野田洋次郎はマキさんとの別れを乗り越えられたのかを検証してみた。

この記事を読むのに必要な時間は約 29 分です。

こんにちは、senaです。


今日は、最近のトレンド系のことについて

書いてみたいと思います。


映画 君の名は。 大ヒットに見る若者の世情




最近、映画 君の名は。 が大ヒットしましたよね。


正直まだ映画は観られていないのですが、

昔からあった小説をアニメ化した作品ということで、

映画の内容としては、死後の世界を描いたものの様です。


なんで、昔の作品が今になって、

こんなにヒットしたんでしょうかね。


最近の映画での違いを見比べてみますと、


40代以上の方には、シン・ゴジラがウケていて、

こちらもヒットを飛ばしました。


30代までの若い人には、

君の名は。 がウケていて、

こちらもヒットしましたね。


なんで、映画によって、

こんなに客層が変わるのでしょうか。


若い人達には、シン・ゴジラは

あまり良く受け入れられていないんですよね。


なんでだと思いますか?


シン・ゴジラでは、

ゴジラ出現で街がピンチなときに、


若者たちが登場して、街のピンチを救い、

街を助ける。というストーリーなんですよね。


これが、今の若い人には気に入らないんです。

今の若い人たちは、自分の未来に希望も持てず、

死にたいと思っている人が多いので、

街が壊れる?・・・いいじゃん、

もっと壊れろ!助けるなよ!

と思っているのが多くの若い人たちの

根底にある世情なんです。



なので、今の若い人たちには、

シン・ゴジラはウケないんですよね。



死にたいと思っている人が多いので、

臨死体験をする、

君の名は。 のストーリーは、

若い人にはウケている、ということなのです。



そして、君の名は。の主題歌を歌っているのが、

若者に絶大な支持を受けているバンド、

RADWIMPS です。




今日は、

映画「君りの名は。」の大ヒットと共に、

RADWIMPSが再び注目を集めていますので、

ボーカルであり、作詞作曲をもこなす

野田洋次郎さんに

スポットを当ててみたいと思います。




君の名は。(通常盤)






君の名は。 で使用されたすべての楽曲の作詞・作曲を担当したのが

RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎さんだったことが話題となりました!

この功績を評価されて、年末の紅白歌合戦にも出場しました。

ストーリーも去ることながら、

音楽と映像のシンクロっぷりが絶妙な、

素晴らしい作品とだと話題になっています。



そんなRADWIMPSの野田洋次郎さんですが、

アーティストの中でも特に独特な世界観を持っています。

特に彼が作る恋愛に関する楽曲は、

10代・20代の若者から絶大な支持を誇っています。


この野田洋次郎さんの恋愛を語る上で、

欠かせないのが マキ という女性の存在があります。


RADWIMPSのメジャーデビュー前から、

野田洋次郎さんと付き合っていた一般女性だそうで、

初期のRADWIMPSの楽曲に大きな影響を与えていた人物だと

言われています。

RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎さんと

元交際相手のマキさんとの関係について

調査したものをまとめていきますね。



野田洋次郎の元カノ・マキさんとはどんな人物?



RADWIMPSの全ての楽曲の作詞・作曲を手がける、

才能に溢れたボーカルの野田洋次郎さんですが、

自分の彼女に向けて曲を書くことが、

ファンの間で知られていますね。


中でも初期〜中期の曲は、

当時の交際相手であるマキさんに向けて

書いたと思われる曲が多いと言われています。



マキさんに関する情報はあまり多くなかったですが、

分かったことは本名が篠原麻希子という事くらいです。

一般女性なのであまり情報は出回らないですが、

この本名もあくまでも噂の一つにすぎないので、

あらかじめご了承くださいね。



野田洋次郎さんとマキさんの2人は

RADWIMPSの代表曲である「ふたりごと」

のリリース時までは付き合っていたのですが、








その次にリリースされたシングル「有心論」

のレコーディング5日前に破局したそうです。






有心論は野田洋次郎さんがマキさんと別れた

悲しみを書いた曲で、

野田洋次郎さん自身も曲を聴くと、

当時を思い出してしまうため聴けないんだと言います。


その後リリースされた4thアルバム

RADWIMPS 4 〜おかずのごはん〜

にも失恋ソングが多数あります。





この中に入っているme me she も

RADWIMPSを代表する失恋ソングですね。



野田洋次郎の元カノ マキさんは亡くなっていた?!



