将来淘汰される、廃れ滅びていく職業がこれだけある…!! 90%以上の確率で消えると言われてます。

この記事を読むのに必要な時間は約 34 分です。






こんにちは、senaです。

ネットで見かけた情報でこんなものを目にしました。

90%以上の確率で消える仕事リスト



銀行の融資担当者
電話オペレーター
レジ係
ネイリスト
弁護士助手(パラリーガル)
ホテルの受付
税務申告の代行者
簿記・会計の事務員
不動産ブローカー
動物のブリーダー
時計修理屋
図書館の補助員
塗装・壁紙張り
造園・用地管理の作業員

などなど…

※オックスフォード大学オズボーン准教授の論文より



廃れない仕事はなに?! 今後廃れる仕事のタイムリミットは2020年まで?!




こんなにもハッキリと職種が明記されてました。
senaは、これに加えてタクシー運転手という職業も
自動運転の普及で無くなるのではないかと考えてます。


オックスフォード大学が大胆な予測を発表しておりまして、
10年から20年後、約47%の人の仕事がなくなると言ってるんですよね。


これは本当に現実になるのか?って話ですよね。

オックスフォード大学と政府の統計データなどから分かるそうですが、
人から仕事を奪う3つの大きな原因があるそうなんです。

技術の進歩がめざましい勢いで進んでいるのが機械です。
その機械による自動化で、どのぐらいの人間の仕事が奪われてしまうのか、
ということが分析されたんです。

その結果、今後10年~20年ほどで約47%の仕事が自動化されるリスクが高い。
そんな結論が出たと言ってるんですよね。


まだまだ先の話だと思ってると思うんですが、
10年20年って結構近い未来ですよね。

自動運転なんて、2020年にアメリカで普及すると言われてます。
そうなったら、タクシー運転手って必要無くなりますよね。。


あなたは、このまま今の仕事をずっと続けていて、大丈夫なんだろうか?

と不安に思いませんか?


そう思った方なら、きっと参考になると思うので、続きをチェックしてみると良いと思います。


人から仕事を奪う3つの大きな原因、それを明記していきます。


人から仕事を奪う3つの大きな原因その1:供給過剰



供給過剰とは、商品を提供する側が増えすぎてしまう状態ですね。
ビジネスは需要と供給で成り立っています。
売り手が10人で買い手が100人要ると、売り手1人あたり買い手が10人いることになります。
売り手が20人、買い手が100人要れば、売り手1人あたり買い手は5人になります。

供給過多だと売上が半分になってしまうということを現してます。
売上が半分になってしまったら、沢山の事業が潰れてしまってもおかしくないですよね。

売り手が急激に増えてしまう状態。
ある仕事が供給過剰に陥ってしまうと、そのビジネスで利益を出すのが難しくなり、
収入が減ってしまうということですね。


この供給過剰がどんどん進んでいる仕事の具体例として、
柔道整復師や整体師などのいわゆる治療家の仕事があるんですよね。

接骨院の数は10年で1.6倍に増えてます。
コンビニ最大手3社のセブン・イレブン、ローソン、ファミリーマートの店舗数の合計41,085店舗よりも多い数なんですよ。

しかも、これは接骨院だけの数ですからね。
整体院なども含めると10万店舗を超えるのではないか、と言われるほど急増しています。


WS000091



美容室や歯科医院もコンビニより多く、供給過多ですので治療家と同じような状況なんですよね。


他には、士業と呼ばれる先生の方々にも仕事も供給過剰の波が襲ってきているんです。

公認会計士は、2000年には、16656人でしたが、2014年には、33977人と2倍以上に増えています。
行政書士は、2005年~2014年の間に37,607人から44,057人に増加。
社会保険労務士は、10年で26,460人(2005年)から38,878人(2014年)と1.46倍。
税理士も、10年で69,243人(2005年)から74,501人(2014年)。
司法書士は、2006年から2015年の間に、18,509人から21,658人まで増えています。

