タクシー業界の厳しい今後と、廃れ消えていく職業。移り行く世の中で、上手く波乗りしたものが潤う!!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

senaはここまで稼げるようになりましたが、

正直、不安はあります。

サラリーマン時代と比較すると、
収入も増えましたし、自由な時間も大きく得られるようになりました。

サラリーマン時代の自分が、
今の自分の状況を見たら、もう十分だろ・・・

と思うと思います。 (笑

webマーケティングを覚えてしまえば、
今後食いっぱぐれるということも無いとは
思っています。

それでも、日々不安とは向き合っています。

ビクビク怯えているというより、
稼げなくなるというときがもし来たら?

という危機感を常に持つようにしています。

ビジネスに絶対は無いですからね。

もしかしたら予期せぬ不遇の事態に
遭遇することも有り得ますからね。

こういう危機感があるからこそ、もっと新しいことに
果敢に挑戦していこうと思えているんでしょうが。

不安が良い薬になって自分を律していると
言った感じでしょうか。

昨今は急速にインターネット化が進んできて、
その恩恵を受けて、私や多くのインターネット起業家たちが
稼ぐことができています。

それと同時に、
ネット社会への変化はどんどん進んでいってます。

今は、同じ方法で稼げていても、
その方法が通用しなくなる日も早くなってきているかもしれません。

最近ではシステム化が進み、
多くの企業がユーザーの個人情報と言ったビッグデータを持つようになり、
それによりAI(人工知能)もどんどん発達してきています。

今まで人がやっていた業務などを、
AIがどんどんデータを使ってこなせる様になってきていますよね。

身近なところだと、iPhone のsiri ですね。

他には、目前に迫ってきている事例として、
タクシー業界が挙げられます。

0-86


現在、アメリカの自動車産業では
自動運転が2020年に商品化されると言われています。


東京オリンピックが終わった頃から本当に
そういう時代がやってくるのです。


タクシー運転手という職業は、
いの一番に消える職業だということが想像できないでしょうか。

本当に将来の見通しなどが厳しいと思います。


他にも、今後消えて廃れる職業として
幾つか列挙されたものを見たことがある人も居るかもしれませんが。

今後は富裕層と貧困層の二極化が叫ばれており、
勝ち組と負け組による収入格差が広がってくる時代が間もなくやってきます。

これからは起業家だけではなく、
会社員であっても変化に順応していく力が求められてきますよ。

一生安泰なビジネスなど無いですからね。

今まで50年、100年と築き上げられてきた
既存ビジネスも、

インターネットの登場で、
ごっそりと形態が変わっていくことが予想されます。

私も今のままで、
残りのビジネス人生稼ぎ続けていけるか?
と問われると無理でしょうが、

稼いでいけるか?

と問われれば、

はい! と答えてやります。

柔軟に時代の変化に対応していけば良いのです。

短いスパンで変わり続ける時代とともに、
ビジネスの取り組み方も順応させていく必要がありますね。

いくらAI化が進んだと言っても、
やっぱり生身の人間にしかできない能力ってありますからね。

新しいことが始まる隙間で、
必ずビジネスチャンスが生まれてますからね。

時代の波にうまく乗りながら、
ビジネスを進化させていくことが求められます。

時代の潮流に乗りましょう。


カワバンガ ですね!


ws000273


カワバンガ(Cowabunga) とは、1960年代のサーファー文化におけるスラングの一つである。
主な使用例として、サーフィンでうまく波に乗ることができたときに発せられる、「やったぜ!」 などがある。



この言葉が人々の間によく知られるようになったきっかけは、
1980年代後半から1990年代前半にかけて放送されたアニメ番組、
『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の主人公の一人、
ミケランジェロが多用したことである。

出典元:wikipedia




ws000274



カワバンガのゲーム動画がありましたので、貼っておきます。




時代に合ったことをやっていきながら、
上手く波乗りできた人が稼げるのが世の常です。

あなたも上手くカワバンガしてくださいね!w

sena. 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。