7秒で成功する。半永久的
メリット・・・リバウンドなしで3kg痩せる

どうでしょうか。3つの要素が入っていますよね。
強みに具体的な数字が入っているのも、グッドですね!

事例3 アドベンテル自然派くらぶ

30年以上愛用されている天然パパイヤ酵素で
健康な美肌・美白作りに。
安心・安全の無添加化粧品

特徴・・・天然パパイヤの酵素。安心・安全の無添加化粧品
強み・・・30年以上愛用されている
メリット・・・健康な美肌美白作り

これも強みに数字が入っています。
数字があるだけで、真実味や歴史を感じさせてくれます。

事例4 M&M’s

お口でとろけて、手でとけないチョコレート

M&Msのチョコレートは、手や服を汚さず、
安心して食べられるということを、
このUSPを使ってうまく伝えることで、
とくに小さな子をもつお母さん方に広く受け入れられたそうです。
ちなみに、このチョコレートは、
日本のマーブルチョコレートのように、
砂糖菓子でコーディングされていて、
手ではとけないようになっています。

このキャッチコピーがUSPの最初だと言われています。
元々M&Msは、アメリカ陸軍兵士の
「口の中で溶けて、手に溶けないチョコレートを開発してほしい」
という要望から開発されたものです。
砂糖菓子でチョコレートがコーティングされているため、
夏場でもチョコレートが溶けたりせず、
手を汚さずに食べられるのが特徴となっています。

この分かりやすいフレーズは、
母親たちの共感を得ることに成功し、
子供たちからも熱い支持を受けるようになりました。

事例5 ダイソン

吸引力が変わらない、ただ一つの掃除機

紙パックを使用しないため、
パックやフィルタの目詰りによる吸引力低下が起きない、
といった商品の特徴を、明確なUSPとして表現することで、
世界的な大ヒット商品となりましたね。

事例6 ファブリーズ

手軽に消臭除菌、ファブリーズしよう

TVのCMを上手く活用し、簡単に洗えないものを
手軽に消臭除菌できるというUSPを
全面に打ち出し大ヒットとなり、
ファブリーズしよう(=消臭除菌)という
言葉まで生み出しました。

事例7 ジョンソン

調理用油をかんたんに処理、固めるテンプル

天ぷら油を固めてプルプル状にするという、
商品そのもの特性をUSPにした例。
このUSPをわかりやすくCMとして流し、
日本中に商品が一気に広まりました。

事例8 芦屋コリアンダイニング凜花

味に厳しい芦屋人(あしやびと)が認めた凜花の黒毛和牛

兵庫県芦屋市の焼肉店、芦屋コリアンダイニング凜花が打ち出したUSP。
他店との差別化を考え、うまくこのUSPを打ち出すことで、
地元のポータルサイト2部門で1位を獲得するなど、
うまく売上アップにつなげた事例です。

USPは言わば、特徴、強み、メリットをギュッと凝縮した
キャッチコピーです。

そのため口頭で15秒以内に伝えられるのが好ましいです。
なぜ15秒かというと、電話セールスの統計で、
15秒を過ぎると切られる率が高まる、というデータが出ているから。
何にしても、短いに越したことはありません。
文字であれば、150文字以内が好ましいでしょう。

USPを作るための質問

この雛型の文章を使えば、

穴埋めをするだけで、
あなたに合ったUSPが作れるようになります。

「この○○(商品名)には、○○という特徴と○○という強みがあります。
そのためあなたは、○○というメリットを得ることができます」。

これでUSPが出来るはずです。
一言二言、実績や根拠などを加えても構いません。

後は、綺麗な文章にするための編集ですね。
編集の仕方は、会社ごとで違うので決まった方法論はありません。
スムーズに伝わる文章に直していきましょう。

USPは漠然と考えていても、なかなか思いつきませんね。
ですので、こういう思考のフックとなる雛型の様なものがあると、
アイデアは出やすくなると思いますので、
ぜひ、独自のUSPを作成して売上を伸ばしてくださいね^^

マーケティング用語USPの逸話

USPの例としては、ドミノピザの

ホットでフレッシュなピザを30分以内にお届けします。
もし、30分以上かかったら、ピザの料金はいただきません。

これが最も有名ですよね。

当時、ドミノピザ以外にも、30以内にピザ届けるお店はあったそうですが、
お客様に対する約束としてこのUSPを宣言し、
一気に宅配ピザ業界でトップの地位に上り詰めました。

この様に、うまくUSPを活用することで
一気に売上をのばすことが可能です。

ただ、USPは、独自の売りや競争優位性など、
微妙に違ったニュアンスで伝えられ、
少しわかりにくく誤解されていることもあるようです。

USPとはなにか?USPの条件とは?

そもそもUPSとは?