野田洋次郎さんの元彼女、一般女性のマキさんと言えば、

RADWINPSの歌詞にもたくさん登場してくることで知られていますが、

おかずとごはん の今回のアルバムまで長く付き合っていたようですが、

そんな元カノのマキさんですが、

一説によると、亡くなっているのでは? という

とんでもない情報があったりします。



先程紹介した 有心論  の歌詞に、

そんな事を示唆する言葉が隠されているのを

知っていましたでしょうか?


後半の歌詞には、こんなフレーズがあります。


2秒前までの自殺志願者を 君は永久幸福論者に 変えてくれたそんな君はもういない



というフレーズや、


この心臓に君がいるんだよ 全身に向け脈を打つんだよ

今日も生きて 今日も生きて そして今のままでいてと

白血球 赤血球 その他諸々の愛を僕に送る



というフレーズが出てきます。


単純に破局の悲しみを歌っただけの歌とは、

考えにくいと捉えることも可能な歌詞ですよね。


また、歌詞に登場する 君 を 神 のように扱っていることも、

マキさんが亡くなっている説を支持する人が絶えない理由なんだとか。


さらには KAMI が MAKI のアナグラムになっていると、

ファンの間では様々な憶測が飛び交っている状況ですw


ここまで来るとファンの深読みも

否定出来ない感じに思えてきますがw


流石にアナグラムの件に関しては、

野田洋次郎さん本人が否定をしたようです!



こうなると、曲のメロディや旋律、

リズムやテンポは素晴らしいのですが、

未練タラタラの男が、元カノをいつまでも忘れられず、

今も自分の心の中に居ることを歌っている、

気持ち悪い曲だとも言えますねw



結局、野田洋次郎はマキさんを忘れられないだけ?



野田洋次郎さんの元カノ・マキさんは、

死亡説が出るほどファンの間で議論がされているようですが、

そもそも 有心論 は野田洋次郎さんがマキさんと

別れた時の感情を歌った曲でした。


レコーディング5日前に別れ、

レコーディング直前に書き上げた曲なので

死別したわけでは無さそうですが、



でも先程のような歌詞が出てきている

ということなので、


結局、野田洋次郎はマキさんに未練タラタラの女々しい男なのでは!?




別れても君はまだ僕の心臓にいる

という歌詞は、未練があって湧き出てくる歌詞に感じますね。


でも、この曲を歌われて、

大ヒットを飛ばして、

街やテレビなどのメディアで

絶えず流れてくる状況だとすると、

マキさん本人はめちゃくちゃ複雑な心境ですよね・・・。


相手のマキさんは、

正直、もう忘れて次に行きたいと思っているかも

しれませんからね、

迷惑な話しかもしれませんね。


マキさんと破局後の野田洋次郎の様子




このマキさんとの破局後、

報道がされたので知っている人も居るかと思いますが、


野田洋次郎さんはモデルの臼田あさ美さんや、





女優の吉高由里子さんと付き合います。






吉高由里子さんとの関係は2年以上だったものの、

喧嘩が絶えず最終的には野田さんから吉高さんを振ったとのことです。


吉高さんが情緒不安定になったところを、

支えられなくなったというのが理由らしいのですが、

野田洋次郎さん自身も情緒不安定なところがあったのでは?

という声も少なからずあったそうです。


その根底には最愛の人であった、

元カノ・マキさんの存在が無いとは言い切れないかもしれませんね。

元カノ・マキさんを越える人と出会えないことで、


野田洋次郎さん自身も葛藤を抱えていらっしゃるのかも

しれません。


やっぱり、ミュージシャンは、

素敵な恋愛をすることで、

良い歌詞や曲が描けることが多いと思いますので、

野田洋次郎さんには、素敵な恋愛をして、

良い曲をもっと世に出してくれることに繋がれば、

ファンとしては嬉しいですね。



バンド初期から野田洋次郎さんを支えた存在のマキさんが、

なぜ別れを選んだのかは定かでがありませんが、

野田さんは未だにその未練を引きずっているように見えます。



野田さんはこの体験を基に素晴らしい曲を作ってきましたが、

いつかはこの過去を乗り越えて、

マキさん以上にずっと好きで居られる人に

出会えて、次に進める日が来るのでしょうか。




野田洋次郎さんはまだマキさんと付き合っていた?




こんな噂が今浮上してくるということは、

野田洋次郎さんは最近まで吉高由里子さんではなく、

マキさんと付き合っていたということでしょうか?