弁護士もあまり先行きが明るくないことも言われています。
過去のデータから弁護をするのが仕事なので、機会が全部やってくれるという意見があります。

軒並み資格者の数が大きく増加しています。
この勢いはまだまだ止まりそうも無いです。

今後ますます供給過剰が進み、
仕事の価値が大きく下がってくることに繋がります。


人から仕事を奪う3つの大きな原因その2:技術革新




2つ目は技術革新です。


技術革新は、インターネットの技術が発達したことで
良くも悪くもあらゆることに大きな変革を及ぼしてます。

彗星の如く現れた現れたGoogleやYahoo、楽天、Amazonなど、
数々のITスター企業が誕生した、良い面ばかりに目が行ってしまい勝ちですが、
その反面、多くの人から仕事を奪ってしまうという側面も有ります。

月と太陽、日なたと日陰ですね。

写真を現像するためには、昔は写真屋にフィルムを持っていかなければいけませんでした。
写真を現像する仕事があったんですよね。

でも、デジカメが登場したことで、その需要はほとんどが無くなってしまいました。

新しい技術が人から仕事を奪ってしまうということは、
よくあることです。

今後も技術革新が進んで、仕事が大きく減ってしまう危険性があるものに製造業があります。
製造工程のロボット化が進んでいけば、人ではなくロボットが仕事をする様になるからですね。

この現れとしては、ソフトバンクのペッパーが分かりやすいですね。


ws000277


他には、Webデザイナーにも言えます。
Htmlやプログラミングが分からなくてもホームページを作れるWixやJimdoのようなWebサービスが登場してますよね。
このsenaブログだって、HTMLが分からなくたって作れてますからね (笑)

今後技術が発達していくと、ホームページが作れるなんてことは価値が低くなってきて、
高度なデザインなどの付加価値を付けていかなければ、厳しくなってくる可能性が高いです。

翻訳業の世界だと、Gengoなどの格安サービスが登場し価格破壊を起こしています。
Google翻訳に代表される自動翻訳機の技術が発達していることを考えると、
追い打ちをかけるように技術革新の波が襲ってくる可能性は高いです。


人から仕事を奪う3つの大きな原因その3:消費者の行動の変化



3つ目は、消費者の行動の変化です。

消費者の行動の変化で打撃を受けているのが小売店です。
ネットを使ってすぐに全国で一番安いお店をすぐに探すことができるようになりましたからね。

具体的には、価格ドットコムでしょうか。
こういったサイトの登場で、店頭で商品を見て値段を比べ、実際に買うのは安いネットで、
と言った具合に、私たち消費者の行動が大きく変化しました。