UPSとは何か敢えて分かりやすく言うなら、

消費者に対する独自の強力な提案

ということになるでしょう。

USPは今からおよそ50年ほど前に、
ロッサー・リーブスというコピーライターによって発見されました。

その後、ダン・ケネディやジェイ・エイブラハムといった、
色々なマーケッター達によって、世の中に広まっていきました。

USPを広めるときに、マーケッターが
自分のコンサルティングや教材を売るために、
例えば、USPがない企業は潰れるといって広めたこともあり、
USPは必ず必要なものといった誤解を招いているケースも多いです。

USPであるための条件とは?

USPを発見したロッサー・リーブスは、USPの条件を次のように定めています。

(1)消費者に対しての提案
単なる言葉や広告ではなく「この製品を買えば、この利益が手に入ります」といった提案

(2)独自のものである
競争相手が示せない、もしくは示さないものでなければならない

(3)強力・強烈な提案
数百万の人々を動かせるほど強力でなければならない

USPを正しく定義すれば、
この条件に当てはまるものがUSPということになります。

あなたが普段買っている商品の中に、
このような「消費者に対する独自の強力な提案」を備えたものは、
いくつくらいありそうですか?
おそらく、そんなにたくさんは思いつかないと思います。

このようにUSPは必ず必要なものではなく、
もし素晴らしいUSPを思いついたとしても、
ドミノピザのように、30分以内にピザを届ける仕組みを、
新しく社内に取り入れるのはなかなか大変です。

あくまでUSPは、ライバル商品との差別化を狙い、
商品を一気に世の中に広めるための、
有効な手段の一つだと覚えておくと良いです。

USPを作る前に知っておくべき3つのポイント

この章では、USPを作る前に知っておくべき、
大切な3つのポイントについて解説します。

(1)USPは独自のものでなくてもよい
(2)あなたのビジネスにあったUSPを見つけよう
(3)USPから新たなサービスが生まれることも

USPは独自なものでなくてもよい

カビキラーや固めるテンプルのように、
消費者ニーズを調査した上で、
最初からUSPを備えた商品を開発するケースも
多くみられますが、USPは必ずしも独自のもので
なくても構いません。

先ほどご紹介したファブリーズのような
消臭除菌スプレーは、世の中にたくさん売られていますが、
ファブリーズの場合、他社より先にUSPを全面に打ち出したTVCMで、
一気に世の中に広まりました。

このように、たとえ競争相手の商品が
既に持っているUSPであったとしても、
先に世の中に広めることで、
大成功に繋がると言ったケースも多く見られます。

あなたのビジネスにあったUSPを見つけよう

あなたのビジネスにあったUSPを考えるために、
まずあなたの会社が、次の3つのどれに近いか
考えてみてください。

(1)業務のプロセスを効率化して、悪くない商品を安く販売する
  例:ファミレスのイメージ。それなりの商品を安く販売

(2)高水準・高品質の商品を提供する
  例:高級料亭のイメージ。最高級素材を使った美味しい料理を高い値段で販売

(3)顧客との親密な関係で、顧客のニーズに徹底的に応える
  例:近所の小さなレストランのイメージ。地元の常連客に愛されている

※出典元:『ナンバーワン企業の法則』 M. トレーシー (著)より一部引用

USPと一言で言っても、それぞれ(1)~(3)のどれに近いかによって、
全然違ってきます。

あなたのビジネスにあったUSPは、
どのようなイメージに近いでしょうか?

あなたの今後のビジネスの戦略にも
大きく関わってくると思いますので、
じっくり考えてみてください。

(3)の場合は、USPと呼べないことがほとんどです。
なぜならば、USPの3つ目の条件である「数百万の人々を動かせるほど強力」に
当てはまらないからです。

もちろん、無理に当てはめる必要はありませんし、
取るべき戦略も違います。

(3)の場合は、無理にUSPを打ち出すよりも、
より常連客が足を運びたくなるような、
工夫をした方が良かったりしますね。
このように、あなたの会社に合わせて考えてみてください。

USPから新たなサービスが生まれることもある

USPを考えていくことで、
新たなサービスが生まれることも少なくありません。

例えば、ドミノピザの

30分以内にお届けします。もし、30分以上かかったら、ピザの料金はいただきません。

なども、まさにその例です。

また、今となってはおなじみのクロネコヤマトの宅急便も、
当時は革新的なサービス・USPとして
「翌日配送、地域均一料金」を謳い文句に、
一気に世の中に広まっていきました。

このように、USPは企業全体の戦略にも大きく関わってきます。
場合によっては、新たなサービスの提供も視野に入れて、
USPを考える必要もあります。

USPの作り方はどうやるのか

具体的なUSPの作り方について解説します。

(1)まずは商品の「売り」を洗い出そう
(2)USPをメッセージとして組み立てよう
(3)できあがったUSPをチェックしよう

まずは商品の「売り」を洗い出そう

まずは、商品の売りの洗い出しです。
商品の特徴や、商品がもたらすメリットはもちろん、
商品に含まれる成分や素材、
またそれ以外にも、会社の歴史などを遡り、
色々なアイデアを出してみてください。

