私でも出来たマズローの5段階欲求説の分かりやすい学習方法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。







こんにちは、senaです。


今回は、人間の心理学について

書いてみようと思います。


マズローの5段階欲求説について



あなたは、マズローの5段階欲求説は聞いたことがありますか?

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、

低次の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するという

人間の欲求について分析したものです。






1 生理的欲求

2 安全の欲求

3 所属と愛の欲求

4 承認の欲求

5 自己実現の欲求



このように欲求には階層があると説いているのが、

マズローの5段階欲求説です。


アブラハム・マズロー(1908年4月1日ー1970年6月8日)
というアメリカの心理学者が提唱した説で、
人間の自己実現を研究対象とする、
人間性心理学の最も重要な生みの親とされている人物です。
欲求の5段階説(欲求のピラミッド)を主張したことで知られています。







順番にざっくりと解説していきます。


第1段階の階層は、生理的欲求です。



生きていくために必要な最低限の、
基本的かつ本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)です。

この欲求がある程度充たされると、
次の階層の安全欲求を求めるようになります。


生理的欲求をモチベーションにする具体例としては、

今日、昼ごはんを食べれるかどうか、
今夜、眠るところがあるかどうか・・・

人間が生きていくために最低限必要な衣食住、
つまり、生理現象を満たすために頑張るという欲求です。


第2段階の階層は、安全欲求です。



安全欲求は、危険を回避したい、
安全・安心な暮らしがしたいという欲求です。

雨風をしのぐ家であったり、病気を避けて健康で居たい、
などという欲求です。


安全欲求をモチベーションにする具体例としては、

今食べるものがあるならば、今寝る場所があるならば、
それを安定させたい、継続させたいという想いが生まれるわけです。

これを具体的に表している行動が、就職や終身雇用制度です。
例えばバイトから正社員へのステップアップは、
その安定を求めて頑張るモチベーションに繋がっています。


第3段階の階層は、所属と愛の欲求です。




安全欲求が充たされると、次の階層である
所属と愛の欲求に移ります。
社会的欲求(帰属欲求)という分野に移ります。

集団に属したり、仲間を求めるようになります。
この欲求が満たされない時には、
人は孤独感や社会的不安を感じやすくなります。

ここまでの欲求は、
外的に充たされたいという思いから
沸いてくる欲求と言われています。

所属と愛の欲求をモチベーションにする具体例としては、
バイトが、正社員となり、チームに配属され、
必要とされている喜びから、さらに頑張れる!
というモチベーションですね。


第4段階の階層は、承認の欲求です。



次に芽生える欲求は、第4階層である承認の欲求です。
尊厳欲求(他者から認められたい、尊敬されたい)です。
ここから、外的なものではなく内的な心を充たしたい
という欲求に変わります。

承認の欲求をモチベーションにする具体例としては、
バイトが、正社員となり、チームに配属され、
さらにそこでマネジャーへと昇格する・・・。

尊敬されている喜びから、
さらに頑張れる!というモチベーションですね。

第5段階の階層は、自己実現の欲求です。



尊厳欲求が充されると、
最後に自己実現欲求(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)
が生まれます。


※↓以下は補足です。

第6段階の階層は、自己超越の欲求です。



ちなみに、マズローは晩年5段階の欲求階層の上に、
もう一つの段階があると発表しました。
それは自己超越という段階です。

目的の遂行・達成だけを純粋に求めるという領域で、
何も見返りを求めず、エゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、
何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態だといいます。


結局、マズローの5段階欲求説で何が言いたいの?




このマズローの5段階欲求説で、

どんなことが言えるかと言うと、

人間はやりたいことしか出来ないように

なっているので、

自分のやりたいことを追及したほうが良いです、

ということが言えると思います。



でも、好きなことをしていれば、

お金を稼げるかどうかと言えば、

それは=ではありませんね。


好きなことをしていても、

お金を稼げないという状況の人も居るかと

思います。



では、このマズローの5段階欲求説は、

あまり役に立たない

意味のないものなの?





いえいえ、そんなことはありません。

これは人間の根源的な欲求なので、

ビジネスにも大いに役立てられます。



マズローの5段階欲求説のネットビジネスでの役立て方




マズローの5段階欲求説は、ビジネスでも

大いに役立てることができますよ。


マーケティングをするということは、

いかに人々に刺さるメッセージを届けるか、

ということが重要ですが、

その点に置いて、

誰に、何を、どのように伝えればいいのか、

ということを考える際に、

このマズローの5段階欲求説は、

とても役に立ちます。


例をあげますと、

吉野家やマクドナルトは、飲食業ですから、

生理的欲求の人をターゲットにしていますが、

最近は、業績が芳しくないと言われています。



これは、ライバル増加などもあると思いますが、

飽食の時代で、物が溢れたことにより、

生理的欲求という低次の欲求を満たしたい、

という人間が減ったのが要因と考えられる訳です。



これからの時代は、

高次の欲求を求めている人が増えていますので、

消費者がどんなことを求めているのか、

そこをよく理解できている人が、

ビジネスでも結果が出せると思います。


参考にされてください。






確実に稼ぐならアフィリエイトがおすすめです!




マズローの5段階欲求説など
心理学を使って、初期投資も僅かで、
大きく稼ぐことが出来るのがアフィリエイトです!

アフィリエイトの実践にあたって、
教科書がないと実践ができませんので、
優良な商材を紹介します。


senaが現在も教科書代わりに使っている教材です!

ルレアプラスをこの記事から購入された場合、
senaが人数限定で無料サポートをさせていただきます^^


もしもブログやサイトを使った物販アフィリエイトを
しっかり本気で実践したいと思われたら、ルレアプラスをどうぞ。


1クリック数十円で単価が安いトレンドアフィリではなく、
もっと単価が高くて効率的なASPアフィリエイトを
実践したいと言う方もルレアプラスをどうぞ!


3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス

↑ご購入はこちらクリック。※senaの数量限定特典が付いています。


ネットからの大きな収益を手にして、
自由な生活を一緒に手にしましょう♪


今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!



sena.






スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。