その結果、家電量販店の最大手であるヤマダ電機ですら、
一時41億円の赤字に沈む状況に陥ってしまいました。

これ以上の店舗の拡大は難しいというところまで来ている様で、
ネットに顧客を奪われるので、厳しい様です。

他には、Amazonの影響でお店を構えている書店が2000年から2013年までの間で、7254件減少してしまいました。
約3分の1が無くなってしまったんですよ

そして、ネットで簡単にニュースがチェックできることから、
若者の新聞離れに歯止めがきかないといわれている新聞業界です。

新聞業界の総売上は2005年から2013年の間に5,198億円の減少。
10年弱の間に21.5%の売上がなくなっていることになります。

新聞の折り込まれている地域店舗のチラシでさえ、
スマホのアプリで見れてしまいますからね~。

こんな風に大きな変革期に入っており、
消費者の行動の多大な変化がビジネスに大きな影響を与えているんです。

現在、仕事の価値が下がってしまっている職業に就いていると、今後が大変ですよ。

仕事の価値を下げる3つの原因に当てはまっていている職業で収入を上げるのは、
かなり厳しい道のりになる可能性が高いです。

どんだけ優秀な人が人一倍頑張ったところで、
下りのエスカレーターを必死に上へ走っているようなものです。

必死に走り続けなければ、現状を維持するのも難しい。そんな状況に陥ります。


なので、時代に合った仕事を突き詰めるということが、
かなり重要なんですよね。



10年後に食える仕事を把握するには、これから食えなくなる仕事の本質を見ることです。



IT技術・ロボットの活躍で、
今後、私たちの生活には大きな影響を及ぼすことになります。

生活の利便性が向上する反面、
人の手で行われていた作業が機械に奪われることになり、
職を失ってしまう人が、
現れてくるということを意味しています。






技術の進捗と共に廃れていった職業は、
今までにもあったことですが、

今世紀の技術革新は、
過去のそれとは比べ物にならないくらい、
著しい変化が起きる可能性も出てきましたので、
想定外に早い段階で食えなくなる職業が
出てきています。


消滅してしまうことが危惧されている職業リスト。




週刊現代でも2020年までになくなる職業リストが
掲載されていましたが、

自分もヤバいかな?!
と不安に感じた人も居るかもしれませんね。


今までは当たり前のように成り立っていた職業が、
今後、瞬く間に消えていくという事実を認識してください。

明確な根拠も記載しておきますので、
今後の人生プランの参考にして、
柔軟に対応していくことが求められます。

2020年 無くなることが危惧されている仕事



電車の運転士・車掌

センサーやGPSの進化で、決められたルートだけを走る乗り物は、
今後、無人運転が可能になります。

都心の地下鉄では、ホームにガードドアを設置して、
事故防止に役立てており、他の路線にも浸透していくと言います。

運転時も、ホーム停車・出発時の見守りも、
要らなくなるということです。

レジ係

RFID(個体識別)タグが商品に搭載されることで、
スマホ決済が普及すると会計は自動化します。

レジは不要になりますし、
Amazon、楽天などのネット通販が急速発展しており、
スーパーとの競争が顕著になります。


通訳・速記、ワープロ入力

2020年までの技術革新によって、
音声の自動変換による文書作成が可能になります。

siriなど、音声自動翻訳の技術は既に確立していますし、
今後改良を経て、2020年には確率に至る可能性が高いです。

プログラマー

欧米では海外へのアウトソーシングが増えています。
システム開発の仕組みさえ出来てしまえば、
個々のプログラマーが日本に居る必要は無くなります。

プログラミングそのものが機械化される可能性もあります。

新聞配達員

ペーパーレス化の動きは急速に進んでいます。
ネットでデータを取れる様になるため、
新聞業界は縮小の一途を辿ります。

有機ELは、紙の様に折り曲がるディスプレイが可能になります。
新聞をデジタルベースで読む人を増やす動きが見られます。

郵便配達員

こちらもIT技術の革新とペーパーレス化の波が襲います。
既に年賀状が電子メールに置き換わっています。

ネットの普及により、手紙の重要性が高まりますが、
その他の郵便物は、宅配サービスに取って代わられる可能性が高いです。

Amazonの様な、右肩上がりの巨大企業が、
配送業界にまで参入してきた場合、
その他の配送業者はピンチに陥る可能性がありますね。


レンタルビデオ

Apple社のi tunesなどのコンテンツ販売は、
急速にダウンロード形式に移行していますね。

Amazonプライムビデオや、Netflix、Huleなどのサービスも登場しました。

音楽や映画は、ネットで見る時代になりました。

レンタル関連事業もダウンロードする携帯が徐々に主流に
なりつつあり、

従来の店舗型の記録媒体のレンタルは、衰退しています。
TSUTAYAの店舗縮小が、まさにこれですね。


ガソリンスタンド

ハイブリッド車が普及しましたが、
電気自動車、水素自動車の開発も進んでいますね。

ガソリンで走る車が少なくなりますので、
ガソリンスタンドの経営を圧迫しますね。

ガソリンスタンドの経営縮小の影響で、
数が少なくなり不便さが増すと、
車の需要をさらに縮小させていきます。

車検や修理の仕事は激減し、
最終的にはディーラーに取り込まれることになります。


高速道路の料金徴収業務

主要有料道路のほとんどで、ETCの普及が進んだことで、
料金徴収業務の需要は激減しました。

新車には、組み付け時からETCの設置が進んでおり、
さらにはETCを利用した料金割引サービスなどもあり、
拡大が進んでいます。
2020年には普及率100%を迎えると言われています。