会社の歴史をUSPに使った例としては、
リーバイスが有名で

世界で最初のジーンズメーカー

をUSPに採用しました。

さすがに、世界で最初は無理でも
「地元で最初」や「60年の実績」などと言ったフレーズは
使えそうですよね。

また、自分たちだけでのアイデア出しに留まらず、
ぜひお客様の声や、現場の販売員や営業さんが使っているセールストークなども、
参考にしてください。

特に現場の声はとても大切で、
大きなヒットを生むヒントが隠されていることも珍しくありません。

ぜひ、最初は色々なアイデアを集めてみましょう。

USPをメッセージとして組み立てよう

次は、出てきたアイデアを元に、
USPをお客様に伝える強烈なメッセージとして、
組み立てていきましょう。

明太子で有名な幻の工房とくやでは、
明太子を売り出すためのUSPとして次のようなアイデアを出したそうです。

100%北海道産原料
昭和時代の昔ながらの明太子作り
昆布だしを隠し味として使用した、天然水100%の自家製タレ
老舗「ふくや」で長年働いていた櫻井店主の確かな味覚

などなど。

最初はこれらのアイデアを元にUSPを考えていましたが、
いまいちしっくり来なかったそうで、
その後、ヒントとなったのがお客様の声でした。

当初から「この明太子はよくご飯にあうんだよ~」と言われていて、
それをヒントに、

ご飯おかわり! と云わせてしまう幻の工房の明太子

を全面に打ち出し、
楽天市場で1位を取るなどの大ヒットにつながりました。

ちなみに、この事例は
『御社の「売り」を小学5年生に15秒で説明できますか?』松本賢一著
で紹介されていますが、実際にはUSPというよりもキャッチコピーに近いです。

わかりやすい事例なので、取り上げましたが、
このようにUSPとキャッチコピーが曖昧にに扱われていることも多いです。

ただ、売上を増やすという意味では、
あまりこだわる必要はなく、
こちらの本そのものは、事例が豊富で参考になりますので、
さらに深く知りたければお読みいただくと参考になります。

『御社の「売り」を小学5年生に15秒で説明できますか?』
 松本 賢一 (著)

↑ご購入はこちらからできます。

できあがったUSPをチェックしよう

無事USPが絞り込めてきたら、以下のチェックしてみてください。

そもそもUSP以前に、ホームページやチラシが見られていない
などといった問題を解決する必要があるケースも多いため、
チェックリストに加えてあります。

ぜひ、しっかりとチェックして売上アップにつなげてください。

(1)USPの前に、そもそも顧客が欲しがる商品ですか?
(2)顧客が欲しがるユニークさになっていますか?
(3)提案ではなく、ただのユニークなだけではありませんか?
(4)そのUSPが真実っぽく、顧客の目に映っていますか?
(5)そもそも、ホームページやチラシが見られていますか?
(6)商圏や顧客を絞りすぎていませんか?
(7)価格など、USP以外のところで対象外にされていませんか?

USPに頼りすぎるな

色々な事例などふまえて、USPについてご紹介してきましたが、
そもそもUSPは、必ず必要なものではありません。
あなたの商品にライバルがいなければ、
お客様はあなたの商品を買うしかないため、USPで差別化する必要はないです。

市場を独占している企業が業界にいない場合は、
いかに早く世の中にあなたの商品を広めていくか、
その戦略の方がよほど大切になってきます。

また、ホームページやチラシを見直したり、
新たな広告戦略をした方が、売上アップにつながるといっ
たケースも多く見受けられます。

是非、あなたの会社の状況に応じた、
戦略の中のひとつの手段として、上手くUSPを活用してください。

ビジネス成功への近道?USPとは

多くの競合が存在するマーケットにおいて、
きらりと光る何かをアピールすることができれば、
それが顧客の目に留まり、ファンを作り、
その声がメディアを通して広がり、
やがて多くの顧客からの支持へとつながります。

USPは、企業が収益を上げていく上で
非常に重要なカギとなるものです。

USPをさらに別の良い方をすると、
自分だけが約束できる価値の提案とも言えます。

USPの重要性

先に述べたように、競合が真似できない自分だけの価値を
提案することができれば、多くの競合の中で
際立った存在になることができます。

そうすることで、顧客の目に留まりやすくなり、
多くの顧客があなたのサイトに訪れるようになります。

そこから、熱狂的なファンが生まれ、
彼らがその価値を広めてくれるのです。

そのためには、

なぜ、あなたから買うべきなのか?
なぜ、無数に存在するブログの中からあなたのブログを読むべきなのか?