「おかずとごはん」までマキさんに対する愛情を歌った歌詞が作られていて、

2006年7月「有心論」で破局を迎えたはずなので、

だいぶ前のことですよね、


マキさん以上の女性が現れないので、

復縁をしていた、なんて可能性も考えられますね。


吉高由里子さんと野田洋次郎さんの関係が始まったとき、

二股だった様なのですが、

当時彼が付き合っていたのは臼田あさ美さんのはずです。


あれだけ人気のあるRADWINPSのボーカルですから、

女子にモテて当然なので、野田洋次郎さんの歴代彼女は、

過去話題に上がった以外にも沢山居るのかもしれませんね。


野田洋次郎さんの楽曲はマキさん以外の女性のことも歌っている?




マキさんへの思いを歌っていたとされている曲も、

もしかしたら別の女性のことを歌っていて、

二股をするぐらいですから、

何人も別の彼女が居るのかもしれませんよね。


情報に上がってきているのは、

マキさん
臼田あさ美
吉高由里子

この3名だけでした。


以前ネットニュースで見たのは、

長澤まさみさんや前田敦子さんと食事をしていた、

という記事があったりしました。


前田敦子さんに関しては、

お互いが交際を否定していました。


長澤まさみさんは、

会食中かなり興奮していた様で、

熱烈なファンの様ですね。


見た目はロック歌手だけあって、おしゃれで軽そうなイメージもありますが、

実際は、硬派なのでしょうか。


いくら天才アーティストでも、

あんなに心を打つ情熱的な歌詞は書けませんね。


歴代彼女3人中、2人は女優なのになんで一般女性のマキさんが

クローズアップされているかということです。


それだけ野田洋次郎さんが深く長く愛した女性ということなんでしょう。

野田洋次郎さんはその時に慕っている女性への想いを歌詞に残しています。

当然、臼田あさ美さん、吉高由里子さんに対する曲もあります。

でも、 マキさんの曲 はファンの間でも特に有名です。

付き合っている相手によって歌詞や曲調も様々でしょうが、

マキさんの歌詞はやっぱり特別なのかもしれません。

マキさんと付き合っていた頃の歌詞がすごく好きというファンが多いですね。

今も進化を続けているので、映画の主題歌を手掛けたり、紅白出場なども相まって、

それに伴いファンも増えていますので、未だ拡大中のバンドですよね。


野田洋次郎 有心論 考察




死亡説が出ているのは、最近、野田洋次郎さんが出版した

ラリルレ論 の情報かと思ったんですが、

それは違う様です。


この噂の出どころは、有心論の歌詞ですが、

有心論 は 有神論 の 神 を 心 にしたタイトルですね。


ちなみに 有神論 の意味は、

神の存在を肯定する立場ですね。

世界を超越して存在し、世界を創造し、

世界に摂理を働かせている人格的な唯一の神を信ずる立場のことです。


野田洋次郎さんにとってマキさんは、神と言えるほど愛していて、

その存在は今も在り続けている。


別れた今もなお、忘れることなく、

神としてそこに居続けていることなのでしょうか。


2秒前の自殺志願者を君は永久幸福論者に変えてくれた
そんな君はもういない いない いない いないけど

この心臓にきみがいるんだよ 全身に向け脈を打つんだよ
今日も生きて 今日も生きて そして今のままでいてと
白血球 赤血球 その他諸々の愛を僕に送る



この歌詞は、ただ単に破局後に歌った歌とは思えない感じもしますね。

男女の別れの哀愁が漂う感じの歌詞もあるんですが、

別れたはずの彼女、マキさんをあえて

「神」としたところを考えると死亡説も

あながち間違いではないのかもしれませんね。



「この心臓にきみがいるんだよ 全身に向け脈を打つんだよ」



この表現も怪しいですよね。


死亡していないなら普通は

心の中に君がいる という表現で良いはずですからね。


野田洋次郎さんだからこその独特の表現かもしれませんが・・・。

ハイセンスなので、一般の人には

なかなか理解できない部分があります。


センスの無い、そのままの言葉で捉えると、

マキさんの心臓を移植でもしたの?

と思ってしまいますからね。


別れた時点で野田洋次郎さんの心の中のマキさんは

死亡したという意味合いで、こういう言い回しをしているとしたら、

死んでなんかいないのに、そんな風に言われていたら、

本人は複雑な気持ちでしょうね。


嫌だとか、迷惑だ、とかまで

思われてたらお気の毒です。


マキさんVS吉高由里子 それとも臼田あさ美? 野田洋次郎の心は?



今は野田洋次郎さんの元カノですので、

もう終わったものですので、

今はなんとも思っていないのかもしれませんが、


野田洋次郎さんは、マキさん、吉高由里子、臼田あさ美、

一体誰を最上級に愛していたんでしょうかね?