仲卸業者

ネットの普及・発展で商品・製造・情報を仲介する
卸売り業は縮小します。

TPPの参加に伴い、日本の卸売り業の存在は、
コスト増や、ビジネスの減速要因となるため、
今後は中抜けしたBtoB、BtoCの取引が主要となる
可能性が高いです。


小規模農家 兼業農家

こちらの職業もTPPの影響を受けます。
サラリーマン兼業で果樹園や野菜栽培の農家は、
高齢化に加え、TPPに加え、TPPによるコスト競争に敗れ、
離農者が続出すると見られています。

TPP実施後、作物の流通は商社などが担い、
農協は急速に役割を終えることになる。


大手電力会社

既存の大手電力会社には、発送電分離が待ち受けます。
電力自由化の趨勢は、グローバルスタンダード。

安価な電力供給は、日本経済再生の必須条件であり、
早晩発送電分離が法制化され、
抜本的改革が起こるのは必定。


自然エネルギー関連

太陽光パネル事業が中国勢に敗れ、
産業育成の意味が無くなると、補助金が打ち切られる
可能性があり、原発再稼働が無くても、
安価な天然ガスを使った火力発電により、
売電価格が下落します。
事業として成り立ちにくくなります。


参議院議員

財政再建への対応が遅々として進まず、
社会保障の大幅カットが現実味を帯びる中、
これまで以上に政治家も身を切る必要に迫られる。

参議院の廃止による、議員削減で手を打つという
シナリオがあってもおかしくない。

専業主婦

財政危機の影響が大きいのが専業主婦。
年金財政を安定させるためには今後、
支給開始年齢のさらなる引き上げは避けられない。

老後の生活を考えれば、
女性も外へ働きに出る必要があると考える人が増え、
裕福な家庭を除き、専業主婦は減少する。


日本人の取締役

取締役の外国人比率を高めないと、
グローバル競争化下の情報戦争に敗れ、
先を見通した経営戦略を立てられない。

執行役員は日本人でも良いが、
引退間際の体力の衰えた日本人ばかりが
取締役を占める体制では、危うくなる。

中間管理職

大企業が管理系の削減に着手しているのは、
明日休職しても業務支障の無い人ばかりだから。

今後は、アイディアを出せない調整、
会議型の中間管理職は消えると言われています。
必然的に組織はフラット化します。

受付 案内業務

IT機材が活躍しますので、
音声入力のテレビ、PC、タブレットでの対応、
専用ロボットでの案内が主流になるため、
デパート、大型ビル、会社窓口での受付・案内業務は
既に減少傾向だが、それに拍車が掛かります。


