情強がひた隠しにしている、アフィリエイトに使える人間心理学10選!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。







こんにちは、senaです。


今日はアフィリエイトに使える

有効な心理学について、

まとめてみます。



アフィリエイトをする際の購入者の購買心理



人間が、これ欲しい!と感じる時には、

購買心理が働いています。


アフィリエイトを成功させるコツとして、

自分のブログやサイトで、

読者の購買心理を煽ることは有効です。





ダメと言われるほどしたくなる



「この箱は絶対に開けないでください」

「絶対にこの情報は人には言えません」

こんな風に言われたらどうですか?

人間は「やるな!」と言われるほど、

禁止された行為に興味が湧き、

ダメだと分かっているものほど、

ついそれをやってしまう傾向があります。

この心理は、カリギュラ効果と言います。

由来は、過激すぎて上映禁止になった事で、

逆に話題になったアメリカの映画「カリギュラ」から来ています。


「絶対に〇〇しないでください」など、

こういうフレーズを付ける販促行為や、

炎上商法などがその類です。


手に入らないものほど欲しくなる



人気商品だから

限定商品だから

この様に、人はなかなか手に入らないものに

魅力を感じてその価値あるものを欲しいと

感じる傾向があります。


これを、スノッブ効果と言います。


残り1つ!
先着10名様
なかなか審査を通過できない

この様な言葉が使われると興味が湧き、
希少価値が高まると、決断までの気持ちが
一気に高まります。


実は同じものでも表現や言い回しの違いで反応が変わる




栄養ドリンクなどでよくある、

タウリン1000mg配合と言われるのと、

タウリン1g配合と言われるのでは、

どちらが効果がありそうですか?


数字が大きいほうが効果がありそうな気がしますが、

これは単位が違うだけで同じ量なんですよね。


単位のち違いで数字の桁が変わると、

内容が全く違うと錯覚を起こさせる心理です。

これを、シャルパンティエ効果と言います。


この心理と似たもので、フレーミング効果

と言うものもあります。


表現の仕方次第で反応が変わる フレーミング効果




同じことを伝えているにも関わらず、

基準や目線、言い回しを変えるだけで

印象がガラリと変わります。


約5割の人が使っている

2人に1人が使っている


どちらに魅力を感じるでしょうか?

これがフレーミング効果です。


同じことをいくつかの切り口で表現し、

購買意欲を煽ることに繋げています。


ランキングを使った心理



Google検索で上位にあがっているサイトは、
Googleが評価したものだから良いページだ!

数多くの人が評価したから価値が高い!と判断し、
誰よりも先に情報を仕入れ、商品を購入したがる心理を
バンドワゴン効果と言います。

話題の!
人気の!
月間ランキング第1位!

こういったフレーズを入れると、
同種の他の物より価値がある様に感じられます。


ここだけの話ですが、

購買心理を煽るには、色も有効です。

アフィリエイトで言うところの文字色や背景ですね。

人間の購買心理を煽る色は、です。

ここだけの話と言うフレーズは、

先述した、スノッブ効果に該当します。


人間の購買心理を煽って、

買うという決断をさせるまでの道のりは、

簡単なことではありません。


ですので、最初はGoogleアドセンスの

広告をクリックしてもらうことを

意識してみると良いですね。


グーグルアドセンスのクリック収益は、

購買心理より、視覚に訴えるのが有効です。


を考えてみるのも一つの手段ではないかと考えます。

人の目につく記事書きを意識してみましょう。


Zの法則が記事書きに使える




Zの法則はブログやサイトにも使えます。

人間の視覚は、左斜め上から右斜め下に流れる傾向にあります。

POPやポスターチラシ類は、

一番重要なポイントを、左斜め上のスタート地点の場所に

大きく書きます。


このZの法則を用いて、

記事書きを意識すると、

グーグルアドセンスのクリック収益に活用出来ます。



第一印象によって、全体像を評価するハロー効果




社会的心理学の代表的な効果で、

人間は人の容姿、服装、年収、学歴、肩書など、

ひとつの特徴によって無意識のうちに、

全体像の評価をしてしまう現象。

これをハロー効果と言います。


これをアフィリエイトのページに置き換えてみると、

ブログの外観、実績、収益で無意識のうちに、

全体像を評価して見てしまっています。


意外と影響を与えている色彩心理学




色は人が思うより私たちの心理や行動に、

大きな影響を与えています。

赤色は 活力 情熱 興奮 といった、

強いエネルギーをもたらす色として好まれます。


特に購買心理を煽る色として、最優秀色です。


不思議と目にとまる色なので、

うまく取り入れれば、売上アップは間違いないです。


やる気になっている時、

元気がほしい時、

自信を取り戻したい時、

エネルギーを補充したい時、

自分をアピールしたい時、


こういう気持ちの人は、

赤色を好きになる人が多いです。


これとは逆に、ネガティブなイメーとして、

攻撃的 怒り があります。


しかしこれも攻めエネルギーの現れですね。


使い方を誤ると、赤色は信号機で言えば止まれ!の

危険を表す色としても使われていますので、

赤 ばかりにしてしまうと、

人は深層心理で危険を感じて止まってしまいます。


逆に安心を表す色は、青です。

空は不思議と人間に安心を与えてくれますよね。

信号機の色としても、安全を示しています。


認知的不協和テクニックで、不快感を抱かせないこと




人間は売り込まれる事で抵抗を感じます。

営業マンに対して強い警戒心を抱くのは、

リアルでもネットでも同じことです。

最初に自分のブログをセールスとして、

見られ過ぎない事が重要です。


心理学を駆使し過ぎているブログですと、

管理人は自分を操ろうとしてるのではないか?

心理学を使って商品を買わせようとしてるのではないか?


と思われてしまうので、

使い過ぎるのも問題です。


読者のために、読者の目線に立って、

役立つ記事を投稿していくことが

アフィリエイトの報酬アップに繋がります。


私がブロガーとしてしっかり稼げる様になるまでの、

成功の道のりを示したリアルな体験談はこちらです。

>>稼げるブロガーに確実になれる方法をお伝えします!1日1記事、たった1つのブログ運営で、あなたの趣味や好きな事が月収20万円を産み出すルレアプラス


参考までに。




sena.



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。