別れてもなお、「神」と称するマキさんへの想いは、

相当強かったんじゃないかと考えられます。

それにマキさんへ歌った曲はファンに圧倒的人気なことから、

それだけ素晴らしい恋愛だったように感じられますよね。


やっぱり、売れる前からの関係で、

お金を持っていない当時からの関係なので、

お金や成功ではないところで、

惹かれあった純愛なのかもしれませんね。


一度、売れてしまうと、

その後近づいてくる人は、

お金を持っているとか、

成功しているとか、

そういう副産物も視野に入れて

近付いてくる人も多いでしょうからね。


お金も名誉も無くなったら、

この人は自分のことを好きで居てくれるのだろうか、

才能溢れる売れっ子ミュージシャンは、

そんな葛藤が生まれてくることもあると思うんです。


マキさんとの関係の終わり方に関しては、

あまり情報が無いのですが、

マキさんが振った様ですね。


それに対して吉高由里子さんとの路上大喧嘩・破局後に歌った曲は、

めちゃくちゃ憎悪に満ちた「五月の蝉」です。




僕は君を許さないよ としつこく繰り返します。

少し怖い気もしますね。

お互い激しく愛し合っていたからこそ、

求める気持ちが強いからこそ、

これだけ痛烈な歌詞なのかとも思えなくもないです。


その裏面に入っていた曲、ラストバージンは、

すごく穏やかで純粋な曲で、

これもおそらく吉高由里子に対する気持ちを歌っているのですが、

『生まれてはじめて』

『最初で最後』

『一世一代が君でした』

というフレーズがあります。




マキさんの 神 匹敵する様な最上級の言葉を並べていますね・・・。

最上級は何人居るるんだ、という感じがしますが、(笑)


どちらも比べ物にならないくらい

愛おしい存在だったということなのでしょうかね。



しかし、マキさんの性格は分かりませんが、

喧嘩別れという情報は聞かれませんし、

曲を聴いている限り、穏やかな恋愛を求めるのであれば、

吉高由里子さんではなく、マキさんなんでしょうね。



マキさんが死亡していても、まだご健在で、ただ別れただけであったとしても、

マキさんを越える人が現れないのかもしれませんね。


吉高由里子さんと破局した原因は、

彼女が情緒不安定になって支えきれなくなったからと言っていますが、

野田洋次郎さん自身も感情の起伏はだいぶ激しいみたいなので、

似た者同士ゆえに合わなかったのかもしれません。


二人の恋愛は、感受性が強い変わり者同士、

相性は抜群で気も合うけれど、ぶつかりあって、

相手に求めすぎてしまう。

本気で喧嘩するほど仲が良いんだけれど、

エネルギーを使い果たして疲れてしまう。


そんな関係だったのかもしれませんね。



人間の性質の相性で言うと、

恋愛は片方が起因だったら相手は受け身、

得意なこと苦手なことが違って補い合うみたいな関係が

ベストだと言われていますからね。



野田洋次郎さんが彼女に捧げた曲たちをまとめます。



野田洋次郎さんの作る楽曲は、

付き合っている彼女との恋愛を歌った楽曲が多いですが、

そのタイトルはとても奇抜で面白いのでまとめてみましょう。

・自暴自棄自己中心的(思春期)自己依存症の少年
・me me she
・「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」
・あいラブユー
・25コ目の染色体
・コンドーム
・05410-(ん)
・最大公約数
・いいんですか
・そりゃ君が好きだから
・有心論
・ます。
・ふたりごと



並べた言葉を見ただけでは曲のタイトルとは思えない様なタイトルばかりです。
本当に個性が強いです。

あいラブユー とか ふたりごと までは普通に受け入れられそうですが、
コンドームをタイトルに付けちゃうんですからね。


野田洋次郎 05410-(ん?) の意味は?



「05410-(ん?)」は

数字を読んで、おこしてん となりますね。
そこにさらに マイナス ん をすると、

おこして となりますw

知ってましたか?


タイトルの意味や由来が謎ですね。

それを議論するのがファンの間では楽しみの一つだったりします。

わからない。どんな意味なんだろう?

野田さんは何を想ってこの言葉を持ってきたんだろう?

