防災の日はいつなの?! 防災・・・意識してますか? 防災グッズ、防災セット、調べてみました。

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

こんにちは、9月に入りましたね。


9月1日からの1週間と言えば、防災週間です。



防災の日

防災の日(ぼうさいのひ)は、日本の記念日である。「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」こととし、毎年9月1日を中心として「防災思想の普及、功労者の表彰、防災訓練等これにふさわしい行事」が実施される[1]。また、「防災の日」を含む1週間を防災週間として、様々な国民運動が行われる。

概要
東雲の乗り場の防災の日のポスター(2015年9月)

「防災の日」は、1960年(昭和35年)に、内閣の閣議了解により制定された。9月1日の日付は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものである。また、例年8月31日 – 9月1日付近は、台風の襲来が多いとされる二百十日にあたり、「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められている。制定前年の1959年(昭和34年)9月下旬には、9月26日に上陸した伊勢湾台風が史上まれにみる被害をもたらした(26日は他に室戸台風による被害があった日でもある)。

一方では、台風シーズンに制定されたことにより、台風や前線による大雨によって防災訓練が中止になる事例も発生している。「防災の日」が制定されるまでは、9月1日に行われる行事は、関東大震災犠牲者の慰霊祭が中心であった。しかし、「防災の日」が制定されてからは、全国各地で防災訓練が行われる日となっている。


出典元:Wikipedia


防災の日



Wikipediaによると、9月1日が防災の日として制定されている様ですね。

現在、防災週間真っ只中ですが、読者のあなたは防災のこと、意識してますか?

防災について、認識を深めよう。



防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。
災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、
被災からの復旧まで含める場合もある。

災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。

類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。

自助・共助・公助



災害時の対応は主体の違いにより、自ら対応する「自助」、ご近所などの共同体で助け合う「共助」、
消防や自治体に助けてもらう「公助」の3つに区分することができる。

阪神・淡路大震災では家屋などの下敷きとなった16万4千人のうち、

12万9千人(8割)が自力で脱出、
2万7千人(16%)は近隣住民が救出、
7,900人は警察・消防・自衛隊が救出したが、
近隣住民により救出された人は約8割が生存していたのに対し、
警察等により救出された人の生存率は到着時間がかかった影響で約50%に留まっている。
そのため、「自助」「共助」の重要性は高いんですね。

共助には、ご近所同士のように目に見えて組織化されていないものと、
消防団や水防団、自主防災組織のように組織化されているものとがあります。

近代法が成立した国家では(日本では明治以降)、政府や行政による「公助」の考え方が浸透した。
救急や消防、警察、軍(自衛隊)、あるいは専門機関(日本の災害対策本部、アメリカのFEMA、
ロシアの非常事態省など)の役割が明確化され、それぞれが責任を負っている。
大規模災害においても、政府や行政が復旧・復興の責任を負うのが普通となっている。
一方で、有志による「公助」の考え方も進化してきており、企業やNPOによる援助、ボランティア(災害ボランティア)活動も行われる。

防災の種類とマネジメント



災害管理・緊急事態管理のサイクルにおける4つのフェーズ

災害の防止策は大きく2つに分けられる。

被害抑止
被害が生じないように講じる対策。土地利用の管理、河川の改修、建物の耐震化、災害の予報・警報など。

被害軽減
被害が生じてもそれを少なくし、立ち直りがスムーズになるよう講じる対策。
  災害対応マニュアルや防災計画の作成、防災システムの開発、人材育成、災害の予報・警報など。

一方、災害発生後の対応も大きく2つに分けられる。

応急対応
救助、消火、医療、避難所の運営など。

復旧・復興
住宅や生活の再建、心のケアなど。

これらに加えて、誘因たる外力を知ることも重要である。具体的には、自然災害のメカニズムやそれを抑止する技術の研究、
災害の予測(ハザードアナリシス)、それらの知識の普及(防災教育)などである。

行政や企業などの組織が行う総合的な防災では、知識や技術、資金や利害関係の調整が求められるため、
経営管理(マネジメント)的な視点が必要となる。そのため、この分野において防災はクライシスマネジメント(危機管理)
リスクマネジメントの一部として認識されている。

また、災害のリスクについて理解を深め、その深刻さや受け入れ可能性(深刻さに応じた防災目標)、
信頼できる警報のあり方、避難指示に従ってもらう方策、避難を引き出す方法などについて、
実行しながら改善検討を重ねていくことをリスクコミュニケーションという。
これに対し、災害発生後の被災現場で災害時特有の心理状態にある被災者に配慮しながら情報提供を行う方法について
実行しながら改善検討を重ねていくことをクライシスコミュニケーションという。

応急対応・復旧・復興



地震災害を例に、発生からの経過時間別のクライシスマネジメント(危機管理)の目安を示す。

即時対応(1日以内) – 救助・脱出・応急手当、災害医療、二次災害防止、
  自治体職員の非常招集、被災情報の収集解析と対応、安否情報など。

  改善策として、住民が使える救助道具の備蓄、自治体職員の勤務管理や被災程度を考慮した負担軽減、医療機関での備蓄や情報共有など。
緊急対応(2日目 – 1週間) – 避難所の開設と機能強化、幹線道路の通行確保・交通整理、救援物資の配布、重傷患者の転送など。改善策とし   て、避難所での被災者への情報提供の強化など。
応急対応(2週目 – 1か月) – 仮設住宅の建設・入居、物流管理の継続、復旧の計画と実施、生活支援、ボランティア活動など。改善策として、  地域コミュニティを分断しない仮設住宅入居、インフラ復旧の作業効率を高める全体的な調整、ボランティアの養成など[21]。
復旧対応(2月目 – 6か月) – 心的外傷後ストレス障害(PTSD)のケア、瓦礫の撤去、復興計画作成など。改善策として、心のケアを行うボラン   ティア強化、瓦礫撤去の効率化・円滑化、事前の被害想定による復興計画作成負担の軽減など。
復興対応(7か月目以降) – 災害経験・教訓の継承、災害に強いまちづくり、生活再建など。