といった質問に即座に答えられるようにしておかなければなりません。
それは、つまりあなたのビジネスの独自性であり売りとも言えるものです。
これを顧客に訴えていくことがUSPです。

小さな企業であればあるほど、数多くの競合企業を出し抜いて、
No.1になることは困難なことです。

価格や品質で真っ向から勝負することはできないし、
広告・宣伝にコストをかけることもできません。

いかにして、効率よく顧客をひきつけ、
説得するかが重要となります。

つまり、マーケティングに重要なのは、

No.1であることではなくユニークであること

となります。

どのようにして、USPを決めたらいいのか?

USPは、概念としては非常に単純で明快なものですが、
自分のビジネスのUSPを決めるとなると、
頭を悩ませてしまいますね。

そこで、USPを決める4つのコツを以下にご紹介します。

・ユニークな個性であること

これは、非常に基本的であり最も重要なことです。
とにかく、ユニークである必要があります。
他の人が簡単に真似できる価値であっては、
USPとはなり得ないからです。

「他の人には真似できない」
「自分にしかできない」

個性にフォーカスし、追求していくことで自ずとUSPは決まってきます。

・複数の考えを掛け合わせること

1つの考えに固執せずに、複数の考えを掛け合わせることで、
新たな価値が生まれることがあります。
例えばグルーポンは、共同購入という考えと
ソーシャルWebサイトという考えが掛け合わされて
生まれた新たな価値であると言えます。

・ニッチな市場をターゲットとし、ニッチ分野での専門性を売りにすること

狭い市場の中で、専門性を活かすことがUSPになります。

例えば、あなたがWebデザイナーだったとして、
配管工専門のWebデザイナーになるとか、

あなたがWebマーケティングの専門家だったとして、
歯医者専門のWebマーケティングの専門家になるなどです。

恐らく、配管工がWebサイトを立ち上げようとしたとき、
歯医者がWebでビジネスを開始しようとしたとき、
その道の専門家に声をかけたくなるでしょう。

・全員に喜ばれようとしないこと

全ての顧客に喜ばれる価値を追求すると、
結局は全ての顧客に喜ばれないものとなってしまいます。

全ての顧客に喜ばれる商品やサービスを追求すると、
結果として標準的でつまらないものとなってしまいます。

自分が提供するユニークな価値を求める
一部の顧客を喜ばせることが重要です。

一部の顧客と強い結びつきを築きあげることで、
より早いスピードでその影響力を広めることができるからです。

USPについての総括

ここまで、USPの重要性を事例を取り上げながら述べてきました。
確かにUSPなしに成功することは可能です。

しかし、USPを決めることが、成功への近道であることは確かだと言えます。
USPを決めて、それを着実に実行していくことで、
マーケティングの効果や商品・サービスの影響力が高まり、
その結果、早くゴールにたどり着くことができるからです。

USPは言うなれば、あなたのビジネスのアイデンティティとも言えるものです。
しかしながら、USPを決めることに足踏みしている必要はありません。

ビジネスを進めながら、じっくりと磨きをかけていけば良いのです。
あなたが何者で他の人にはできない何が提供できるのか?

その答えが見えれば、成功に一歩近づいたと言えます。

これは、最近ネットビジネスが有名になってきて、
過去に例を見ないぐらい稼ぎにくくなってきた
飽和を迎えている現在のアフィリエイト業界でも、
かなり使えることです。

飽和と言っても、まだまだ稼げるんですが、
稼げている人と、稼げていない人の2極化が進んでいます。

確かに、昔と比べて稼ぎにくくなりました。
でも稼いでいる人は、ライバルを上手く掻き分けて、
自分だけの市場で自分だけのお客さんを作り出し、
上手にネット上で商売をし、
継続安定して収益を上げ続けて居ます。

この違いは、なんだと思いますか?

まさに、これがUSPを上手に使えているかどうかの
違いだったりするんですよね。

稼いでいる人は、
そういうちょっとした違いを
心掛けているのです。

あなたもネットで稼いで、
資金に余裕のある生活と自由な時間を手に入れましょう。

私が無料でサポートさせていただきます。

確実に稼ぐならアフィリエイトがおすすめです!

初期投資も僅かで、
大きく稼ぐことが出来るのがアフィリエイトです!

アフィリエイトの実践にあたって、
教科書がないと実践ができませんので、
優良な商材を紹介します。

senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!

ルレアプラスをこの記事から購入された場合、
senaが人数限定で無料サポートをさせていただきます^^

もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを
しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。

1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、
もっと単価が高くて効率的なASPの物販アフィリエイトを
実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。

ネットからの大きな収益を手にして、
自由な生活を一緒に手にしましょう♪

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

sena.

ルレアプラスはいいものだよ。多分最高のものだ。いいものは決して滅びない。

こんにちは、senaです。

今日はこの商材について、

書いていこうと思います。

ルレアプレス

ルレアプラスってどうなの?

