LF8 生命の8つの力に訴えるコピーライティングの威力!!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

これがないと人は死ぬという、

LF8というテクニックを今回はご紹介します。


人間は生まれながらにして、本能という基本的欲求があります。
人間がここまで繁栄してこれたのは、DNAに組み込まれている
この欲求があったからなんですよね。

0-97


文字や文章で人を動かすには、この基本的欲求に訴えることが大事です。

人は感情で行動を起こします。
感情で物を買うんですよね。

この基本的欲求を文章に取り入れることができれば、
あなたのセールスライティングの技術は
劇的に効果を発揮しますよ!

マズローの5段階欲求説というものがありますが、
今回は「生命の8つの力」をご紹介します。


LF8とは、Life Force-8 の略です。


「生命の8つの力」(LF8:Life Force-8)



この8つの強力な欲求は、
セールスの背景にある心理学を教えるコンサルタントである、
ドルー・エリック・ホイットマン氏が「クロージングの心理技術21」」に著したものです。



生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
食べ物、飲み物を味わいたい
恐怖、痛み、危険を免れたい
性的に交わりたい
快適に暮らしたい
他人に優り、世の中に後れを取りたくない
愛する人を気遣い、守りたい
社会的に認められたい



1. 生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい



人は本能として生きたいという欲求があります。
人生を楽しみ、長生きをするために何ができるかという欲求がなければ、
エンターテインメントや医療は発達していません。

2. 食べ物、飲み物を味わいたい



こちらも生命としての生きるための根本的な部分です。
食べ物や飲み物を摂らないと生きていけませんし、
味わいたい欲求がなければ、手の込んだ料理を作ることはありません。

3. 恐怖、痛み、危険を免れたい



この欲求が備わっていなかったら、人類は滅んでしまいます。
吐きそうなほど頭が痛い、だけどもうすぐ発売する漫画の内容が気になる
巨大な隕石が猛スピードでこちらへ向かってくる、そんなことより鏡に映った自分の髪型が気になる

これではすぐに死んでしまいます。
恐怖は身の危険という意味合いよりも、将来の不安といったことを表しています。

4. 性的に交わりたい



この欲求が無ければ、人間は今の時代まで子孫を繁栄させることはありません。
生命としてはなくてはならない欲求であり、性産業が廃れることはないと言われています。
また、恋愛感情の行き着く先はここに収束しますね。

5. 快適に暮らしたい



衣服を纏わず寒い思いをするよりは、暖かい服を着たいですよね。
雨風が凌げる家があった方がいいですよね。
寝心地の良いベッドを求めるのも当然の欲求なのです。

6. 他人に勝ちたい、世の中に後れを取りたくない

この欲求があるからこそ、人は競争社会で努力して
いい学校やいい会社に入ろうとしますね。

人は他人と比べたがります。
他人よりも良い生活でありたいと望みます。

あなたが月収20万円のサラリーマンで、幸せな生活を送っているとしましょう。
でも同僚たちの月収が60万円だと発覚したら、あなたは不安な気持ちになりませんか?

7. 愛する人を気遣い、守りたい



この欲求が本能的に備わっていないと、愛が育つことはないんです。
家族を始めとする愛する人には、幸せでいてほしいですよね。
愛する人に降りかかる痛みや危険は取り除いてあげたいと考えます。
子供が道路に飛び出しても平気な親は普通は存在しません。

8. 社会的に認められたい



認められたいという欲求は、大人であっても子供であっても持っています。
他人に認められないということは、人間にとってすごく苦痛なことなのです。
そのため多くの人は、何かしらのグループに所属することで安心感を得ようとします。

LF8を使ったコピーの書き方



歯磨き粉についてセールスコピーを書くとしたら、
どのように「生命の8つの力」に訴えるのかを記述してみます。

「生命の8つの力」(LF8:Life Force-8)を使って欲求に訴えるコピーを書くには、
次の3つのステップを踏みます。


  商品に関係しうる欲求(できれば複数)を見つけます。
商品を使わないことで起こる問題を炙り出します。
  商品を使うことで欲求を満たすことができるという提案をします。
  


1. 商品に関係しそうな欲求を見つける



歯磨き粉に関係しそうな欲求を探します。

(1)生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
(2)食べ物、飲み物を味わいたい
(3)恐怖、痛み、危険を免れたい
(7)愛する人を気遣い、守りたい

2. 商品を使わないことで起こる問題を提起する



商品に関係しそうな欲求を使って、起こりそうな問題を提起します。

(1)「あなたはいつまで健康であり続けたいと思いますか?」
(2)「健康でいるためには適度な運動と、栄養のある食べ物を口にする必要があります」
(2)「そのためにはまず歯が健康でないと、咀嚼が出来ず胃に負担を掛け、不健康になります。
(2) 「食べ物を美味しく味わうこともできません」
(3)「それどころか、最悪の場合は虫歯が原因で死に至ることも有り得ます」

3. 商品を使うことで欲求を満たすことができる提案をする



商品を使うことで、これらの欲求を満たすことができるという提案をします。

(1)「健康であり続けるためには、歯を守るためにこの歯磨き粉をお使いください」
(2)「歯を守ることで、美味しいものを美味しく食べることができます」
(1)「毎日の楽しい食事が健康的な体をつくります」
(7)「あなたの大切なお子様にも、健康な歯を」

こんな風に、欲求に訴えるアプローチをすることができます。

まとめ



人は感情で行動を起こします。
感情で買い物をします。

感情を動かすためには、人間の基本的欲求を知らなければいけません。
欲求に訴え、欲求を満たすことができる提案ができれば、
感情は動き、購買行動をします。

この「生命の8つの力」(LF8:Life Force-8)は
セールスコピーを書く際の基礎として、覚えておきましょう。

そして、セールスコピーで欲求に訴えるためには、
ベネフィットについて理解しておくことが大切です。

ベネフィット、欲求の訴え方、商品の魅力の伝え方が
わかるようになれば幸いです。


もっと詳しい、テクニック的な集客法についても触れていて、
マーケティング的な視点でメルマガを配信しています。

もしよかったら覗いてみてください。


それでは!









sena.

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。