どんな恋愛を歌った曲なんだろう?という風に興味を惹かれ、

野田洋次郎ワールドに引き込まれていきます。


野田洋次郎さんの歌詞の世界



野田洋次郎さんの歌詞にノックアウトされて、

ファンになる女子も沢山居ると思うのですが、

西野カナさんのような王道の可愛い感じの

ラブソングに惹かれるようなタイプではなく、

少し激しい感じの恋愛だったり、

暗い感情表現だったり、

そういう部分に共感する人が多い気がしますね。


確かにRADWINPSの曲を聴いていると、

一般人ではなんとも表現しようもない感情、

辛い、苦しい、愛おしい、切ないだけでは言い切れない感情を

代弁できるのは野田洋次郎さんだけが持つ、

センスであり、この人しかできない表現だと感じます。

「有心論」は恋人との別れを男性側の心情で歌ったものですが、

女性にも多く支持されています。




ミスチルの桜井和寿もカバーしたほど有名な曲でもあります。




特に初期の頃は恋愛を歌った曲が多かったみたいですね。

恋愛が野田洋次郎さんの作風というかライフテーマであり、

最も心を動かされ感性を刺激する事柄なのかもしれませんね。

確かに恋愛は相手と心も身体も密に接しますから、

友人、知人、家族よりも深く繋がりを感じることもあります。

最近は3.11の影響なのか、人の命、人生をテーマにしたような

歌が増えているようです。


野田洋次郎さんは現在、彼女が居る?居ない?




野田洋次郎さんは、1人の彼女と深く長く恋愛をするタイプのようですが、

現在付き合っている彼女はいるのでしょうかね?

みなさんご存知の通り、吉高由里子さんとは破局しました。

それから映画出演に自筆『ラリルレ論』の出版と多忙ではあったと思いますが、

彼は仕事よりも恋愛(彼女)を優先する一面も持っているくらいですから、

愛する対象は必要不可欠なはずです。作曲にも結び付いてきますでしょうし。


ファンによると、野田洋次郎さんが今彼女が居るか居ないかは2つの判断基準がある様です。


彼女が居ない場合は、

1、恋愛ものの歌詞が無くなって、英語の曲が増える

2、指輪をしていない


ということみたいです。


彼はカリフォルニアに小学校4年生まで住んでいて、

普通に英語を話せるので英語の曲が増えたからと言って

恋をしていないとはならないかもしれないですが、

彼女に対する気持ちを表現するのは

日本語を使うことが多いみたいなんですよね。

彼女に歌った曲のタイトルもほとんど日本語でしたし。


あれほど結婚が噂されていて、

長く付き合っていた吉高由里子さんと

別れてしまったのは意外でしたが、

野田洋次郎さんの方から振ったということは、

恋愛に疲れてしまったのかもしれませんね。


野田洋次郎本人の日記を収録した『ラリルレ論』には、

吉高由里子さんに関係あると思われる記述があります。


今日はとことんダメ。気持ちがだめ だめだめ あの人に言われた。

「わたしと別れたら誰とも結婚できないよ」 最初はふざけんなと思った。

でもそのうち本気でそう思った。

もう歌を歌いすぎた。歌は消耗する。摩耗する。

最後は終わった。もう賞味期限切れだ。

メンバーと、メンバーの家族のために俺は生きる。


と言ってるんですよね。

「最後は終わった。もう賞味期限切れだ」は喧嘩別れ、

そして彼女への気持ちはもう失ってしまったことを

示唆しているのでしょうかね。


とりあえず女優はもううんざり!

と思ってるかもしれませんね・・・w


女優はチヤホヤされてきてるので、

やっぱりワガママな感じがしますね~w


特に吉高由里子さんは、

もろそんな感じが顔から出てますねw


吉高由里子さんは、辰年ですし、

気が強そうな人に見えますから。


僕はこんなこと言う女性は、

絶対無理ですね~。 (笑)


何様だよ、と思ってしまいますし、

意地でも結婚してやろうと思ってしまいますw



繊細な野田洋次郎さんには合わなかった、

ということなのでしょうね。


吉高由里子さんは、

その後すぐに関ジャニエイトの大倉忠義さんと

の報道が成されています。


乗り換えがすごく早い印象で、

正直なんか嫌な感じですね。。。




野田洋次郎さんの次のお相手は、

また一般人の彼女になるんでしょうか。



今度は穏やかで、良い恋愛をして、

さらに素敵な楽曲を世に送りだしてくれることを

期待したいと思います。


気の強い女性にハマらずにw

繊細な野田洋次郎さんを、

穏やかに支えてくれる様な人が

野田洋次郎さんには、

合っているのではないのかな~、

と感じてしまいましたね。



以上、 野田洋次郎はマキさんとの別れを乗り越えられたのかを検証してみた。

のレビュー記事でした。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。




sena.








スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。