ルレアプレスは、以前

ルレアとして、2013年にインフォトップ殿堂入りを

果たした大ヒットの情報商材です。

物販アフィリエイトの王道教材でした。

2015年には最新のノウハウもプラスした「LUREA plus(ルレアプラス)」
として大幅にバージョンアップがされました。

この商材の評価は高く、初心者から経験者まで、
多くのアフィリエイターがルレアプラスのノウハウで
実績を上げていますよ。

私もルレアプラスのやり方を実践して、
アフィリエイトで収入を得ています!

ルレアプラスの知識がないと、アフィリエイトでは稼げないです

ルレアプラスはアフィリエイトの基本を押さえた教科書です。

初めてブログを作る段階から自動収入で独立できる段階まで、

アフィリエイトのあらゆる知識が網羅されています。

あなたは

「アフィリエイトを始めたけど、全く稼げない!」

と、行き詰まって悩んでいませんか?

本や無料のネットの情報でアフィリエイトの実践を

始めた人は、必ず壁にぶち当たります。

僕自身もそうでした・・・。

ですが、そんななかなか稼げない状態を脱することができたのが、

このルレアプレスでした。

ルレアプラスを知識を習得した今、

改めて当時を振り返ると、

自分が稼げなかった理由がよく分かります。

ルレアプラスの情報で自分の何が間違っているのかが明確になる

上手く行ってないときは、

自分で何が間違っているのかが、

分かっていないので、

改善のしようが無いんですよね。

取り組む心構えのマインドがダメだったり、

自己流でブログやサイトを構築していたり、

SEOやライティング、デザインなどの

本質が分かっていなかったり、

改善しなければならないポイントは、

山ほどある訳です。

土台となる基礎ができていないのに、

自己流で突っ走ってたって、

そりゃー、結果は出ませんw

そんなことしてたら、

例え結果が出たとしても、

ムラが出ますからね。

ビジネスはセンス云々ではなく、

やっぱり、きちんとした

やり方があるんですよね。

そのやり方に沿って、

実践出来ている人は、

やっぱり結果が出るんです。

アフィリエイトの基礎的な質問をしてみます。

これが答えられない人は、

アフィリエイトでは稼げないですよ。

質問

・アフィリリンクはどこに配置したらいいの?

・サテライトサイトからの被リンクは貼ったほうがいいの?

・中古メインや日本語ドメインを使った方がいいの?

・初心者が最初に狙うべき複合キーワードはどうやって決めるの?

・ブログの記事更新は毎日しなくちゃいけないの?

どうですか?

これに即答できるぐらいでないと、

アフィリエイトではまともに稼げません。

答えられなくても安心してください。

ルレアプラスにはアフィリエイトの

大事な本質や答えが

ぎっしり詰まっています。

ルレアプラスを実践すると、

これぐらいはすぐに答えられる力が身につきますよ。

初心者でもプロのレベルの知識量まで

引き上げてくれるのが、ルレアプラスです。

ルレアプラスの内容は?

ルレアプラスの内容は、
「ショートレンジ」「ミドルレンジ」「ロングレンジ」
の3つで構成されています。

ショートレンジは初心者向けです。

無料ブログで5記事程度のブログを量産して、
アフィリエイトは稼げるという実感を得る段階です。

目標金額は、0~5万円ぐらいですね。

ミドルレンジは中級者向けです。

10~30記事程度の1つのテーマに特化した
特化型サイトを作って安定した収益を目指します。

目標金額は、5万~20万円ぐらいです。

ロングレンジは上級者向けです。

ワードプレスで100記事以上のパワーブログを作って、
ライバルを寄せ付けない資産ブログを作るステージです。

目標金額は、20万~100万円以上です。

初心者なら、ショートレンジから始めてください。

経験者はミドルレンジからです。

レベルに合わせてどこからでも始められるので、
経験値を積んでも長く勉強できる、
とても優良な商材となってます。

応用してこれらを組み合わせるクロスレンジという
収益を倍化するステージまで用意されていますよ!^^

このルレアプラスだけ手にすれば、

他にノウハウを探し回る必要もありません!

月収100万円まで「王道」の手法で、

あなたをスーパーアフィリエイターまで、

導いてくれますよ^^

ルレアプラスのデメリット

物販アフィリエイトの教材でナンバー1とも言える、

ルレアプラスですが、良いことばっかり言ってても、

信用できないかもしれませんので、

敢えて、デメリットも上げてみようかと思います。

ルレアプラスのデメリットとは?

ルレアプラスのデメリットとは、

全くの初心者が始めるには、

ブログを量産しなきゃいけないということですね。

経験者の方であれば、

ミドルレンジやロングレンジから

始めてもらっても、全然構いません。

少しでもアフィリエイトをかじった人なら、

その方が早いと思います。

ただ、ショートレンジから入ろうとする、

全くの初心者のだと、どうしても

無料ブログの量産をしないといけないんですよね~。

ここが、ルレアの欠点ですね!