一般事務 秘書

欧米では、リーマンショック後、
この職種の雇用者数が最も減少している。

単純経理作業などは、
コストの安い海外にアウトソーシングされるし、
単なる連絡係は情報機器などに置き換えられるため。

オペレーター コールセンター

通信関連機器の機能向上で、電話のオペレーターは、
不要になる。

コールセンターも、既に雇用の安い地方都市か、
中国を始めとする海外に設置する流れ。
日本人以外で対応できるケースは、ますます増えていきます。

訪問型営業

ネットを通じた商品・サービスの売買が急増するため、
訪問型セールスの必要性が薄れる。

既に米国の有名ネット企業では、
訪問型営業を置いていない。

営業コストを削減して、
商品開発に、投資をより集中させている。


金型職人

3Dプリンターの登場で
誰もが自前かつ低コストで、
金型を作れる様になる。

これは画期的な出来事であり、
アメリカでは国家プロジェクトで開発・発展が進んでいる。
中小金型業者は早期の対応が必要。


倉庫作業員 工場労働者

いずれもオートメーション化により、
雇用の現象が顕著に現れる。

大規模流通施設では既に、
ロボットが活躍している。
さらに作業ロボットの価格も下がり始めている。

工場も同様だが、
さらに新興国への海外移転もあり、
仕事は激減します。


コピー FAX プリンター関連

これは資源保護の観点からペーパーレス化が進み、
スマホやタブレット端末などで、
文書を受信して見るようになります。

クラウド化によって、
大量のデータ・コンテンツが保管できるようになることが、
ペーパーレス化を進めます。


証券 不動産 ブローカー

貯蓄から投資への流れを加速させるため、
個人が取引所へ直接注文出来るネットワークが構築されます。

個人の大資産運用時代の到来で、
不動産の流通も加速していきます。

高い手数料を払う必要が無い、
新しい市場が出来ます。


ヘッジファンドマネージャー

海外流通が顕著になります。
2014年に配当課税が20%に戻り、
2015年には所得税の最高税率が引き上げられるため、
日本の金融商品を海外で取引することが主流になります。

シンガポールや香港に人材が集中し、
日本には営業担当だけが残ることになります。


証券アナリスト ファイナンシャルプランナー(FP)

大資産運用時代に於いて、
アナリストは従来より深い調査分析が求められ、
顧客との信頼関係も生き残りの条件。

但し、給与水準が低下傾向で、
人材確保が難しくなる。

ファイナンシャルプランナーも、
現在のレベルではネットで代替可能。

生命保険レディ

人口減少で業界は厳しい上、
割安のネット生命保険や複数の会社の保険を販売する
乗り合い代理店に侵食され、
大手所属の生命保険レディは縮小。

多くの顧客を抱えている猛者も居るが、
彼女たちは代理店として独立してしまう。

教員

小中高で年間300~400校が廃校になるほどの
少子化社会では、知識の伝達しか出来ない教員は
生き残れない。

高校生までの知識は、
1つのメモリーデバイスでまとめられ、
検索ですぐに知識が得られる時代になる。


交番の警察官

監視カメラやセンサーに記録されるビッグデータが、
警察官の仕事を侵食。

犯罪は記録を基に捜査・検証され、
不慮の事故の危惧は事前に察知される様になる。

交番は年々減少しており、
今やコンビニが駆け込み寺だ。



今後食えなくなり、廃れていく職業の特徴とは?



これだけの職業が、
今後厳しくなると言われています。
全体を見渡してみると、あることが見えてきます。


1.ルーチンワークの仕事
2.膨大な量をこなす仕事
3.精度を要求する仕事
4.手間の掛かる仕事
5.高コストな仕事



ルーチンワークの仕事




この仕事は、単一作業が組み合わさって
成り立っていることが多いので、
1つずつコンピュータ制御をして
組み合わせていけば、人手要らずの状況が作れてしまいます。



膨大な量をこなす仕事



これは例えば、弁護士や税理士の様な、
膨大な法律の内容を駆使する仕事が
当てはまります。

過去の判例をビッグデータにまとめて、
クラウドで条文や判例を共有することで、
最適な判断が出来るようになります。


精度を要求する仕事



100分の1ミリ単位の仕事を要求される
金型や金属加工など、
職人要素の高い技術さえも凌ぐ勢いで、
さらに大量生産も可能になり、
価格競争でも今後苦戦は避けられなくなります。


手間の掛かる仕事




これは流通業によく見られ、
これまでは私たちの手元に届くまでには、
沢山の人の手を介してきました。

近年ではIT化が進み、
作業ロボットが商品を取ってくる様に、
効率化が図られています。

荷物の輸送も、自動運転技術が普及すれば、
言わずもがなです。


高コストな仕事



人工知能(AI)や
単価の安い国外に仕事が流れていくので、
消滅していくことになります。


今後廃れることなく、生き残っていく職業は?