  尚、これは「不意打ち」で突然やってくる地震災害を対象として阪神・淡路大震災後に作成されたものであり、ある程度予測でき進行が緩や    かな洪水・高潮といった災害には必ずしも当てはまらない。洪水・高潮では、災害レベルに達する前に警報や避難勧告を出すことができること、  避難所・備蓄倉庫・庁舎などの浸水対策を考える必要があること、二次災害として感染症の危険性が高いことなどが異なる。




スポンサーリンク

応急対応



  災害の応急対応を規定しているのは災害救助法である。避難所、食事・炊き出し、物資の提供、仮設住宅、障害物の除去、遺体の埋葬などを定め  ている。そして、現場の実態に応じた弾力的運用をするために、災害救助法自体は簡素な条文のみで構成され、具体的には所管する厚生労働省の  定める基準(一般基準)や都道府県が状況に応じて厚労省と協議して定める基準(特別基準)に依っていて、通知や事務連絡の形で出されてい   る。例えば、2011年の一般基準では、食料費1人1日1,010円以内、避難所開設期間7日以内、仮設住宅費用1戸当たり2,387,000円以内とされた。し  かし、これでは実情として非常に厳しいため、実際には特別基準に従って、7日を超える避難所運営、避難所の代替としてホテルや旅館の利用、仮  設住宅費用の1戸当たり600万円程度への増額などが行われている[31]。

  ただし、弾力的運用が十分でないために、結果的に問題が生じたり、被災者の不満が募る事例も少なくない。特に、給付に関して、現金支給を求  める声が非常に強いのに対して、国は「災害が発生すると物資が欠乏したり調達困難となるため、金銭がほとんど用をなさない」という理由から  これを認めず現物支給に拘っているという問題がある。また、現金支給に前例がないという誤解もあるが、実は1953年に水害被災者に対して生業  資金として1世帯当たり1万円を支給した実例は存在する。こうした制度の問題を回避する取り組みとして、1993年の雲仙普賢岳噴火では国土庁と  長崎県が長期避難者に対して食事現物支給か現金支給を選択する制度を実施したほか、2000年の有珠山噴火では北海道虻田町が避難者に生活費を  支給する制度を実施した。これらはいずれも災害救助法の枠外で行われている[31]。

防災グッズ



防災に関しての認識をざっと深めたところで、防災に関するグッズで
おもしろいものがありましたら見てみましょう!


最先端の防災グッズ、おもしろ防災グッズを見ていきましょう^^

防災クマさん

見た目、ぬいぐるみのようです。
中に防災グッズが入っています。
防災グッズには見えないですねw



防災ヘルメット タタメット

折りたたんで、本棚にしまっておくことができますよ。
コンパクトに収納できます。


ダイナモLEDランタンラジオ



色んな機能が1つにまとまってます。これは便利。
これ1つでかなり使えます。



水に浮くリュックサック ライフラクトリュック



大きなリュックサックですが、これ、なんと水に浮く仕様となってます。
海や川、大雨など水害が危惧される地域にお住まいの方は、
1つ持っておくと安心できるかもしれませんね。


防災セットはどんなものを入れておいたらいいの?



中に必ず入れるべきマストなものは・・・

懐中電灯
電池
ライター

カンパン、保存食
絆創膏、消毒液

ウェットティッシュ
簡易トイレ

ティッシュ
歯ブラシ、コップ
充電器
靴下
軍手
帽子
下着や服
タオル
お薬手帳
マスク
ガムテープ
折りたたみ式水タンク
携帯枕
簡易イス

と言ったところでしょうかね。
この辺は定番だと思います。


そして変わり種なのが・・・

サランラップ



食器や紙皿の上に引いて食べれば水が出ない時でも洗い物をしなくてすむし、
怪我をした時や防寒具にも使えるそうですよ!

ツナ缶



食べ終わった油と缶で簡単なランプが作れるそうです。

WS000217


キシリトールガム



歯が磨けない時はこれを代用。保存もきくのですごく優秀。


心配性な方は、たくさん入れてしまいそうですね^^;

災害時、家にいないとこれらは持って行けませんが、
あるだけでも安心できますね。

絶対必要なものはバックに。
それ以外はキャリーケースに入れたりすると良いかもしれません。

防災グッズ用意するのが難しい人は
最近だと防災グッズがセットになって販売されているのを知ってビックリしました。
結構売れていて、どこも品薄のようです。

例えばこんなのとか・・・


非常防災セット502 【防災 グッズ 非常 セット 持出袋



防災グッズって何を用意すればいいのかわかんない!という方や、
色々準備するのがめんどくさいという方は、
こういうセットで一括まとめて用意するのもいいかと思います^^




スポンサーリンク



ま、一番良いのは、防災グッズを使用する日が来ないことですね。
今日も何もなく平和であることに感謝。


sena.

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。