量産するのはルレアのノウハウのほんの一部です。

量産は売れる商品を見つけ出すのが目的ですので、

初心者がアフィリエイトに慣れるために、

必要な作業だったりします。

作ったブログは被リンク用の

サテライトブログになるので、

無駄にはならないかもしれませんが・・・、

何個もブログを量産するのは

イヤですよねー。

気持ちは痛いほど分かります。

私も昔通ってきた道のりですので^^;

現在は、一切量産はしなくなりました。

量産しなくても、市場を見極めて、

実績を上げるやり方が明確になったからです。

量産しない効率の良い方法で、

ルレアプラスを使った実践方法を、

サポートでお付けしています。

人数限定ではありますが。

決してブラックな手法ではありません。

ライバルが増えてしまいますので、

誰にも教えたくない手法ですが、

私から買っていただいた方には、

結果を出していただかないといけません。

ネットビジネス業界によく居る

自分だけ儲かれば良い人という、

無責任な詐欺師にはなりたくありませんので、

こちらも真剣です。

購入者の特典としてサポートをお付けします。

ここまで成長してきた私のノウハウを、

可能な限り伝授させていただきますよ!

アフィリエイトに必要な範囲のデザインの質問もok!

私は、アフィリエイトに必要な範囲の

HTMLやCSSは理解しているので、

技術的な質問もOKです!

現役でプレイしている物販アフィリエイターだから生の情報を伝えられます!

ルレアプラスの販売者には、

情報商材を売ることだけを目的にした

情報商材アフィリエイターが多いですね。

こういう人は、物販アフィリエイトで

実績を上げていないため、

的確なアドバイスができないです。

ルレアプラスは、

物販アフィリエイトの教材なので、

サポートを受けるのであれば、

物販アフィリエイトで、

きちんと実績を上げている人を、

選んだほうが良いんです。

ルレアプレスで報酬が跳ね上がり起業しました。

独学でなかなか成果が上がらなかった状況が、

ずっと続いていた私ですが、

独立開業できるまでに稼げるようになった、

教材がルレアプラスでした。

ルレアプレスで自由な生活を手に入れてください。

想像してみてください。

半年後や1年後には好きなことで、

家から1歩も出ず、

誰にも縛られず、

パソコンのみで、

会社員以上のお金を

稼ぎ出して、

リッチで優雅な生活している自分を・・・。

今まで高くて、手が出せなかった

高級車にも乗れるようになります。

ブランド品の高級バッグも

買えちゃいます。

高級ブランドのジュエリーも

手にできます。

親孝行できます。

金銭面での悩みが解決すれば、

他のことに力を注げるようになりますよ。

あなたが諦めた夢だって、叶えることが

できるかもしれませんね!

私からご購入いただいた方には、

誠心誠意サポートさせていただきます。

初めてこういった教材を買うときは不安ですよね?

僕も最初は随分悩みました。

情報商材ってだけでも、

世間にまだ浸透していないんですが、

稼げる系の情報商材となると、

もっと胡散臭い感じになります^^;

ですので、初めて買う人の気持ちは、

すごくよく分かります。

時代は確実に変わっているのです。

テレビの時代が終わり、

人々はネットを見ている時間のほうが

多くなりました。

そこで商売をすれば、儲かる

というのは明白ですよね。

購入前に質問などあれば、なんでも聞いてくだあい。

あなたも時代の潮流に乗りましょう。

確実に稼ぐならルレアプラスがおすすめです!

アフィリエイトの実践にあたって、

教科書がないと実践ができません。

senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!

ルレアプラスをこの記事から購入された場合、

senaが人数限定で無料サポートをさせていただきます^^

もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを

しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。

1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、

もっと単価が高くて効率的なASPアフィリエイトを

実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

sena.

飽和してて結果が出ません!初心者はどんなジャンルでアフィリエイトしたらいいの?

こんにちは、senaです。

無料ブログで、記事を

更新しても更新しても

全然成果が上がらない!

なんだ全然稼げないじゃん!

あなたは、そんな状態に陥ってませんか?

今日はそんなあなたに向けた記事を書いていきます。

アフィリエイトで結果が出せていない人には、

きっと、お役に立てる記事になっていると思いますよ!^^

初心者はどんなジャンルでアフィリエイトをしていったらいいの?