上記の5つの理由から、
人々の生活を裏で支える系の職業や、
発展しにくいものは無くなる可能性が高いと言えます。


経済活動をしている以上、
安泰という二文字は無いに等しいので、
常に食えるように、時代に合わせて
自分を変えていく必要があります。


これからの時代は、オリジナリティが大事。




日本は、個性のある人は避けられがちですが、
これからの時代は逆に、
個性が無いと食べていくことが難しくなります。





オリジナリティを有して、
その人がもつ独特のキャラを持ち合わせている人などは、
生き残っていけることが多いです。


どこかの観光名所に行ったとして、
自動音声やAIのロボットが案内するのと、
地元で知らない人が居ないほど個性たっぷりな
有名案内人が案内するのとでは、

やはり後者のほうが、
親しみが沸きやすい上、

今後は名所そっちのけで、
案内人目当てのリピーターも付きやすいです。






それとは別に、


芸術性を持つ職業なども、

その人の持つ思想や信条、

人生観などが多数を占めるため、

感情移入しにくいAIなどは参入の余地は無さそうです。






ですので、例え消えゆく廃れる職業リストに該当していても、

人間性やオリジナリティで、最新テクノロジーに勝てる余地は、

残っているとも言えます。



廃れる職業 廃れない職業 総括




技術革新が進むことによって、

今後は人手の掛かっていた沢山の職業が消え、

生存権まで脅かされかねない将来が近づきつつあります。





多くの労働が、機械やロボットに奪われることで、

仕事にありつけない人が増え、


労働の世界で、人間と機械との

棲み分けが確実に起こります。


しかし!

我々人間にもまだ希望はあります。


人間らしい、感情を組み合わせて伝えることで、

廃れず食える職業を創り出すことができます。





今後は、無機質な仕事は消滅・廃れていき、

感情や表現に特化した仕事は残りやすいという

結末を迎えます。


今からでも遅くはありません。

何かに打ち込める様な個性を磨く趣味や

楽しい何かを追及してみてはいかがでしょうか。


それはきっと、機械では取って代えることの出来ない、

あなたの協力な武器になるはずです!






時代の変革期だからこそ、チャンスが生まれる!




今まで散々、無くなる、消える、廃れると
言って不安を煽ってしまう結果になってしまいましたが、

実はこの仕事の価値を下げる原因は、悪い面ばかりではないですよ。
ビジネスの環境が変化しているということなんですから、
今までに大きなビジネスチャンスを生み出してきているのも事実です。

例えば、ネットの登場で店舗を持つ書店が約3分の1が無くなりましたが、
その反面、Amazonというスター企業を生み出しましたよね。





任天堂を一時赤字にまで追い込んだスマホゲームの台頭。
そのスマホゲームが流行したことで、モバゲーDeNAはプロ野球球団を持つ大企業に成長しました。

最近だと Pokémon GO の人気ですよね。
大人も夢中でやってる人も居るぐらいですからw

技術革新によって、インターネットが登場したことで、
Yahooや楽天といったスター企業がたくさん登場しましたよね。

ITバブルなんて言われ、たくさんの億万長者も生み出すことになりました。


そして、今、大きなチャンスになっていること。

それが、このネットビジネス業界なんですよね。

ウェブマーケティング然り、コピーライティング然り。

インターネットで商品を売るために必要な
ウェブ・セールスライティングという新しい仕事の必要性が高まっています。

ウェブ・セールスライティングというのは、
ホームページで商品を買ったことがあると思いますが、
ホームページに書く、商品の魅力を伝えるための
文章を書く仕事がウェブ・セールスライティングです。

なぜ、この仕事が今、大きなビジネスチャンスになっているのか・・・

インターネットが登場し、ネット通販市場は成長し続けています。
特に、BtoCの市場は、2006年から2014年の9年の間に、4.4兆円から12.8兆円の2.91倍に成長。

そして、ネットで商品を売るためには、商品の魅力を伝える文章が欠かせません。
商品の魅力を伝える文章を書ける人はほとんどいないのが現状なんですよね。

ですが、商品を売っているホームページは数えきれないほどあります、
毎日増え続けています。

そのすべてが顧客候補になり得るのです。
つまり、供給過剰どころか、需要に供給がまったく追いついていない状態なんですよ。

しかも、この仕事は日本ではあまり知られていないのですが、
アメリカでは100年以上の歴史が有ります。
ネットが登場する前は、ダイレクトメールを書くことを中心にやっている仕事でした。
少しずつ形が変わっていますが、ずっと残り続けている仕事なんですよね。

セールスライティングの本質は、商品を売ることです。
どうすれば人は商品を買うのか、という心理技術を扱うものです。

人の心理は10年や20年といった短い時間で変わるものではないので、
ずっと使い続けることができるという一生ものの技術です。

そして、商品を売りたいという会社がある限り、
需要はなくならないので手に職をつけるといったタイプの仕事なんですよ?

アメリカでは、A4用紙8ページの文章で、
日本円で2200万円の収入を手に入れることもできる仕事でもあります。

実際に日本でも、セールスライティングの案件1件に
超大手エリートサラリーマンの年収を大きく超える報酬をもらっている人も居るんですよ。

その文章を使って売った売上の数%を、
ロイヤリティという形でもらっている人も居ます。

ウェブセールスライティングのスキルを使って、
あるビジネスの立ち上げた話がありまして、

商品を売るスキルがあれば、
ビジネスを立ち上げるのはそんなに難しくないんですが、
立ち上げて2ヶ月で月商が9000万円を超えたという事例があります。

理由は、広告に出しているウェブページが大ヒットしたことです。
そのウェブページが大量のお客さんを集めたことで、
月の売上が9000万円を超えてしまうことがあるんですよね~。

セールスライティングは今後必須のスキルですよ。

ネットで文章を書き始めて本業の収入を超えて
脱サラしたと言う人は多く居ます。

長年継続していた仕事の収入を僅か数年で超えることができるのは、
やっぱり選んだ仕事が良かった、ということに他なりません。

一番良いのは、サラリーマンの仕事をやっていたときに感じる将来の収入の不安が無くなります。
ネットを使っていつでも自分で稼ぎ出す力が付くからですね。

商品を売る力、つまりセールスライティングのスキルを磨いていけば、
今後仕事に困ることは無いです。

世の中から、商品をもっと売りたいと思っている会社が無くなる、
なんてことは考えられないです。
インターネットが無くなることも考えられないからです。




なので、自分の腕を磨き続けていけば、資格や会社に頼らなくても、大丈夫という
状態になれるんですよね。

自分の腕とノートパソコン1台あれば、仕事には困らない様になります。
ノートパソコンがあれば、文字は書けますからね。
あとは、自分の腕を磨けば磨くほど、収入は上がっていきます。






ウェブマーケティング、
コピーライティング、
セールスライティング、

これらをマスターすれば、
一生くいっぱぐれることが無くなります。

この仕事は人の心理を扱っているので、とても楽しく勉強できますし、
仕事をやっていて、とても面白いですよ。

人間の動きが分かるようになってきますので、
半分好奇心で仕事ができます。

仕事をやっているのに、
大好きな趣味をやっているみたいになってきますw

そのぐらいチャンスに溢れた市場ですので、
あなたも、ネット上に自分の文章を並べて
稼げるようになりましょう!


これからの時代は、
インターネットを使ったアフィリエイトが時流に乗る秘訣です。


確実に稼ぐならアフィリエイトがおすすめです!




アフィリエイトの実践にあたって、
教科書がないと実践ができませんので、
優良な商材を紹介します。


senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!


ルレアプラスをこの記事から購入された場合、
senaが人数限定無料サポートをさせていただきます^^


もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを
しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。


1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、
もっと単価が高くて効率的なASPアフィリエイトを
実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!

3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。




今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!



sena.




スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。