アフィリエイト実践者が稼げない原因の1つに、

市場の飽和があります。

強いライバルが居る中で、

検索結果の1位を目指しても、

そのライバルより質の良いサイトを

提供できないと、

あなたのページはそのライバルより

上位表示はされない訳です。

お金稼ぐ系や、

ヘアケアなどの美容系は、

王道ジャンルで、

アフィリエイト実践者も多く、

競合必至な市場です。

ネットの世界は、現実のリアルな世界よりも、

実態が見えづらく、飽和してるかどうかの

判断方法が難しいですよね。

今まで、飽和してるかどうかも

分からないまま、

気にすることも無く、

記事を更新してきてしまった・・・

そんな人も多いと思います。

当然、そんなやり方では、

まともな結果は出せません。

様々な情報から、取り組もうとしている

市場やジャンルの競合性を

把握して、戦略を練らないことには、

稼げるようにはなりません。

市場を俯瞰して見れるようにならないといけない

ということです。

初心者はなんのアフィリエイトをしたらいいの?

初心者は、物の紹介をする

物販アフィリから始めることが

断然おススメなのですが、

物の何を紹介したらいいか分かりませんよね。

と、その前に情報業界全体で述べてみますが、

情報業界は、まだまだ飽和の可能性はかなり低いです。

情報商材というものが、まだまだ知られていなくて、

世間一般に認識されにくいことも影響しています。

去年2016年に新規参入した方でも

情報商材が売れていると仰ってましたので、

まだまだ売れています。

情報商材のSEO集客ともなると、

まだまだライバルは少ないのが現状です。

話しを戻しますが、

じゃあ自分はなんのアフィリエイトをしたらいいか、

どうやって判断するの?

ということなんですが、

まず気にしないといけないのはライバルサイトです。

上位表示されたほうがアクセスが伸びるのは、

言うまでもありませんから、

まずは上位表示を意識してください。

狙ったキーワードで上位表示されている

ライバルのサイトや記事を見てみましょう。

あなたは、そのサイトより

質の高い良い記事や情報を

発信できそうですか?

出来るのであれば、参入してもOKです。

勝てないなと感じたり、

勝つサイトに仕上げるには時間が掛かる、

と感じた場合は、参入を辞めます。

シンプルにまずはこれですね。

ライバルリサーチというものです。

稼ぐ系や、ヘアケアなどの美容系は、

このライバルサイトが強く、数も多いため、

初心者が勝つにはかなり大変であり、

おススメしないという訳です。

ライバルサイトよりも、良い記事を提供できるかどうか、

というところが判断基準になると述べましたが、

何をもって良い記事なのかは、

結局のところ個人の主観ですよね? (笑

自分で

「良い記事書けたわ~、ライバルより良いの書けた!」

と思ってても、

上位表示されない可能性も有り得ますからね。

ですが、ちゃんと読者様の為になる記事内容であれば、

そこには、その人独自の個性が出てきますので、

結果としてそれがブランディングとなり、

固定のお客様(読者)が付くことがあります。

私の場合は、この傾向が強いようで、 (笑

私のブログのファンになって購入して下さる方も

居らっしゃいます。

初心者が今から参入しても成果が出せそうな市場やジャンルの見極めのコツはあるの?

初心者が参入して結果が出しやすい、
ということにこだわるのであれば、

やはり、

需要がありニッチなジャンル

あるいは、

既にパイの大きいジャンル

この2つから選んでいくことになりますね。

ただ、ニッチなジャンルは当たりハズレがあります。

実際にブログを書いてみて、アクセスを流して、

改善のPDCAサイクルのテコ入れが必要になることも

あります。

既にパイの大きいジャンルだと、

既に市場が出来上がっていますので、

需要が出来ていますので。

ある程度稼ぐことが可能です。

初心者におススメのジャンルを暴露しますと、

具体的に言えば、稼ぐ系、恋愛系、資格系、自己啓発系

この辺りだと思います。

自己啓発だと、正解が曖昧な部分があり難しい側面がありますね。

資格系は情報商材に限らず、大手企業なども参入していますので、

個人が戦うにはそれなりの尖った武器が何か無いと戦えないと思います。

そこを踏まえると、情報発信ビジネスに於いて、

やっぱり初心者でも結果が出やすいジャンルは

・稼ぐ系
・恋愛系

の2つだろうと思いますね。

稼ぐ系は、お客様が「稼げる、稼げない」で満足度が変わってくるので、

若干ハードルが高めだとい面があるかもしれませんが、

稼いだお金で教材代をペイできるので、

お客さんが購入しやすく、アフィリエイターも誘導しやすいという

面があります。

恋愛系は、誰しも少なからず興味のあるジャンルですし、

恋愛においては、知識の伝達が出来れば問題ないです。

恋人ができる、できない、復縁ができる、できない、

などこの辺りはその人それぞれの状況にもよるものですし、

不確定な要素が大きいですので、

しっかりとした結果だけが求められるものでもありません。

状況を少しでも改善するためのオファーができれば良いので、

稼ぐ系よりハッキリとした結果を求められない分、

初心者はやりやすいと思いますよ。

稼ぐ系のアフィリエイトに実績は必要ない!

こうやって言うと、

稼ぐ系は、発信している本人が稼げても居ないのに、

成立しないんじゃないの?

稼いでいない人の発信は、伝わるものが無い感じがするし、

そんな人の発信を誰が見るの?

稼ぐ系は避けたほうが良いんじゃないの?

そんな風に考える方も居るかもしれませんね。

ですが、稼げていない状況で

稼げる系の発信をしても全く問題ございません!

現状で稼げていなくても、

稼げなくて悩んでいる読者さんのために、

「稼ぐ為の情報」をきっちり記事にして

配布していけば、稼ぐことは可能です。

実績の有無を気にされる方が多いですが、

実のところ、実績は必要ありませんし、

関係ありません!

私自身、実績は有るには有りますが、

基本的に公開しておりませんし、

現に、それでも商品は売れています。

ライバルサイトを比較チェックして、

ライバルに欠けている情報など

有益な情報をまとめて、

自分の考えを付け加えて

ブログを作っていけば、

それだけでも市場価値の高い

ブログが完成しますよ!

出来そうな気がしてきましたか?

私は稼いで情報を発信しているので、

説得力は、初心者より有ると思いますが、

説得力ある文章のための書き方として、

「コピーライティング」があるわけですし、

書き方の勉強をして慣れてしまえば、

実績が無くても問題ありません。

実績ゼロからの実績作りのアフィリエイトは何に取り組んだらいいの?

実績0から実績作りのためのアフィリエイト手法は、
まず、グーグルアドセンスがおススメです。

クリックさえしてもらえれば、お金は手に入ります。

私個人としては、過去の経験上オススメしません・・・^^;

もう少しだけハードルを上げるなら、

やっぱり物販アフィリエイトです!

稼ぐ系は、王道ジャンルで

皆が参入しますので。

一般的なビッグキーワードを狙って

SEOで上位表示をするのは、

後発組は厳しいのが現状です。

ただ、ここは戦略次第ですね。

約3年前、私が情報発信ビジネスに参入した当時でも、

稼ぐ系は王道で、ライバルが多くSEOの上位表示が難しいという

全く現在と同じ状態でした。

3年前だから今より参入しやすかったとかではなく、

当時から「稼ぐ系」のライバルはゴロゴロ居ました。

じゃあなんで私は成果を出しているのかというと、

ライバルが少ないキーワードで、

見込み度の高い集客方法を施しているからです。

その辺に関しては、senaのアフィリエイト講座が参考になるかと思います。

実際、後発でも成果を上げている人は多数居ますし、

王道でライバルが多いからというのは、

理由にして辞めていくほどのことではない

と思いますね。

稼ぐ系であれば、

もっと大きく稼いでいる人の発信を読みたいと思うでしょうし、

自分の発信では、なかなか勝てる見込みがないように思う・・・。

そんな風に思う方も居るかもしれませんが、

自分だけの差別化をしていけば、

全然勝負できちゃうんですよね。

じゃあ、どこで差別化しているかというと、

自分の文章力。これです。

コピーライティングという学問がありますし、

ブログ発信をしていると文章力も自然と向上していきます。

「やれば稼げる」のが情報発信ビジネスだと思いますので、

自分の発信では、なかなか勝てる見込みがないと感じても、

辞めずに継続することです。

検索結果にはライバルたちのヒントが

転がっている訳ですから、

他人の良質なコンテンツを参考に、

あなたなりのコンテンツを作成していけば、

反応してくれる読者さんは

必ず出てきますよ!

あなたのの文章が嫌いな人もいれば、

ファンになってくれる人も居るんです!

恋愛系の案件を扱う場合も同様です。

経験があんまり無いとか、
タメになる情報の発信が出来ないとか、
恋愛系商材を買ったことが無く、
どの商材をおススメしていいかも分からない。

この辺りを理由にして、

挑戦しないのは勿体なさすぎです!

経験が無いなら無いなりに、

書籍やネット、情報商材で学んだ内容や、

対面で人から学んだことなど、

情報収集をして、

知識を発信していく他ありません。

それと同時に、

得た知識を実践し、その紹介をしていく他ありません。

オススメの商材が無いのであれば、

「優良」というものを買って紹介していくしかないでしょうね。

アフィリエイトで成果をあげたいのであれば、

もう「割り切って」愚直に行動していく他ないです。

経験は無いから、知識が浅いから、

これらは理由になりません。

確かにそうなんですが(以前の私もそうでした)

そうやって躊躇していては、

いつまで経っても行動できません。

行動あるのみです!

時間をみつけて記事更新をしてくださいね。

最近、思い立ったのですが、

無料でコンサルをしようと考えています。

なかなか稼げず悩んでいる人は、

お問い合わせください。

Skype、メールでもお好きなほうで、

何度でもコンサル致します。

限定10名ぐらいにしようと考えてます。

お気軽に質問してくださいね。

以上、参考にされてください。

sena.